Foovo Deep

古細菌の力で二酸化炭素をタンパク質に変換|オーストリア企業Arkeon Biotechnologiesが約8.5億円を調達

 

オーストリア、ウィーンを拠点とするArkeon Biotechnologiesは二酸化炭素を食品に変換することで、より持続可能で、栄養価の高い倫理的なフードシステムの構築を目指している。

同社は今月、応募超過となったシードラウンドで650万ユーロ(約8億5000万円)を調達した

古細菌の力で二酸化炭素をタンパク質に変換する

出典:Arkeon Biotechnologies

Arkeonは独自の性質を持つ古代の微生物・古細菌の力で、ガス発酵の技術を食品用途に活用する「世界初」の企業となる。同社独自の技術により、人間の食生活に必要な20種類のアミノ酸すべてを1回の発酵で製造することができる

この技術は農地から完全に独立しており、二酸化炭素を食品成分に直接変換することができる。つまり、資源、土地、動物に依存することなく、フードシステムを根本から変革させる可能性を秘めている。

未開の微生物が秘める可能性

出典:Arkeon Biotechnologies

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

アイキャッチ画像の出典:Arkeon Biotechnologies(左から共同創業者のGuenther Bochmann氏、Gregor Tegl氏、Simon Rittmann氏)

関連記事

 

関連記事

  1. タイ食品大手のCPフーズがイスラエルの培養肉企業フューチャーミー…
  2. チーズ大手のベル、精密発酵企業Standing Ovationと…
  3. 細胞培養でチョコレートを開発するCalifornia Cultu…
  4. シェイクシャックが初のヴィーガン(ビーガン)バーガーをロンドンで…
  5. パーフェクトデイの子会社The Urgent Companyがア…
  6. All G Foodsが約34億円を調達、細胞農業に特化したVC…
  7. Doehlerが代替パーム油を生産する英Clean Food G…
  8. Yコンビネーターが支援する米培養肉企業Orbillion Bio…

おすすめ記事

奇跡の植物肉「ミラクルミート」を開発したDAIZに国内外から引き合いが止まらない理由

動物肉に代わる肉として代替肉に注目が集まっている。代替肉は、畜産による環境負荷を…

培養魚のBlueNalu(ブルーナル)がヨーロッパ進出へ向け冷凍食品大手のノマド・フーズと提携

培養魚を開発する米BlueNalu(ブルーナル)がヨーロッパ進出へ向け動き出した…

ネスレはコルビオンと提携して植物由来食品用の素材を微細藻類から探索

 ネスレは、植物由来食品分野を強化していく一歩としてオランダのコルビオンと提携し、アニマルフ…

AIを活用するチリ企業The Live Green Coが植物性アイスクリームを発売

代替タンパク質に使われる原料は、大豆、えんどう豆、ひよこ豆から、菌糸体など菌類を…

バイオテック企業が培養ペットフードを開発するGood Dog Foodを設立

スコットランドのリーディングバイオテック企業Roslin Technologie…

イート・ジャストがシンガポールにアジア初の生産拠点を建設、培養肉の協業も

植物性代替卵のイート・ジャストがアジア進出拡大に乗り出した。投資機関Pr…

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(01/27 17:00時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/27 20:33時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,100円(01/27 14:14時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(01/27 06:53時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
398円(01/27 16:35時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP