Foovo Deep

培養魚のブルーナル、粗利率75%を達成するための技術開発を発表

 

培養魚を開発する米ブルーナル(BlueNalu)は、大量生産に向けた運用コスト・設備コストを大幅に削減する2つの新しい技術を発表した

ブルーナルが開発した非遺伝子組み換えの単細胞懸濁液と脂肪関連技術により、粗利率75%を達成できる見込みだという。同社は、最初の製品はクロマグロのトロになることも発表した。

スケーラビリティとコスト削減のための画期的技術

出典:BlueNalu

ブルーナルは培養魚生産でスケーラビリティと大幅なコスト削減への道を開く2つの画期的技術を開発した。

1つは高い成長速度を実現した非遺伝子組み換えの単細胞懸濁液で、これによりブルーナルの大型バイオリアクターへのスケールアップが加速する。もう1つはブルーナルがlipid-loading techniqueと呼ぶ脂肪関連技術で、設備投資の大幅な削減につながるものだという。

ブルーナルはさらに、連続生産を可能にし、製品の調理性・スケーラビリティ・風味に影響を及ぼす植物由来足場の使用を不要とするための下流プロセスを設計した。

ブルーナルでCTO(最高技術責任者)を務めるLauran Madden氏は、「当社チームは、クロマグロのトロ商用化の計画と並行して、自社のプラットフォーム技術を使って追加の種の探索を続けてきました。これまでに8種の異なる魚種について数百万の細胞株を開発し、他の高級シーフードカテゴリーに拡大するためのプロジェクトを開始しています」とコメントしている。

2027年、1日最大7,300キログラムを生産できる大型工場始動へ

出典:BlueNalu

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:BlueNalu

 

関連記事

  1. 天然には存在しない「新しい酵素」を開発するEnzymitが約6.…
  2. Haofoodはピーナツを使用した代替チキンで約4.5億円を調達…
  3. 培養肉のコスト削減を目指すProfuse Technologyが…
  4. 培養魚の米Wildtype、培養魚の試食ができる実証プラントの稼…
  5. イスラエルのImagindairyは精密発酵でアニマルフリーな乳…
  6. ビヨンドミートとペプシコがジョイントベンチャーThe PLANe…
  7. 6つの豆タンパク質から代替魚を開発する米Good Catch、カ…
  8. 菌糸体ステーキ肉の開発に挑むスペイン企業Libre Foods

おすすめ記事

フードロス削減に取り組むオランダ企業OneThirdが約1億9000万円を調達

フードロス削減に取り組むオランダ企業OneThirdが150万ユーロ(約1億90…

モサミートはいかにしてFBSを使わずに培養牛肉を生産したのか?研究者が論文を発表

オランダの培養肉スタートアップ企業モサミートは今月13日、ウシ胎児血清(FBS)…

発酵技術で代替シーフードに挑むAqua Cultured Foodsがプレシードで約2億4000万円を調達

微生物発酵でシーフードを開発する米Aqua Cultured Foodsがプレシ…

Shiok Meatsが細胞由来の培養ロブスター試作品を発表、2022年までの商品化を目指す

このニュースのポイント ●シンガポールのShiok Meatsが培養…

ビヨンドミートが欧州での小売展開を拡大

ビヨンドミートが欧州全土での小売展開の拡大を発表した。同社はこの春、欧州…

世界初|MeliBioがミツバチを使わない「本物のハチミツ」を試食会で発表

ミツバチを使わずに代替ハチミツを開発するMeliBioが、世界初となる代替ハチミ…

培養魚レポート・予約販売開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(11/30 20:07時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(12/01 13:43時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(12/01 06:11時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(11/30 16:04時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP