代替プロテイン

培養シーフードのAvantが約14億円を調達、来年パイロット工場を稼働

 

香港の培養シーフード企業Avantが先月、シリーズAラウンドで1080万ドル(約14億円)を調達した。2020年4月のシードラウンドに続く資金調達で、同社の調達総額は1390万ドル(約18億円)となった。

今回のラウンドはS2G Venturesが主導し、SWEN Capital PartnersRegal HotelsThia Venturesの新たな参加者に加え、Lever VCCPT CapitalParticleXArtesianGood Startupなどが参加した。

香港発の培養シーフード企業Avant

出典:Avant

Avantは細胞培養により、「美味しく、栄養価が高く、持続可能で、追跡可能な魚やシーフードを生産」するためのソリューションの提供を目指している。

2018年設立の同社はこれまでに、培養魚の切り身や魚肚(魚の浮き袋)など複数の試作品を発表してきた。化粧品業界にも参入しているほか、昨年には培養魚の生産コストを下げるソリューションを共同開発するため、シンガポール科学技術研究所(A*STAR)の研究機関、Bioprocessing Technology Institute(BTI)とバイオポリスに新しい共同研究所を設立することを発表している

出典:Avant

2018年のデータでは、世界の水産資源の約90%が乱獲され、枯渇している。FAOによると、2019年には持続可能な漁獲量が全体に占める割合は64.6%と、2017年より1.2%減少した。すべての漁業が持続可能であることを保証するために効果的かつ緊急の行動を要する、とFAOは指摘している

公式サイトによると、Avantはレストランなど外食産業、消費者向けに培養肉製品「avie」を展開する予定のようだ。現在、公式サイトにはB2B、B2C向けの商品イメージが掲載されており、問い合わせ可能になっている。

2023年にパイロット工場稼働へ

出典:Avant

培養肉業界が直面する2つの主要課題は、コスト削減とスケールアップだ。

Avantは、多面的なアプローチと特許出願中の方法により、アニマルフリーな培地コストを90%以上削減することに成功している。現在シンガポールに建設中で2023年に稼働予定のパイロット工場には、最大2000Lのバイオリアクターが設置される予定だという。

Avantの共同創業者兼CEOのCarrie Chan氏は「商用化に向けて生産をスケールアップし、2023年後半までに私たちの製品をお客様に届けるのを楽しみにしています」と述べ、今回の調達資金でスケールアップ、商用化を加速させていく考えだ。

世界のテクノロジーパイオニア100社に選出

出典:Avant

Avantは現在、シンガポールと中華圏に拠点を置いており、中華圏で最初に設立された培養シーフード企業となる。

2021年には世界経済フォーラムから、世界の有望なテクノロジーパイオニア企業100社に選ばれた。このリストには、過去にTwitter、Googleなどが選出されている。AIやIoT、ロボット工学、ブロックチェーン、バイオテクノロジーなど様々な企業が選出されており、Avantが社会の切迫した課題に対処できる企業だと認められたことになる。

 

参考記事

Avant Announces more than US$10.8 Million Investment led by S2G Ventures to commercialize cell cultivated fish and marine protein

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Avant

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. 代替卵のイート・ジャストがアフリカ市場へ進出
  2. 米コストコがビヨンドミートボールの取り扱いを一部店舗で開始
  3. 代替肉のビヨンド・ミートがマクドナルド、ヤム・ブランズとの提携を…
  4. アニマルフリーなチーズを作るChange Foodsが約2.3憶…
  5. 微生物・空気・電気からタンパク質を生産するソーラーフーズ、年内に…
  6. 世界初!シンガポールOsomeFoodが開発したマイコプロテイン…
  7. 植物性3Dプリント肉を開発するRedefine Meatが約15…
  8. ドバイが次のフードテックハブになる?UAEがドバイにフードテック…

おすすめ記事

誰もが食べられるグルテンを開発するUkko、食品アレルギーにパラダイムシフトを起こす

Beyond Celiacによると、1800万人のアメリカ人がグルテンアレルギー…

代替エビを開発するNew Wave Foodsが約18億円を調達、3月末までに飲食店で提供予定

植物ベースの代替魚開発に取り組むNew Wave Foodsが、シリーズAラウン…

培養魚の米Wildtype、培養魚の試食ができる実証プラントの稼働をまもなく開始

細胞培養により培養サーモンを開発するWildtypeが、実証プラントの稼働をまも…

エリンギ由来のジャーキーを作るハワイ発のMoku Foods

ハワイを拠点とするスタートアップ企業Moku Foodsは植物性ジャーキーを発売…

菌糸体由来肉の米Meati Foodsが約199億円を調達、今年後半に大型工場から出荷を開始

菌糸体由来の代替肉を開発する米Meati Foodsは今月、シリーズCラウンドで…

代替シーフードのAqua Cultured Foods、スイスの小売大手ミグロスとPoC契約を締結

代替シーフード企業Aqua Cultured Foodsは16日、スイスの小売大…

精密発酵レポート販売のお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(08/17 19:04時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
2,090円(08/18 12:39時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(08/18 00:34時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(08/17 15:04時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP