Foovo Deep

植物肉企業Plantedが約100億円を調達、植物由来の鶏胸肉を発売

 

植物由来の代替肉を製造販売するスイス企業Plantedは1日、シリーズBラウンドで7000万スイスフラン(約100億円)を調達した。アメリカのプライベート・エクイティ・ファンドL Cattertonがラウンドを主導した。

Plantedは調達した資金で新しい厚切り肉製品を発売し、生産能力・海外進出を拡大し、新しい生産施設を建設する。同社は資金調達とあわせ、今月にも代替鶏胸肉をドイツのレストランで発売することを発表した。

植物肉企業Plantedが約100億円を調達

新製品の代替鶏胸肉 出典:Planted

Plantedはこれまでの押出しプロセスに加え、タンパク質の構造化とバイオテクノロジーをかけあわせた独自のBiostructuring技術により、複雑な構造、食感、ジューシーさ、柔軟性を備えた厚切り肉の開発が可能になったとしている。

Planted共同創業者のChristoph Jenny氏は、「私たちは現在、鶏ささみ肉、パティ、鶏胸肉などホールカット製品を発売する最終段階にあります。これらは、添加物を使用していない最初に市販される厚切り肉であり、最初に外食産業で入手可能になります」とコメントしている。

資金調達の発表に続き2日、Plantedは代替鶏胸肉を正式に発表した。この製品について同社は、「構造、味の点で動物由来の鶏胸肉に劣らず、全く同じように加工できる、添加物を使用しない初の植物性厚切り肉」だと表現している

出典:Planted

水、黄えんどう豆のタンパク質と繊維、菜種油、塩、酵母のみを使用して製造されたPlantedの鶏胸肉は、ベルリンのレストラン「TIM RAUE」で今月15日に発売される。これは、有名シェフTim Raue氏とのコラボで発売され、レストランメニューに追加される。今後、さらなるローンチを予定しているという。

同社は味、持続可能性、健康、効率性、価格の点で、Biostructuring技術によって開発された代替肉が将来、動物肉を上回ると確信している。

Plantedはこれまでに「planted.™chicken」、「planted.™pulled」、「planted.™kebab」、「planted.™schnitzel」の4製品を販売していたが、今後は厚切り肉も展開していく。

欧州6カ国に進出、来年には市場を拡大

出典:Planted

今回の発表は昨年3月に行われた約19億円の資金調達に続くものとなる。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Planted

 

関連記事

  1. イスラエルの培養肉企業Steakholder Foods、バイオ…
  2. Steakholder Foodsが3Dプリンティングによる培養…
  3. 米Oobliが精密発酵による甘味タンパク質でGRAS認証を取得
  4. タイソンの植物肉ブランドRaised & Rooted…
  5. オーストラリアの代替肉企業v2foodが微細藻類由来のヘム様成分…
  6. ビヨンドミートが中国で豚ひき肉Beyond Porkを期間限定で…
  7. Perfat Technologiesによる「次世代オレオゲル」…
  8. 植物ステーキ肉のChunk Foodsが約20億円のシード資金を…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

GOOD Meat、シンガポールでアジア最大の培養肉工場を着工

イート・ジャストの培養肉部門GOOD Meatは10日、シンガポールでアジア最大…

オランダ、培養肉の承認前試食の実施を認める 年内に試食会実施へ

オランダ政府は今月5日、限られた条件下において、培養肉・培養シーフードの試食がま…

中国企業HaoFoodのピーナッツを原料とする代替肉が上海レストランで販売開始

上海を拠点とする代替鶏肉スタートアップHaoFoodが上海のレストランと代替肉の…

細胞培養によるカキを開発するアメリカ企業Pearlita Foodsとは

細胞を培養して動物肉、魚肉を開発する企業が近年、増加している。培養肉の開発が進む…

食べられるコーヒーカップを開発したCupffeeが約2.6億円を調達

コーヒーとともに食べられるカップを開発したブルガリア企業Cupffeeは、プレシ…

フルーツジュースの砂糖を減らすイスラエルのBetter Juiceが約8.8億円を調達

天然ジュースの砂糖を減らす技術を開発するイスラエル企業Better Juiceが…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/18 12:26時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/17 21:43時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/18 01:20時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/17 18:18時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/18 11:01時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/17 21:15時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP