Foovo Deep

二酸化炭素からタンパク質を作る英ディープ・ブランチ、アイスランド国営電力会社と提携

 

二酸化炭素を原料に持続可能で高品質な食品・飼料用タンパク質を開発するイギリス企業ディープ・ブランチ(Deep Branch)は、アイスランドの国営電力会社Landsvirkjunと基本合意書(MOU)を締結した。

提携では、ディープ・ブランチの最初の商用生産施設をアイスランドに建設する可能性について検証する。

この工場は、二酸化炭素と水素から作られたディープ・ブランチの単細胞タンパク質Protonの生産を拡大するための実証実験に使用され、2027年の稼働を予定している。

ディープ・ブランチ、アイスランドに工場建設を検討

Proton 出典:Deep Branch

以前、ディープ・ブランチは最初の商用生産施設の候補地としてノルウェーを検討しているとしていたが、今回の発表によりアイスランドを有力候補地として検討していることが明らかになった。

オランダでのパイロット工場建設に続き、ディープ・ブランチは現在、今後5年以内に建設する商用生産施設の候補地を検討している。

候補地の選定では、飼料生産者や水産業者など下流市場におけるプレーヤーに近いかどうかに加え、同社の連続発酵プロセスに必要なエネルギー源である水素を入手できるかが、重要な検討材料となる。

二社の提携では、ライフサイクルアセスメント(LCA)と技術経済性分析(TEA)を実施し、これらの結果は年末までに提供される。LCA、TEAの結果も候補地の選定に寄与する要因となる。

脱炭素化を進めるアイスランド

左はディーブ・ブランチCEOのPete Rowe氏 出典:Deep Branch

アイスランドはエネルギーシステムの85%の脱炭素化をすでに実現しており、豊富な再生可能資源を利用して、最初の完全なグリーン水素経済を実現する可能性を秘めている。

Landsvirkjunは水力、地熱、風力の再生可能エネルギーのみで発電するアイスランド最大の国営電力会社であり、水力発電所を15箇所、地熱発電所を3箇所、風力発電所を2箇所運営している。

Landsvirkjunは水素を利用する産業や潜在的な投資家と協力して、アイスランド経済の脱炭素化とエコ産業化された経済の発展で主導的役割を果たすことを目指している。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Deep Branch

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. バイオテック企業が培養ペットフードを開発するGood Dog F…
  2. AIを活用するチリ企業The Live Green Coが植物性…
  3. 精密発酵でアニマルフリーなチーズを開発する独Formoが約55億…
  4. 3Dプリント肉のSavorEatがアメリカの大学への試験導入でソ…
  5. イスラエルのYO-Eggが黄身と白身に分かれた代替卵を開発
  6. 培養肉企業メンフィス・ミーツが社名をUPSIDE Foodsに変…
  7. 中国代替肉企業Hey MaetがプレシリーズAで数百万ドルを資金…
  8. モサミートはいかにしてFBSを使わずに培養牛肉を生産したのか?研…

おすすめ記事

キッチンカーで植物肉を広めたい|学生団体Planmeetがクラウドファインディングをスタート

植物肉という食の選択肢を広げるために、早稲田大学などの学生による学生団体Plan…

カンガルーの培養肉を開発するオーストラリア企業Vow、食の変革に挑む

培養肉といえば、牛、豚、鶏、魚を思い浮かべることが多いが、オーストラリアのフード…

Nature’s Fyndの微生物発酵によるタンパク質「Fy」が米国FDAよりGRAS認証を取得

微生物発酵により代替タンパク質を開発するNature’s Fyndが、米国の食品…

AIを活用するチリ企業The Live Green Coが植物性アイスクリームを発売

代替タンパク質に使われる原料は、大豆、えんどう豆、ひよこ豆から、菌糸体など菌類を…

Picnicがピザ組み立てロボットの予約注文受付をスタート

ピザ組み立てロボットを開発するPicnicが、予約注文の受付を開始したことを発表…

Haofoodはピーナツを使用した代替チキンで約4.5億円を調達

上海のHaofoodはピーナツタンパクを用いたビーガンチキンで、350万ドル(約…

精密発酵レポート販売のお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/06 18:34時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/06 12:15時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(07/06 23:47時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/06 14:36時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP