Foovo Deep

米IngredientWerksがトウモロコシでウシのミオグロビン生産に成功

 

アメリカの分子農業スタートアップIngredientWerksは7月、ウシのミオグロビンを高発現するトウモロコシを生産したことを発表した。

プレスリリースによると、IngredientWerksはトウモロコシを活用することで、カーボンニュートラルな方法でヘムを工業規模で生産できるとしている。

ミオグロビンは牛の筋肉に含まれるヘムタンパク質であり、植物肉に肉特有の風味をもたらす不可欠な成分として使用されている。

アメリカのインポッシブルフーズも、自社の植物肉を本物に近づけるために動物由来のヘムに似た大豆レグヘモグロビンを開発し、自社の製品に使用している。インポッシブルフーズは遺伝子組み換え微生物を活用する精密発酵技術を使用しているのに対し、IngredientWerksは植物をヘムの生産工場として活用する分子農業技術を使用している。

トウモロコシでウシのミオグロビンを生産

IngredientWerksが開発した「Meaty Corn」 出典:IngredientWerks

IngredientWerksは今年、トウモロコシ1グラムあたり10mgを「はるかに超える」ミオグロビンを発現するトウモロコシを生産した。これは初期目標を上回る成果だったようだ。

この発現レベルについて同社は、「前例のない低コストのヘム生産」を可能にするものだと述べている。また、トウモロコシを使った分子農業によりウシのミオグロビン発現に成功した事例はこれが初だという。

AgFunderの報道によると、IngredientWerksのアプローチは、設備投資と運用コストが低く、既存のインフラを利用できるため、精密発酵の数分の1のコストで拡張できるという。

既存技術より低コストが見込める生産アプローチにより、IngredientWerksは世界で10億ドルの市場機会があると見込むヘム市場へ進出しようとしている。

トウモロコシを使う利点

出典:IngredientWerks

IngredientWerksは、Novus Internationalの子会社Agrividaからスピンオフされ、2022年に設立された。同社は15 年以上にわたる植物の形質転換、組換えタンパク質の培養などの知見を活用して、カスタマイズされた高価値のタンパク質原料を開発している。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:IngredientWerks

 

関連記事

  1. 香港培養肉スタートアップのAvant Meatsが培養魚の切り身…
  2. 2020年の代替タンパク質投資額は31億ドルとGFIが報告、過去…
  3. 動物を使わないチーズを作るChange Foodsが約9100万…
  4. マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始のお知らせ…
  5. キッチンカーで植物肉を広めたい|学生団体Planmeetがクラウ…
  6. 【世界初】米The Every Companyがアニマルフリーな…
  7. 植物ステーキ肉のChunk Foodsが約20億円のシード資金を…
  8. 菌類由来の熱安定性に優れたビーガン着色料を開発するMichrom…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

細胞培養によるカキを開発するアメリカ企業Pearlita Foodsとは

細胞を培養して動物肉、魚肉を開発する企業が近年、増加している。培養肉の開発が進む…

EUが精密発酵・藻類由来食品を開発する企業に約78億円の資金提供を発表

欧州連合(EU)は今月、欧州イノベーション会議(EIC)の「Work Progr…

インド発!ドーサ、ロティ、ビリヤニを作るMukunda Foodsの自動調理ロボット

日本でも人気の高いインド料理。このインド料理を自宅で手間をかけずに作れる…

GOOD MeatとADMが戦略的パートナーシップを締結、培養肉生産を加速

世界で最初に培養肉販売を実現したイート・ジャスト傘下のGOOD Meatは17日…

青果物の鮮度保持期間を延ばすHazel Technologiesが約76億円を調達

アメリカ農務省(USDA)によると、アメリカでは供給される食料の30-40%が廃…

韓国が培養肉特区を創設、商用化の鍵となる細胞供給で特例を設ける

韓国政府は、培養肉など細胞性食品の開発を目的とした特区を創設した。この特区の正式…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(06/19 12:45時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(06/19 22:10時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(06/20 01:48時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(06/19 18:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(06/19 11:14時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(06/19 21:33時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP