Foovo Deep

杏子の種から植物ミルクを開発するKern Tecが約19億円を調達、廃棄される核果の種をアップサイクル

 

杏子、プラム、チェリーなどの核果の種を活用して、代替ミルク、スプレッドなどを開発するオーストリア企業Kern Tecは今月、シリーズAラウンドで1200万ユーロ(約18億9500万円)を調達した

Kern Tecは欧州では食品廃棄物となる核果の種を、植物性の乳製品、スプレッド、油に使用できるB2B成分に変換している。Kern Tecはこのアプローチにより、「循環経済を直接テーブルにもたらすことで食品業界に革命を起こせる」と考えている

廃棄される果実の種からB2B成分を開発するKern Tec

杏子 イメージ画像

Kern Tecによると、欧州のジュース業界では核果の種は食品廃棄物とされ、毎年50トンの核果の種が未使用のまま廃棄されている

Kern Tecはこれらの未利用資源には大きな可能性があると考えた。同社は厳選した果物加工業者から原材料を入手し、丁寧に洗浄、乾燥を施した後、殻と種を分離し、B2B成分に加工している。

公式サイトによると、Kern Tecがターゲットとする製品は、ミルク、スプレッド、食用オイル、化粧品オイル、化粧品/医薬品用粉末など多岐にわたる。しかし、Green Queenの報道によると、脂肪とタンパク質を含む種を使用することで、乳製品用に「すぐに使用できる成分を提供できる」強みから、当面は代替乳製品に注力する予定だという。

オーストリア全土のスーパーで販売

出典:Kern Tec/Wunderkern

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Kern Tec

 

関連記事

  1. 牛を使わずに乳タンパク質を開発するイスラエルのRemilkが約1…
  2. 培養シーフードを開発するShiok Meatsが資金調達、シンガ…
  3. 中国の植物肉ブランドHey Maetが資金調達に成功、中国全土へ…
  4. 精密発酵で代替パーム油を開発するC16 Biosciencesが…
  5. ビヨンドミートが代替鶏肉ビヨンドチキンテンダーを北米で発売
  6. イスラエルのChickPがひよこ豆由来のビーガンマヨネーズを開発…
  7. iPS細胞で培養肉を開発するオランダ企業Meatableがシリー…
  8. GOOD Meatが培養肉生産に無血清培地を使用する認可をシンガ…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

SavorEatがパーソナライズ化された3Dプリント植物肉バーガーを発表

イスラエルのSavorEatは28日、3Dプリンターを搭載したロボットシェフのプ…

酵母由来の代替パーム油で2023年上市を目指す英Clean Food Group

イギリスを拠点とするClean Food Groupは、パーム油に代わる酵母由来…

Mycorenaが菌類由来の代替脂肪「Mycolein」の発売を発表

スウェーデン企業Mycorenaが菌類由来の代替脂肪「Mycolein(マイコレ…

培養肉のコスト削減を目指すProfuse Technologyが約3.5億円を調達

培養肉の生産コストを削減するソリューションを開発するイスラエルのProfuse …

スターバックスがパーフェクトデイの代替ミルクを試験導入

スターバックスが、アニマルフリーな乳製品を開発するパーフェクトデイの代替ミルクを…

パーフェクトデイの精密発酵由来の乳タンパク質を使った牛乳が今夏、ついに市販化

今夏、精密発酵で作られたアニマルフリーな牛乳がアメリカで発売される。世界…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/23 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/22 21:46時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/23 01:24時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/23 18:21時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/23 11:04時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/22 21:18時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP