Foovo Deep

GFIが「植物分子農業」を代替タンパク質の第4の柱として注目

 

代替タンパク質の普及を促進する非営利団体Good Food Institute(GFI)は、植物分子農業Plant molecular farming)に関する新たなレポートを発表した

GFIはこれまでプラントベース、細胞培養、微生物発酵を代替タンパク質の3つの柱としてきたが、次の注目分野として、植物分子農業が代替タンパク質の第4の柱になると見ている。

代替タンパク質の第4の柱「植物分子農業」

出典:Nobell Foods

植物を「ミニ工場」として活用し、太陽エネルギーの力で卵、乳製品などの動物タンパク質を植物に作らせる方法を植物分子農業という。

植物分子農業では、精密発酵で使用されるバイオリアクターの代わりに、植物を「リアクター」として活用する。光合成と農業技術を使用することで、植物の中で代替タンパク質の生産が可能となる。

これまでにワクチンなどの医薬品から、生分解性プラスチック、近年ではタンパク質の開発へと研究対象が拡大している。

世界には17社の植物分子農業企業が登場

植物分子農業により代替タンパク質を開発する企業は世界で17社確認されている

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:BioBetter

 

関連記事

  1. Betterland foodsがパーフェクトデイのアニマルフリ…
  2. Remilkがデンマークに世界最大の精密発酵工場建設を発表
  3. イート・ジャストの培養肉部門GOOD Meatが約110億円を調…
  4. 味の素がイスラエルの培養肉企業スーパーミートに出資、培養肉の商用…
  5. MycorenaとRevo Foodsが3Dプリント用マイコプロ…
  6. 精密発酵スタートアップが欧州の「不透明な」規制枠組みの改善に向け…
  7. 【世界初】TurtleTreeが精密発酵ウシラクトフェリンでGR…
  8. トマトで代替マグロを開発するスペイン企業Mimic Seafoo…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

微生物発酵で赤色着色料を開発するChromologicsが約8億円を調達

微生物発酵により着色料を開発するChromologicsが、シードラウンドを60…

ドイツのThe Cultivated B、EFSAに向けた培養ソーセージの承認申請手続きを開始

ドイツの培養肉企業The Cultivated Bは14日、欧州食品安全機関(E…

米国IPOを目指すMeat-Techが3Dプリンターで10mmの牛脂肪構造の作製に成功

このニュースのポイント Meat-Tech 3…

酵母クリームのCultivated Biosciences、2025年の米国進出に向けて約7.3億円を調達

代替乳製品の食感を改善するために酵母由来の脂肪成分を開発するスイス企業Culti…

培養フォアグラを開発する仏Gourmeyが約11億円のシード資金を調達、仏政府も支援

培養フォアグラを開発するフランス企業Gourmeyが1000万ドル(約11億円)…

精密発酵スタートアップ9社が精密発酵組合を設立

精密発酵企業9社が今月、精密発酵組合(Precision Fermentatio…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/14 12:07時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/14 21:25時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/15 00:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/14 17:58時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/14 10:45時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/14 20:57時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP