Foovo Deep

Motif FoodWorks、分子農業でヘムを開発するためパートナーシップを拡大

 

アメリカ、ボストンを拠点とするフードテック企業Motif FoodWorksは、分子農業により植物でヘムタンパク質を生成するため、分子農業スタートアップの米IngredientWerksと提携したことを発表した。

Novus Internationalの子会社AgrividaによるスピンオフベンチャーであるIngredientWerksは、2022年設立の新しい企業だが、15年間にわたる植物形質転換、組換えタンパク質培養などの技術を活用し、代替タンパク質用にカスタマイズされた高価値なタンパク質を開発している。

「精密発酵を活用する企業数が生産能力を上回っている」

出典:Motif FoodWorks

Motif FoodWorksが最初に市販した「HEMAMI」は、動物肉に匹敵する風味、香りを植物肉にもたらす成分となる。同社は精密発酵技術により、牛肉に存在するミオグロビンと生物学的に同一な「HEMAMI」を開発した。

精密発酵は代替タンパク質業界にとって今後も「原動力」となるものだが、「精密発酵を活用する企業数が生産能力を上回っている」とMotif FoodWorksは指摘している。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Motif FoodWorks

 

関連記事

  1. 食品廃棄物を活用してマイコプロテイン由来の代替肉を開発するMyc…
  2. Novameatがスペイン政府から約3100万円を調達、世界トッ…
  3. パーフェクトデイが約390億円を調達、今秋にアニマルフリーなクリ…
  4. ジャガイモで卵白タンパク質を開発するPoLoPoが約2.3億円を…
  5. イート・ジャストがカタールへの培養肉工場の建設でQatar Fr…
  6. 機能性成分としての培養タンパク質粉末を開発する韓国のSimple…
  7. 菌糸体肉の米Meati Foodsが約155億円を調達、6000…
  8. 『ミート・ザ・フューチャー~培養肉で変わる未来の食卓~』が6月9…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

DAIZが植物性代替卵「ミラクルエッグ」の開発に成功、ハイブリッド食品で畜産業との共存を目指す

熊本発のスタートアップ企業DAIZが代替卵市場に参入する。DAIZは今月8日、植…

培養サーモンの米WildTypeが培養シーフード業界史上最大の約114億円を調達

細胞培養による培養サーモンを開発するアメリカ企業WildType(ワイルドタイプ…

植物性チキンナゲットのNowadaysが事業を停止

植物性チキンナゲットを製造販売する米Nowadaysが事業を停止したことが明らか…

培養肉企業アレフ・ファームズ、培養コラーゲン事業への参入を発表

※写真はアレフ・ファームズが2024年の上市を目指す培養コラーゲンのプロトタイプ…

微生物発酵CDMOのスイス企業Planetaryがコニカミノルタと提携、発酵タンパク質の生産性向上・コスト削減を目指す

スイスに拠点を置くバイオマス発酵・精密発酵のCDMO企業Planetaryは今月…

牛を使わずにモッツアレラチーズを開発する米New Cultureが約28億円を調達

アニマルフリーなモッツアレラチーズを開発する米New CultureはシリーズA…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/23 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/23 21:46時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/23 01:24時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/23 18:21時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/23 11:04時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/23 21:18時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP