代替プロテイン

動物を使わずに「牛乳」を開発するイスラエルRemilkが約11億円を調達

 

このニュースのポイント

 

●イスラエルRemilkが約11億円を資金調達

動物を使わず本物そっくりの牛乳を開発

パーフェクトデイと同じ微生物発酵技術を活用

微生物発酵は代替タンパク質の第3の柱とされ、投資熱が高い

 

 

イスラエルを拠点とするRemilkがシリーズAラウンドで1130万ドル(約11億円)を資金調達した。

Remilkは今回の資金で、微生物発酵により開発した本物そっくりな代替ミルクの市場投入を進める予定。

今回のラウンドはイスラエルのベンチャーファンドfresh.fundが主導したほか、CPT CapitalourCrowdProVegHochlandTnuva(ツヌバ)Tempoなどが参加した。

微生物を利用して作られるアニマルフリーな代替ミルク

出典:Remilk

Remilkは微生物発酵技術を使うことで、一匹の動物も使うことなく、牛乳と同じミルクを作り出すことに成功している。

簡単にいうと、牛乳と同じタンパク質を作るよう「命令」した微生物に、乳タンパク質を作らせている

代替ミルクと言われるものには、大豆、オート麦、アーモンドなどを原材料とする植物ベースのものがあるが、Remilkの代替ミルクは分子的に本物の牛乳とそっくりであるのが特徴だ。

つまり、味、口当たり、栄養の点で一切の妥協がない。

このように、Remilkの代替ミルクは、動物を使うことなく本物の牛乳と同じで、製造プロセスも安全なものだが、もう1つメリットがある。

微生物発酵がもたらす圧倒的な持続可能性

微生物発酵で作られた乳製品は、畜産業と比べ、必要となる土地、原材料、水がはるかに少ない

Remilkの代替ミルクについていえば、畜産と比べ、必要となる土地はわずか1%、原材料は4%、水は10%とされる。牛から牛乳を生産するのに2,3年かかるのに比べて、時短で生産できるのもメリットとされる。

さらに栄養面・安全面では本物の牛乳より優れている。

コレステロール・乳糖を含まず、畜産で過剰投与が問題とされるホルモン剤も抗生物質も、製造工程で使っていない。温めた時に膜を生成することもないという。

Remilkの共同創業者 Ori Cohavi(左)とAviv Wolff(右)出典:Remilk

Remilkは今回の資金で、微生物発酵技術を用いて、乳製品用のビルディングブロックの生産を加速させるとしている。

ビルディングブロックとは、タンパク質(アミノ酸が50個以上つながったもの)やペプチド(アミノ酸の結合が50個未満のもの)における、鍵となる部分のことを言う。つまり、乳製品を再現するうえで「要」となる部分のタンパク質生産をより強化するということだ。

要となるビルディングブロックを作り出すことで、ミルクのほかに、チーズ、ヨーグルト、クリームなど製品の種類を増やしていきたいと考えている。

Remilkの最終ゴールは既存乳産業を一から作り直すことだ。

代替タンパク質の第3の柱「微生物発酵」

微生物発酵は代替タンパク質の領域において、非常にホットな分野となっている。

投資動向からもそれは明らかだ。

微生物発酵を活用して代替タンパク質を開発する企業が受け取った資金は、2019年には総額2億7400万ドルだったが、2020年の最初の7ヵ月だけで前年比1.58倍の4億3500万ドルなっている。

GFIは、発酵によるタンパク質の生産コストは、動物性タンパク質と同等あるいは低コストになるだろうと予測している。

また、2020年半ばまでに、微生物発酵による代替タンパク質開発に取り組むスタートアップは44社に増えた

2018年の23社から1.9倍に増えたことになる。これら44社のうち21社は2019年~2020年7月に登場したスタートアップだ。

さらに、44社の半数は米国、2番目に多い国はイスラエルとなっている。

この中にはイスラエルのRemilkのほかに、競合他社もいる。

米国・オーストラリアを拠点とするChange Foodsは2019年に創業。微生物発酵によりチーズを開発しており、11月にプレシードで約9100万円を調達した。

このラウンドは申し込みが超過し、当初の目標額を大幅に上回るものだった

Melibioは微生物発酵を使い、ミツバチを使わずに本物そっくりのハチミツを開発している。多くの農作物の受粉を手助けする役割を担うミツバチを守るために人工ミツバチの開発に乗り出したMelibioも、非公開だが資金調達を実施している。

微生物発酵によるタンパク質生産の王者ともいえるのは、2014年と他者に先駆けて創業し、乳タンパク質でFDAの承認を取得して、アニマルフリーなアイスクリームの市販化に成功しているPerfect Day(パーフェクトデイ)だ。

パーフェクトデイは2020年に、シリーズCラウンドで3億ドルの資金調達に成功している。

Remilkはテルアビブを拠点とするスタートアップ。共同創業者のAviv WolffOri Cohaviが2019年に設立した。

 

参考記事

Remilk Raises $11.3 Million for its Microbial Fermented, Animal-Free Dairy

Israeli Food Tech Remilk Raises US$11.3M To Scale Microbial Fermentation Dairy

$1.5 billion invested in alternative proteins in 2020, including a record $435 million in the next pillar—fermentation

タンパク質分子針の動的機能と細胞制御

 

関連記事

 

アイキャッチ画像の出典:Remilk

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。  

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。  

メールマガジンにご登録いただくと、

週に1回、フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

   

関連記事

  1. グリーンマンデーのインスタント食品、香港のセブンイレブン全店で販…
  2. イート・ジャストがシンガポールにアジア初の生産拠点を建設、培養肉…
  3. 中国ファーストフード大手DicosがStarfieldと提携、植…
  4. 香港グリーンマンデーがマクドナルドと提携、全店舗で植物肉メニュー…
  5. インポッシブルフーズの脅威になるか?スピルリナ由来のヘムを開発し…
  6. インドEvo Foodsが代替卵を販売開始、2021年4月に米国…
  7. 中国発の培養肉企業CellXが資金調達、2021年に試作品発表へ…
  8. 代替卵イート・ジャストが欧州進出へ向けて加速、EUの承認待ち

おすすめ記事

米Bowlton Kitchensの1時間に300の調理が可能な料理ロボット、在庫管理も自動化

このニュースのポイント●Bowlton Kitc…

インポッシブルフーズが香港・シンガポールの食料品店で販売を開始、アジア進出を加速

インポッシブルフーズの植物性代替肉がアジアのスーパーに登場した。19日、香港とシンガポールの…

【参加レポート】第1回フードテックジャパン展示会

日本初となる第1回フードテックジャパン展示会が開催された(2020年11月25-…

代替マグロ開発中の米フードテックKuleana、年内に全米へ代替マグロ寿司の提供を目指す

サンフランシスコのフードテック企業Kuleanaは、クロマグロを使わない「リアルな寿司」を開発中だ。…

ポーランドNapiFerynがなたね油粕から代替タンパク質Rapteinを開発|大豆にかわる新しい植物性タンパク質となるか?

万能の肥料として活用されるなたね(菜種)油粕。なたね油粕とは、アブラナか…

スペインNovameatが3Dプリンター製培養肉の試作品を発表

このニュースのポイントスペインNovameatが…

フードテックを理解するのに役立つ書籍

 

 

 

情報を論理的に読み解く方法を学べる書籍

【運営者おすすめ】

 

▼今ならKindle unlimitedで無料で読めます▼

 

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP