Foovo Deep

おがくずと微生物で脂肪を開発するエストニア企業ÄIOが約1.4億円を調達

 

エストニアの代替油脂スタートアップ企業ÄIOは今月、100万ユーロ(約1億4000万円)を調達したことを発表した。

ÄIOは、2022年1月にタリン工科大学(TalTech)のバイオエンジニアであるPetri-Jaan Lahtvee氏Nemailla Bonturi氏により設立されたスピンオフベンチャー。

ココナッツオイルやパーム油など環境負荷を伴う植物油脂に代わる持続可能な脂肪の提供を目指すÄIOは、おがくずと独自の微生物を活用して脂肪を開発している。

おがくずと微生物で脂肪を開発するÄIOが約1.4億円を調達

共同創業者のNemailla Bonturi氏 出典:ÄIO

ÄIOによると、現在の食料システムは温室効果ガス排出量の3分の1以上を占めている。

畜産と比較して、植物肉は必要な土地が47~99%少なく、排出される温室効果ガスや使用する水はそれぞれ30-90%、72-99%少ない。しかし共同創業者のBonturi氏は、「植物肉に使用されるパーム油やココナッツオイルは、動物脂肪と同じ味や食感をもたらしません。これらの油脂の生産は持続可能なものではなく、不健康で、アレルギー反応を引き起こす可能性があります」と述べ、植物肉に使用される油脂の課題を指摘している。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:ÄIO/TalTech

 

関連記事

  1. 英Multus Biotechnologyが約12億円を調達、増…
  2. イスラエル・イノベーション庁が精密発酵の施設設立へ
  3. 世界初|MeliBioがミツバチを使わない「本物のハチミツ」を試…
  4. 精密発酵スタートアップが欧州の「不透明な」規制枠組みの改善に向け…
  5. 3D Bio-Tissuesが植物性足場を使用しない培養ステーキ…
  6. 二酸化炭素を使用して代替脂肪を開発するスウェーデンのGreen-…
  7. 南米を代表するチリのフードテック企業NotCo、シェイク・シャッ…
  8. MeaTechが低コストな培養脂肪の生産方法で米国仮出願を提出

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

培養肉企業アレフ・ファームズ、培養コラーゲン事業への参入を発表

※写真はアレフ・ファームズが2024年の上市を目指す培養コラーゲンのプロトタイプ…

The Every Company、アニマルフリーな卵白タンパク質を使ったスムージーを発売

The Every Companyのアニマルフリーな卵白タンパク質粉末を使ったス…

米InnerPlantが自らSOSを出す植物 InnerTomatoを開発、病気の早期発見に

(▲左は通常のトマト、右が昆虫の攻撃を受けたInnerTomato。通常のトマトは発光しないが、In…

Umami BioworksとCell AgriTech、東南アジア最大の培養肉工場計画を発表

シンガポールの培養シーフード企業Umami Bioworksとそのパートナーであ…

培養ロブスターを開発する米Cultured Decadenceが約1億7000万円を調達、州政府による細胞農業企業への初出資

細胞農業スタートアップのCultured Decadenceがプレシードで160…

Shiruが「見た目も挙動も動物油脂のような」植物性代替脂肪「OleoPro」を発表 

カリフォルニアを拠点とするフードテック企業Shiruは、最初の製品となる代替脂肪…

Foovoの記事作成方針に関しまして

培養魚企業レポート・予約注文開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(02/27 11:46時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(02/27 20:51時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(02/27 00:17時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(02/27 17:39時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(02/27 10:26時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(02/27 20:23時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP