Foovo Deep

Motif FoodworksがSolar Biotechとの提携を拡大、精密発酵タンパク質の「AWS」が加速

 

精密発酵プラットフォーマーSolar Biotech(ソーラー・バイオテック)は、植物肉をアップデートさせる成分開発に取り組むフードテック企業Motif Foodworks(モーティフ・フードワークス)とのパートナーシップ拡大を発表した

2社は2020年に提携を開始。今回の発表は、Motif FoodworksがSolar Biotechのプラットフォームを活用して、遺伝子組換え酵母由来のヘム成分HEMAMIをパイロット規模で生産したパートナーシップの延長となる。

パートナーシップ拡大により、Solar Biotechはパイロットスケールの精密発酵と下流工程の生産能力により、Motif Foodworksの新しい植物ベース食品分野への成長をサポートする。また、代替乳製品やほかの植物ベース食品の味、食感、栄養を改善する新しい技術に対するMotifのサンプリングニーズをサポートする。

精密発酵によるヘムタンパク質をスケールアップ

出典:Motif FoodWorks

Motif Foodworksは昨年、植物肉に肉らしい風味と旨味を提供する成分となるHEMAMIを発表した。

アメリカの代替肉企業インポッシブルフーズも、遺伝子組換え酵母による大豆レグヘモグロビンを開発、自社の植物肉に採用しているが、HEMAMIは動物筋肉に存在するミオグロビンである点で、植物肉をさらに本物に近づける成分だといえる。HEMAMIは牛にあるヘムタンパク質と相違ないが、動物を使わずに精密発酵により生産される。

FoodIngredientsFirstの報道によると、Motif FoodworksはHEMAMIをラボスケールの小規模生産から工業規模の生産へ移行させるためにSolar Biotechのプラットフォームを活用してきた。

Motif Foodworks CEOのJonathan McIntyre氏は「パートナーシップの継続により、Motifの今後の製品のパイプラインを構築するために必要なインフラを確立できるようになります」とコメントしている。

精密発酵タンパク質需要の背景にあるボトルネック

出典:Solar Biotech

近年、精密発酵、細胞培養により動物を使わずに代替食品を開発する企業に対する出資が続いている。この背景には、2050年に約100億人に達すると予想される世界人口のタンパク質需要を満たす手段として、環境負荷が低減された食品がこれまで以上に求められていることがある。

特に精密発酵は2030年までに急激なコストダウンが見込まれ、アメリカを中心に製品の置き換えが進行しているものの、世界規模での生産には至っていない。その要因の1つが、インフラのギャップだ。

現在、世界で稼働しているバイオリアクター容量は6100万リットルとされる。うち、食品用に使用される容量はわずか200万リットルにとどまる。微生物由来のタンパク質生産には、2030年までに100億リットルの生産能力が必要になると試算されている。これは、現在のバイオ生産能力の100倍以上だ

スタートアップに対し、ラボスケールから工業スケールへの移行を支援する技術・プラットフォームを提供しているのがSolar Biotechだ。

出典:Solar Biotech

Solar Biotechは独自のアルゴリズムSynBio Hyperintegration Algorithms (SHAs)を活用し、BioNodesというカスタマイズされたモジュール工場を提供する。

最初のプロトタイプBioNodes1により、合成生物学製品の市場投入に要する時間を数年から数ヵ月に短縮できる。最終的には数年ではなく、数週間、さらには数日で、他社が発酵商品を市場に投入するのを支援したいと考えている。

Solar Biotechのサービスを活用することで、スタートアップ企業は自社で技術・生産プラットフォームを構築しなくても、スケールアップし、早期の市場投入を実現できる。

同社はMotif FoodworksのほかにTurtle Treeとも協業し、製品開発と大量生産への移行を支援している。

精密発酵タンパク質の「AWS」3社

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Motif Foodworks

 

関連記事

  1. 菌糸体ベーコンを開発するAtlast Foodが社名をMyFor…
  2. 培養肉でメキシコ初のスタートアップMicro Meatは量産化段…
  3. 精密発酵で天然着色料を開発するPhytolonがギンコ・バイオワ…
  4. 動物を使わないチーズを作るChange Foodsが約9100万…
  5. バイオ3Dプリンティング技術で培養肉を開発するTissenBio…
  6. UPSIDE Foodsが培養シーフード企業Cultured D…
  7. マメ科植物の種子から植物性ホイップクリームを開発するANDFOO…
  8. アニマルフリーな乳タンパク質を開発するイスラエルRemilkが約…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

微生物発酵CDMOのスイス企業Planetaryがコニカミノルタと提携、発酵タンパク質の生産性向上・コスト削減を目指す

スイスに拠点を置くバイオマス発酵・精密発酵のCDMO企業Planetaryは今月…

トッピングが選べるソフトクリーム自販機iCream、今後はアニマルフリー対応マシンも

アイスクリームを手軽に購入できる自動販売機といえば、セブンティーンアイスがおなじ…

Mirai Foodsが厚さ1.5cm以上の培養テンダーロインステーキ肉の作製を発表

スイスの培養肉企業Mirai Foodsは今月、厚さ1.5cm以上の培養テンダー…

食料品配達のパーソナライズ化を実現するHungryrootが約44億円を調達|AIで買い物を予測

AIを活用してパーソナライズ化された食料品デリバリーを提供するHungryroo…

材料毎に投入タイミングを制御するスマート調理ロボットOliver

ほかの料理の準備で焼きすぎてしまったり、ゆですぎてしまったり、料理には失敗がつき…

イスラエル政府が培養肉コンソーシアムに約23億円の助成金を提供

イスラエル経済産業省傘下のイスラエル・イノベーション庁(Israel Innov…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/23 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/23 21:46時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/23 01:24時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/23 18:21時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/23 11:04時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/23 21:18時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP