代替プロテイン

Formoが精密発酵で作られたアニマルフリーなクリームチーズを発表

 

ドイツの精密発酵スタートアップFormo(旧称Legendairy Foods)は、精密発酵技術で作られたアニマルフリーなクリームチーズを発表した。

Formoは自社リンクトインに、「ベーグル、パスタ、チーズケーキをグレードアップするのに最適な、新鮮でクリーミーなスプレッドチーズ、Frischhainをご紹介します」と投稿した

このクリームチーズは、牛の代わりに微生物を用いた精密発酵により生成されたものとなる。

出典:Formo

Formoは精密発酵により、牛乳に含まれる乳タンパク質、ホエイとカゼインを開発している。公式サイトによると、今回発表されたFrischhainのほか、Le Kreuzberg、Athena、Charlottenbourg、Cité Bleuの4製品を開発している。

2018年に設立されたFormoは欧州初の精密発酵企業とされる。2021年にシリーズAラウンドで約55億円を調達し、昨年には菌株開発のためバイオテクノロジー企業Brain Biotechと提携した。

精密発酵は、酵母などの微生物を使用して、動物を犠牲にするすることなく、タンパク質や脂肪などの複雑な特定成分を生成する。製薬や食品業界で40年以上使用されている技術であり、身近な例ではチーズを固めるためのレンネットなどがある。

Formoは、乳タンパク質の生産に関与するウシ遺伝子を特定し、このコピーを微生物のDNAに導入した。糖質や窒素などの栄養素を微生物に与えると、微生物が牛乳に含まれるものと同じ乳タンパク質を生成する。

最終産物からは微生物は取り除かれるため、遺伝子組み換え食品には該当しない。Formoによると、使用する微生物が万一流出しても、最適な温度下や窒素がない環境では生存できないため、直ちに死滅するとしている

出典:Formo

Formoは最近、精密発酵4社とともに欧州で精密発酵をはじめとする発酵食品の市場投入を促進するため、Food Fermentation Europe(FFE)を設立した。欧州では新規食品の承認プロセスが不明確で長期間を要すると懸念されている。

Formoによると、最初の製品は2023年に販売される予定となる。アメリカ、シンガポールに続き、欧州市場での精密発酵食品の上市に注目が集まっている。

 

参考記事

Formo-Linkedin

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Formo

 

関連記事

  1. グリラス、国産食用コオロギを使用したプロテインバー等をコンビニで…
  2. 米IngredientWerksがトウモロコシでウシのミオグロビ…
  3. ビヨンドミートの新商品ソーセージ、10月から全米の食料品店で販売…
  4. 中国の培養肉企業Jimi Biotechnologyが100%培…
  5. シェイクシャックが初のヴィーガン(ビーガン)バーガーをロンドンで…
  6. ドイツ企業Kynda、食品副産物を活用した「廃棄物ゼロ」の菌糸体…
  7. 韓国政府、2022年の国家計画に培養肉のガイドラインを追加
  8. 微生物を活用してアニマルフリーなチーズを開発するFormo、年内…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

培養油脂のMission Barnsが食肉加工企業と提携、培養ソーセージのスケールアップ生産を完了

植物性原料を使った代替肉が普及するなか、代替肉をより本物に近づける試みとして、細…

アレフ・ファームズ、イギリスで培養肉の申請書類を提出

イスラエルの培養肉企業アレフ・ファームズは今月、イギリスで培養ステーキ肉を販売す…

マレーシアの培養肉企業Cell AgriTechが2024年末までの工場開設を発表

マレーシア初の培養肉企業Cell AgriTechは、マレーシア、ペナンに培養肉…

ゲノム編集で熱帯作物の栽培効率を高めるTropic Biosciencesが約46億円を調達

ゲノム編集技術を活用して持続可能な熱帯作物を開発するイギリスのTropic Bi…

とうもろこしから作られる砂糖|植物繊維のアップサイクルで砂糖を開発する英The Supplant Company(サプラント)

代替品でもなく、人工的に合成されたものでもなく、自然由来で健康に優しい砂糖が登場…

Apeel Sciencesが約31億円を資金調達、小規模農家の市場アクセス改善を本格支援

このニュースのポイントApeel Science…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/23 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/22 21:46時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/23 01:24時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/23 18:21時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/23 11:04時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/22 21:18時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP