Foovo Deep

TiNDLE Foodsが米スーパーで代替鶏肉製品を発売、来年には全米の小売店で発売へ

 

シンガポールの代替肉企業TiNDLE Foods(旧Next Gen Foods)は今月、2024年の全国的な小売発売に先立ち、アメリカの一部小売で植物性代替鶏肉TiNDLE Chickenの正式発売を発表した

スーパーマーケットGiant EagleやオンラインデリバリーストアFreshDirectなど、アメリカ東海岸、中西部、西海岸の一部の小売店では先週からTiNDLE Chickenの販売が開始された。

今年初めにイギリスのホールフーズ・マーケットモリソンズ、ドイツ最大の小売業者EDEKAグループなど、欧州での発売に成功して以来、アメリカの消費者がスーパーマーケットでTiNDLE Chickenを直接手に取れるようになるのはこれが初となる。

小売店への拡大は、TiNDLE Chickenが初めて対面で販売されることを意味している。同社は米小売店での発売について、「2024年の全米での小売展開に向けて、地球を救うことを簡単に、楽しく、美味しくするという会社の使命にとって極めて重要な動きとなります」と述べている。

米小売店デビューと急速な海外展開

出典:TiNDLE Foods

先週より、インディアナ州、オハイオ州、ペンシルベニア州のGiant Eagle約84店舗の冷凍コーナーでTiNDLE Chickenシリーズが発売された。1918年に設立されたGiant Eagleは中西部、西海岸で400店舗以上を展開しており、来年以降、導入店舗が拡大されていくと思われる。

Tindle Foodsは2022年2月、アメリカのオンラインストアで販売を開始するとともに、カリフォルニア、ニューヨークなど一部都市のレストランで提供を開始した

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:TiNDLE Foods

 

関連記事

  1. 3Dプリント肉のSavorEatがアメリカの大学への試験導入でソ…
  2. フューチャーミートが世界で初めて培養羊肉を生産、年内に米生産施設…
  3. iPS細胞で培養肉を開発するオランダ企業Meatableがシリー…
  4. ピーナッツから代替肉を作る中国企業HaoFood、2021年に中…
  5. 米Wild Earth、2023年に細胞培養によるペットフード製…
  6. Melt&Marble、精密発酵による油脂のプロトタイ…
  7. 培養肉企業フューチャーミートが約394億円を調達、生産コストを1…
  8. 米サラダチェーンSweetgreenが自動レストランをオープン

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

バイオミメティクスに着想を得た代替肉企業Plantedが約19億円を調達

スイスの代替肉企業Plantedが今月、シリーズAラウンドで1700万フラン(1…

自律型サービスロボットを開発したBear RoboticsがシリーズBで約100億円を調達

接客ロボットと人工知能を活用したソリューション領域での先駆者であるBear Ro…

天然には存在しない「新しい酵素」を開発するEnzymitが約6.3億円を調達

イスラエルを拠点とする合成生物プラットフォーマーのEnzymitは先月、シードラ…

韓国の培養肉企業CellMEATが約4億7千万円を調達、培養肉の量産とコストダウンを目指す

韓国の培養肉企業CellMEATがプレシリーズAで450万ドル(約4億7千万円)…

チェコのBene Meat Technologies、培養ペットフードで欧州当局の認可を取得

細胞培養によるペットフードを開発するチェコ企業Bene Meat Technol…

フードデリバリーの「Google」、デリバリー各社を比較・検索できる統合アプリMealMeとは

フードデリバリーを頼むとき、多くの人がさまざまなプラットフォームを使って、何を注…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/23 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/22 21:46時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/23 01:24時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/23 18:21時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/23 11:04時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/23 21:18時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP