3Dプリンター

3Dプリンターで次世代ステーキを作るRedefine Meatが約30億円を調達

>> <<

 

イスラエルのRedefine MeatがシリーズAで2900万ドル(約30億円)を調達した。

今回の調達でRedefine Meatの調達総額は3500万ドル(約37億円)になる。

Redefine Meatは今年中に3Dプリンターとカートリッジを世界中の食肉販売業者に販売し、業者が肉をプリントして販売できるようにしたいと考えている。 

3Dプリンターで「次世代ステーキ」を作るRedefine Meat

出典:Redefine Meat

最近、イスラエル発のフードテックニュースが続いている。

先日にはアレフ・ファームズがバイオ3Dプリンターを使って生きた細胞を「フードインク」としてプリントし、リブロース肉を生産したと発表した。

Redefine Meatはアレフ・ファームズと異なり、使う「フードインク」はすべて植物ベースで、細胞ではない

一般的な家庭用3Dプリンターは、材料(インク)を熱で溶かして、ノズルから押し出して積層させることで、立体構造を作り出す。

家庭用3Dプリンターにはいろいろな機種がある 写真は当メディア運営者が購入したもの

下図のように、細いフィラメント(樹脂のこと)がエクストルーダーに送られると、フィラメントが溶け、ノズルから押し出されて積層していく。熱でフィラメントを溶かすこの方式は、熱溶解積層法やFDMと呼ばれる。

出典:https://manufactur3dmag.com/working-fdm-fff-3d-printing-technology/

要するにソフトクリームのイメージだ。

家庭用3Dプリンターでは一般にノズルは1つだけだが、Redefine Meatの3Dプリンターは3つのノズルを有する

「フードインク」はAlt-MuscleAlt-FatAlt-Bloodという異なる材料から構成され、複数のノズルを備える3Dプリンターが同時に出力することで、味だけでなく、食感もそっくりな代替ステーキを作り出す。

出典:Redefine Meat

Redefine Meatの3Dプリンターは、1時間にステーキ肉を50個生産する性能を有する。

昨年の報道では1時間に13ポンド(約6kg)の生産だったが、今年には次世代型3Dプリンターをリリースし、1時間あたりの生産能力を44ポンド(約20kg)まで高めたいとしていた。

Redefine Meatがフードインクに使う原料の詳細は明らかにされていないが、businessinsiderの報道によると、大豆、えんどう豆、ココナッツオイル、ひまわり油が含まれている。

Redefine Meatとアレフ・ファームズに見られるある共通点

ここで、Redefine Meatとアレフ・ファームズのある共通点に注目したい。

2社はいずれもイスラエル企業で、3Dプリンターで食にイノベーションを起こそうとしているが、もう1つ共通点がある。

Redefine Meatの複数材料を同時に出力する3Dプリンティング技術を統括するのはストラタシス出身Daniel Dikovsky氏。

Daniel Dikovsky氏 出典:Redefine Meat

Dikovsky氏は2019年にRedefine Meatに入社。

それまでに世界的な3Dプリンター大手のストラトス社で11年にわたって複数材料のマルチマテリアル3Dプリント、医療用臓器モデルの3Dプリント開発を主導してきた経験を持つ。

特に注目したいのが、Dikovsky氏がテクニオン・イスラエル工科大学で、組織工学における3D足場の開発に焦点をあてた研究を行っていたことだ。

テクニオンといえば、アレフ・ファームズと共同でバイオ3Dプリントによる培養リブロース肉を開発した大学であり、テクニオンのバイオ3Dプリンターセンター長であるLevenberg氏はアレフファームズの共同創業者であり、研究の中核にいる人物 

Dikovsky氏、Levenberg氏の3Dプリンティング、再生医療、組織工学における知見が、食のイノベーションに与える影響力は大きい。

3Dプリンターによる食のイノベーションは続く

Redefine Meatは先月にはイスラエルの食肉販売会社Best Meisterと提携を発表。 

この提携により、Redefine Meatの植物ベースの3Dプリント肉が今年前半に、イスラエルのレストランや高級肉専門店などで販売される。

出典:Redefine Meat

今回調達した資金で、ポートフォリオを拡大し、商品の市場投入や海外展開を進める。年末までに3Dプリンターによる大量生産をオンラインにすることを発表している。

まずはレストランなどでの販売となるが、同社が目指すのは今年中に3Dプリンターとカートリッジを世界中の食肉販売業者に販売すること。

肉の生産プラットフォームを入手できれば、これまで動物肉を販売していた業者が、3Dプリントされた植物肉を販売できるようになる。

この点は、同じくイスラエルのFuture Meatsの戦略と似ている。

3Dプリンティング技術で食の改革に取り組むのはRedefine Meatだけではない。

冒頭でも書いた通り、アレフ・ファームズは培養リブロース肉の3Dプリントに成功したことを今月発表。

出典:アレフ・ファームズ

同じくイスラエルのSavorEatは、昨年、テルアビブ証券取引所に上場した。 

SavorEatは、3Dプリンターを使って調理済みのバーガーパテを6分で作っており、今年夏までにイスラエルの人気ハンバーガー店でテスト販売を開始する予定。

Meat-Techも2019年にテルアビブ証券取引所に上場している。2020年12月には厚さ10mmの培養した牛脂肪構造の3Dプリントに成功。同社は米国IPOに向けた準備も進めている。

スペインでは、Novameatが3Dプリンターにより牛や豚のステーキ肉を開発し、今年になってから世界9位のミシュラン2つ星レストランとの提携を発表した。

さらにオーストリア発の学生が立ち上げたLegendary VishRevo Foodsに社名を変更、春にリリースされる商品とは別に、当初から注力していた3Dプリンターを使ったサーモンの刺身を開発している。

今回のラウンドはHappiness CapitalHanaco Venturesが主導し、ほかにもCPT CapitalLosa GroupSake BoschK3 Venturesが参加した。

 

参考記事

Redefine Meat Raises a $29M Series A Round for its 3D-Printed Plant-Based Meats

Redefine Meat raises $29 million for launch of 3D-printed meat-substitute meals

Why 3D printing is ideal to replicate animal meat

 

関連記事

 

アイキャッチ画像の出典:Redefine Meat

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 微生物発酵で赤色着色料を開発するChromologicsが約8億…
  2. 微生物発酵でサステイナブルな着色料を開発するデンマーク企業Chr…
  3. 二酸化炭素からタンパク質を作るDeepBranchが約2億900…
  4. カクテルに3DプリントするPrint a Drink、企業向けの…
  5. イスラエルのYO-Eggが黄身と白身に分かれた代替卵を開発
  6. 日本初|植物肉グリーンカルチャーが植物魚に参入、7月より寿司屋で…
  7. 菌糸体ステーキ肉の開発に挑むスペイン企業Libre Foods
  8. 大豆ミートを食べてみた感想【意外とおいしい】

おすすめ記事

バイオ3Dプリンターで植物性代替サーモンを開発するLegendary Vish

このニュースのポイント●オーストリアのLegen…

インドの代替卵企業Evo Foodsが約8900万円を調達

植物ベースの代替卵を開発するインド企業Evo Foodsがプレシードで6200万…

ゲノム編集で野菜・果物に新しい命を吹き込む米Pairwiseが約94億円を調達

Pairwiseは収量も栄養もあるのに、匂いなどの理由で人気のない食品を、ゲノム…

ネスレがマレーシアに植物肉工場を建設&乳製品フリー「ミロ」を発売

ネスレ・マレーシアが植物性食品に特化した生産施設をマレーシアに開設した。…

米InnerPlantが自らSOSを出す植物 InnerTomatoを開発、病気の早期発見に

(▲左は通常のトマト、右が昆虫の攻撃を受けたInnerTomato。通常のトマトは発光しないが、In…

Numilkが家庭用植物ミルクメーカーを発表、クラファンの累計支援額は目標の2倍以上に

感染が拡大する新型コロナウイルスの影響を受け、トッピングやカスタマイズが自由な次…

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/29 13:52時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/29 07:36時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(07/29 18:08時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています

Foovoによる【今月のピックアップ本】

ミドリムシ博士の超・起業思考 ユーグレナ最強の研究者が語る世界の変え方

ミドリムシ博士の超・起業思考 ユーグレナ最強の研究者が語る世界の変え方

鈴木健吾
1,650円(07/29 07:54時点)
発売日: 2021/04/16
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP