Foovo Deep

英培養肉企業Higher Steaksが約43億円を調達、社名をUncommonに変更

 

イギリスの培養肉企業Higher Steaksが社名をUncommonに変更した。Uncommonは、社名変更にあわせて、シリーズAラウンドで3000万ドル(約43億円)を調達したことを発表した。

ラウンドはBalderton CapitalLowercarbon Capitalが主導し、Open AIのCEOであるSam Altman氏なども出資した。Uncommonは調達した資金で、ケンブリッジテクノパークにあるパイロット施設の生産を拡大したいと考えている。

RNA技術で培養肉他社と差別化

出典:Uncommon

Uncommonは動物から少量のサンプルを採取し、最先端技術を使用して単離された細胞を人工多能性幹細胞(iPS細胞)に変換する。これはリプログラミングと呼ばれるプロセスで、京都大学の山中教授が2012年にノーベル医学・生理学賞を受賞した技術となる。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Uncommon

 

関連記事

  1. イート・ジャストの培養肉部門GOOD Meatが約110億円を調…
  2. 培養肉アレフ・ファームズ、安価でオープンな増殖培地の開発でWAC…
  3. Meatable、初の試食会開催に続き、培養肉の生産期間短縮を発…
  4. チーズ大手のBelグループ、米Superbrewed Foodと…
  5. ドイツ企業Kynda、食品副産物を活用した「廃棄物ゼロ」の菌糸体…
  6. 発酵技術で代替シーフードに挑むAqua Cultured Foo…
  7. 米Jellatech、細胞培養によるⅠ型コラーゲンの生産に成功|…
  8. Perfat Technologiesによる「次世代オレオゲル」…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

Upside Foodsが業界史上最大の約510億円を調達、年内の培養肉市販化を目指してスケールアップを加速

アメリカの培養肉企業Upside Foods(アップサイド・フーズ)がシリーズC…

機械学習でタンパク質収量を増やす英Eden Bioが約1.6億円を調達、精密発酵の課題解決へ

機械学習を使用してタンパク質収量を増加させるイギリスのバイオテック企業Eden …

代替肉ブランドTiNDLEを開発するNext Gen Foodsが約114億円を調達、米国本格進出へ

植物由来の代替肉を開発するシンガポール企業Next Gen Foods(ネクスト…

モサミート、牛脂肪細胞を培養する無血清培地に関する論文を発表

オランダの培養肉企業モサミートは、ウシ胎児血清(FBS)を使用せずに脂肪を培養す…

【2023年度版】精密発酵レポート販売開始のお知らせ

2022年7月に発売した精密発酵レポートの【2023年度・最新版】を2023年7月31日に発売しまし…

Mycorena、マイコプロテイン由来のバター試作品を発表

マイコプロテインを活用した代替肉を製造、販売するスウェーデン企業Mycorena…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/14 12:07時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/14 21:25時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/15 00:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/14 17:58時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/14 10:45時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/14 20:57時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP