3Dプリンター

培養肉企業MeaTechが約100グラムの3Dプリントされた培養ステーキ肉の生産に成功

2022年1月セミナーはこちらから▼

 

イスラエルの培養肉企業MeaTechは今月、バイオ3Dプリンターを用いて104グラムの培養ステーキの生産に成功したことを発表した

このステーキ肉は筋肉と脂肪から構成され、バイオ3Dプリンティングされたもので過去最大サイズとなる。

100g以上の培養ステーキ肉の生産に成功

出典:MeaTech

生産プロセスではまず、牛から採取した組織から独自技術で牛幹細胞を単離、バイオリアクターで栄養を与えて細胞を増殖させる。十分な細胞量に達したら、これをバイオインクとし、同社独自のバイオ3Dプリンターでバイオインクを積層し、ステーキ肉の立体構造を形成する。

次いで、プリントされたバイオインクをインキュベーターに設置して成熟させる。幹細胞は脂肪と筋肉の細胞に成長し、それぞれが脂肪組織と筋肉組織に成長し、ステーキ肉を形成する。

イメージ 出典:MeaTech

同社CEO・CTOのSharon Fima氏は、「今日のブレークスルーは、細胞生物学とハイスループット組織工学プロセス、および高精度なバイオプリンティング技術に当社が注いだ1年以上の努力の集大成です」とコメントし、生きた組織から構成される3.67オンス(104グラム)ステーキをバイオプリントしたことで、同社のコア技術と、プレミアムな培養肉製品を開発する最前線にMeaTechがいることを証明できたと語った。

Sharon Fima氏 出典:MeaTech

畜産による環境負荷の軽減、高まる食料需要へ対応するために、培養肉の開発が加速している。動物の体外で製造される培養肉は、畜産肉よりも温室効果ガスの排出量が少なく、生産に必要な土地・水も少ない。

農場由来のステーキが消費者に届くまでに18カ月かかるのに対し、培養ステーキは、そのごく一部の時間で生産されること、都市部でも生産施設内で生産できることなどのメリットもある。

MeaTechは細胞培養により、従来のステーキ肉の「真の代替品」の開発を目指すイスラエル企業。同社の培養ステーキは本物の生きた筋肉・脂肪細胞から構成され、植物肉に使用される大豆やえんどう豆を一切含まない。

同社はバイオプリンティングと培養技術を引き続き改善し、農場で育てられたプレミアムステーキの主要な特性をよりよく反映した培養肉を開発していく考えだ。

他社の培養肉参入をサポートする培養肉企業MeaTech

出典:MeaTech

MeaTechは今年3月にナスダック上場を実現した。5月には培養脂肪の実証プラントを建設することを発表。

7月には牛肉、鶏肉に加え、豚肉を開発対象に追加することを発表したほか、培養肉製品の共同開発、生産施設の建設でイスラエルの大手スーパーチェーンと提携した。9月には植物成分だけを使って胚性間葉系幹細胞(eMSCs)を脂肪細胞へ分化させる特許をアメリカで仮出願した

しかし、MeaTechのステーキ肉が食卓に並ぶのはもう少し先になりそうだ。

同社は市場参入戦略として、まず培養油脂の販売を計画している。すでに1回の生産で約1キログラムの鶏脂(けいし)バイオマスの生産を実現しており、2022年に培養油脂の実証プラントを建設することを計画している。

出典:Peace of Meat/MeaTech

培養油脂は「植物肉の風味、食感、口当たりを著しく高められる可能性」があることから、植物肉に組み込める原料として培養油脂を食肉加工会社、消費財メーカー、小売パートナーに販売する計画を立てている。

同社のビジネスモデルはB2Bで、培養肉生産技術や関連製品を、食品会社、食肉加工会社、消費財メーカー、小売パートナーなどにライセンス供与することも目指している。

モジュール式の工場設計を採用することで、生産プロセスの全てまたは一部をライセンス供与する考えだ。クライアントが培養油脂の生産を希望する場合も、バイオ3Dプリントされたステーキ肉の生産を希望する場合も、各施設は生産能力と生産量を増やすよう調整できるという。

他社が培養肉を作るのをサポートするという考えは、MeaTechのほかに、イスラエルのFuture MeatやドイツのInnocent Meatなどにも共通する。

 

参考記事

MeaTech 3D Reports Breakthrough in Cultured Steak Production

Breakthrough in Cultured Steak Production

World’s largest lab-grown steak unveiled by Israeli firm

MeaTech 3D prints bigger cultured steak

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:MeaTech

 

2022年1月セミナーはこちらから▼

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 菌糸体から代替肉を作るMeati Foodsが約29億円を資金調…
  2. ケンタッキー、ビヨンド・ミートの代替フライドチキンを全米で販売
  3. 精密発酵で乳タンパク質を製造するImagindairyが約14億…
  4. 代替肉のネクストミーツが新潟に代替肉の自社工場を建設、2022年…
  5. 世界初!シンガポールOsomeFoodが開発したマイコプロテイン…
  6. Shiok Meatsが細胞由来の培養ロブスター試作品を発表、2…
  7. ゲイツ氏、ベゾス氏が支援するNature’s Fyn…
  8. 大豆を使ってチーズを開発するNobell Foodsが約82億円…

おすすめ記事

牛を使わずに「本物の」乳製品を開発するイスラエルのRemilkが約139億円を調達

精密発酵によりアニマルフリーな乳製品を開発するイスラエル企業Remilkがシリー…

【世界初】The EVERY Companyが動物由来の卵と同等なアニマルフリー卵タンパク質を発表

微生物発酵を活用して卵タンパク質を開発するクララフーズが社名変更を発表した。…

3Dプリンターを活用する上海企業CellXが培養豚肉のサンプルを発表

3Dプリンターを活用して培養肉を開発する中国の培養肉企業CellXが培養豚肉のサ…

キッチンカーで植物肉を広めたい|学生団体Planmeetがクラウドファインディングをスタート

植物肉という食の選択肢を広げるために、早稲田大学などの学生による学生団体Plan…

フルーツジュースの砂糖を減らすイスラエルのBetter Juiceが約8.8億円を調達

天然ジュースの砂糖を減らす技術を開発するイスラエル企業Better Juiceが…

青果物の鮮度保持期間を延ばすHazel Technologiesが約76億円を調達

アメリカ農務省(USDA)によると、アメリカでは供給される食料の30-40%が廃…

Foovoセミナーのお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/19 16:29時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(01/19 10:14時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(01/19 21:24時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP