3Dプリンター

培養肉企業MeaTechが約100グラムの3Dプリントされた培養ステーキ肉の生産に成功

 

イスラエルの培養肉企業MeaTechは今月、バイオ3Dプリンターを用いて104グラムの培養ステーキの生産に成功したことを発表した

このステーキ肉は筋肉と脂肪から構成され、バイオ3Dプリンティングされたもので過去最大サイズとなる。

100g以上の培養ステーキ肉の生産に成功

出典:MeaTech

生産プロセスではまず、牛から採取した組織から独自技術で牛幹細胞を単離、バイオリアクターで栄養を与えて細胞を増殖させる。十分な細胞量に達したら、これをバイオインクとし、同社独自のバイオ3Dプリンターでバイオインクを積層し、ステーキ肉の立体構造を形成する。

次いで、プリントされたバイオインクをインキュベーターに設置して成熟させる。幹細胞は脂肪と筋肉の細胞に成長し、それぞれが脂肪組織と筋肉組織に成長し、ステーキ肉を形成する。

イメージ 出典:MeaTech

同社CEO・CTOのSharon Fima氏は、「今日のブレークスルーは、細胞生物学とハイスループット組織工学プロセス、および高精度なバイオプリンティング技術に当社が注いだ1年以上の努力の集大成です」とコメントし、生きた組織から構成される3.67オンス(104グラム)ステーキをバイオプリントしたことで、同社のコア技術と、プレミアムな培養肉製品を開発する最前線にMeaTechがいることを証明できたと語った。

Sharon Fima氏 出典:MeaTech

畜産による環境負荷の軽減、高まる食料需要へ対応するために、培養肉の開発が加速している。動物の体外で製造される培養肉は、畜産肉よりも温室効果ガスの排出量が少なく、生産に必要な土地・水も少ない。

農場由来のステーキが消費者に届くまでに18カ月かかるのに対し、培養ステーキは、そのごく一部の時間で生産されること、都市部でも生産施設内で生産できることなどのメリットもある。

MeaTechは細胞培養により、従来のステーキ肉の「真の代替品」の開発を目指すイスラエル企業。同社の培養ステーキは本物の生きた筋肉・脂肪細胞から構成され、植物肉に使用される大豆やえんどう豆を一切含まない。

同社はバイオプリンティングと培養技術を引き続き改善し、農場で育てられたプレミアムステーキの主要な特性をよりよく反映した培養肉を開発していく考えだ。

他社の培養肉参入をサポートする培養肉企業MeaTech

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:MeaTech

 

関連記事

  1. MycorenaとRevo Foodsが3Dプリント用マイコプロ…
  2. ビル・ゲイツも出資|細胞培養により代替母乳の開発を目指すBiom…
  3. Nature’s Fyndが菌類由来のヨーグルトを開発、来月から…
  4. 【現地レポ】シンガポール展示会(Agri-Food Tech E…
  5. JBS子会社のBioTech Foods、スペインで南欧最大の培…
  6. 大手食品メーカーの精密発酵食品への参入・販売状況【Foovo独自…
  7. Cooler Screens|店舗の冷蔵食品棚を動的な広告に変え…
  8. 韓国の培養肉スタートアップSpace Fらが政府から助成金を獲得…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

【現地レポ】精密発酵乳タンパク質を使用したミルクを試食@シンガポール|精密発酵ミルクの現在地を確認

精密発酵技術で生成された食品がアメリカ、シンガポールなどで販売されている。…

米イート・ジャスト、新しい培養鶏肉製品で再びシンガポール当局の販売許可を取得

アメリカのフードテック企業イート・ジャストが培養肉で再び快挙を成し遂げた。…

Moleyが自動調理ロボット「モーレイ・ロボット・キッチン」の販売を開始

調理ロボットを製造するイギリスのモーレイロボティックス(Moley Roboti…

Remilkがイスラエル食品大手CBCグループと提携、1年以内のイスラエル上市を目指す

精密発酵でアニマルフリーな乳タンパク質を開発するRemilkは、イスラエル食品最…

ベルがパーフェクトデイと提携、精密発酵タンパク質の代替チーズを来月発売

Kiri(キリ)やBoursin(ブルサン)などで有名なチーズ大手ベルグループの…

天然には存在しない「新しい酵素」を開発するEnzymitが約6.3億円を調達

イスラエルを拠点とする合成生物プラットフォーマーのEnzymitは先月、シードラ…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(06/20 12:45時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(06/20 22:10時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(06/21 01:48時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(06/20 18:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(06/20 11:14時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(06/20 21:34時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP