代替プロテイン

ベゾス・アース・ファンド、ノースカロライナ州立大学に代替タンパク質センターを設立

写真出典:Andrew Steer博士 President & CEO, BezosEarthFund

 

代替タンパク質の研究開発・イノベーションに特化したセンターが先月30日、ノースカロライナ州立大学に設立された

施設名はベゾス持続可能タンパク質センター(Bezos Center for Sustainable Protein)で、代替タンパク質をより手頃に、美味しく、健康なものにするための体系的な研究を行う場となる。ベゾス・アース・ファンドが今後5年間で3,000万ドル(約46億円)を投じる。

同ファンドは代替タンパク質の普及促進を行う非営利シンクタンクのGood Food Instituteと協力し、ノースカロライナ州立大学に最初のセンター設置を決めた。

新センターでは植物タンパク質精密発酵培養肉の3分野に軸を置き、技術を実用化するために重要な目的基礎研究を共同で実施する。センター設立により、ノースカロライナ州への多くのバイオテック企業の誘致、地域社会の経済の活性化、雇用の創出が期待される。

ベゾス持続可能タンパク質センターは2024年に設立される最初の施設であり、年間を通じて他の施設の開設も予定されているというベゾス・アース・ファンドは代替タンパク質のオープンな研究開発センターのために1億ドルを投じることを発表している。

学術界・産業界との20を超えるパートナーシップ

Andrew Steer博士 出典:Andrew Steer博士 President & CEO, BezosEarthFund

ベゾス持続可能タンパク質センターは、学術界、産業界、シェフ、政策立案者などさまざまな立場の人々が、培養肉、植物性食品、精密発酵などのタンパク質の製造開発と商品化を目指す場となる。

新技術の研究開発だけでなく、新興業界に携わる人々に研修機会の提供や、消費者が好むタンパク質の測定も行う。

ノースカロライナ州ウィルソンで大規模な培養肉工場を建設中のイスラエル企業BELIEVER Meats(旧Future Meat Technologies)も同センターとの提携を発表した。BELIEVER Meatsの培養肉工場は年末までに稼働する予定で、稼働すると年間2600万ポンド(約11800トン)の生産能力を有するものとなる。食品関連で新たに100の雇用が生まれる見込みだという。

ノースカロライナ工科大学やデューク大学などの学術パートナーのほか、20社を超える産業界パートナーがベゾス持続可能タンパク質センター参加する

産業界パートナーにはBELIEVER MeatsのほかにカーギルジボダンビューラーグループGEABig Idea Venturesなどの大手に加え、細胞培養でコラーゲンを開発するJellatech、4月に初のプロトタイプを発表した培養魚企業Atlantic Fish、培養ペットフードを含めたビーガンペットフードを開発するWild Earth、精密発酵のスケールアップに取り組むBioBrewなどスタートアップ企業も含まれている

 

参考記事

There’s No Alternative to Alternative Protein

Bezos Earth Fund Grant Creates Sustainable Protein Research Hub at NC State

Believer Meats Partners with Bezos Earth Fund and North Carolina State University on Bezos Center for Sustainable Protein

Bezos Center for Sustainable Protein at NC State

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Andrew Steer博士 President & CEO, BezosEarthFund

 

関連記事

  1. FDA、GOOD Meatの培養鶏肉の安全性を認める Upsid…
  2. 韓国企業Zikooinは廃棄される穀物を使って代替肉Unlime…
  3. マレーシアの培養肉企業Cell AgriTechが2024年末ま…
  4. ひよこ豆タンパク質粉末を開発するChickPが約9億円を調達
  5. 植物肉企業Plantedが約100億円を調達、植物由来の鶏胸肉を…
  6. 植物の葉緑体を活用して成長因子を開発するBright Biote…
  7. 【3/25】最新の研究事例から見る ! 細胞性食品(培養肉)セミ…
  8. イスラエルのYO-Eggが黄身と白身に分かれた代替卵を開発

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

インドNymbleの料理ロボットJulia(ジュリア)がSKS2020に初登場!

スマートキッチンサミット2020には10社のスタートアップが登場した。そ…

えんどう豆由来の代替ミルクを開発するSproudが約6.8億円を調達

えんどう豆を主原料に代替ミルクを開発するSproudが480万ポンド(約6億8千…

Upside Foods、シカゴ近郊に商用規模の培養肉工場を建設する計画を発表

アメリカの培養肉企業Upside Foodsは、イリノイ州シカゴ近郊のグレンビュ…

「食べられる」食品包装用フィルムをインド・ロシア研究チームが開発

インドとロシアの研究者は、果物、野菜、肉、水産物を包装するための食用の食品フィル…

Motif FoodWorks、分子農業でヘムを開発するためパートナーシップを拡大

アメリカ、ボストンを拠点とするフードテック企業Motif FoodWorksは、…

料理の失敗から解放!レシピアプリと調理器をシームレスに連動するスマート調理家電Hestan Cue

ステーキ肉を買ってきたけれど、焼き加減や時間がわからず失敗してしまったことはない…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(06/21 12:46時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(06/20 22:10時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(06/21 01:48時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(06/20 18:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(06/21 11:15時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(06/20 21:34時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP