Foovo Deep

アジア初の精密発酵CDMO企業ScaleUp Bioが間もなく施設をオープン|CEO Francisco Codoner氏にインタビュー

 

今年、シンガポールで食品に特化した精密発酵施設が2施設オープンする。

食品成分を開発する精密発酵企業が近年急増しているが、スタートアップの多くは食品向けではない環境で、製薬業界向けなど高価な実験設備に頼らなければならない状況にある。

アイディアを製品にして、市場投入まで導くための理解、知見、インフラが不足していることに着目したシンガポール企業ScaleUp Bioは、食品グレードの専用施設を開設することで、シンガポールに限らず世界中の精密発酵企業を支援したいと考えている。

同社はまもなく、最大100リットルのバイオリアクターを備えた研究開発施設と、最大10,000リットルのバイオリアクターを備えた施設を開設する予定だ。9月末に研究開発施設を、10月初旬には10,000リットルの大型施設を開設する。

ScaleUp BioのCEO(最高経営責任者)Francisco Codoner氏は、「これらの量は大きくありませんが、企業がテストを行い、一方から見た市場の受容性を確認するには十分な容量です。また、製品の反復性、再現性、安全性に基づいて規制当局の承認を得るのに十分な量になります」と語る。

Francisco Codoner氏 出典:ScaleUp Bio

アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド(ADM)とNurasaによる合弁会社であるScaleUp Bioは、食品用途の精密発酵業界が抱えるギャップを埋めようとしている。

「通常、企業は資金を調達しますが、ベンチャーキャピタルはアセット・ライトを意識します。つまり、アイディアは面白いので投資はしますが、成功するまでは大きな施設や大容量は作りたがらないということです。このような状況下で、ADMと(テマセクが完全所有する)NURASAは共同でこのギャップを埋めようとしています」

第5回細胞農業会議への登壇で来日したCodoner氏に話を聞いた。

第1段階はシンガポール、第2段階は国外

10,000リットルの施設 出典:ScaleUp Bio

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:ScaleUp Bio

 

関連記事

  1. 精密発酵カゼインで乳製品業界の変革を目指すFermifyが約6.…
  2. 魚の培養脂肪を開発するインパクファット|日本人研究者がシンガポー…
  3. インドの代替卵企業Evo Foodsが約8900万円を調達
  4. 細胞培養により持続可能で高品質なカカオを生産するCelleste…
  5. 3Dプリンターで次世代ステーキを作るRedefine Meatが…
  6. ジャガイモで卵白タンパク質を開発するPoLoPoが約2.3億円を…
  7. 精密発酵チーズのNew CultureがCJ第一製糖と提携、20…
  8. 植物肉企業Plantedが約100億円を調達、植物由来の鶏胸肉を…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

精密発酵セミナー動画-2022年1月開催-

2022年1月に開催した精密発酵セミナーの視聴用ページです。会員の方だけ…

The Every Company、世界初の精密発酵タンパク質を使ったアルコール飲料を発売

精密発酵により卵白タンパク質を製造販売する米The Every Companyは…

QuornとPrime Rootsが菌糸体由来肉の市場拡大に向けて提携

Quornと米Prime Rootsは、アメリカ市場における菌糸体由来の代替肉の…

米January AI:血糖値モニターを使用せずに血糖値を予測する世界初のアプリを発表

毎回の食事で血糖値への影響が気になる人に、事前に食品が血糖値に与える影響を予測分…

モサミートはいかにしてFBSを使わずに培養牛肉を生産したのか?研究者が論文を発表

オランダの培養肉スタートアップ企業モサミートは今月13日、ウシ胎児血清(FBS)…

ロティ、ピザなどのフラットブレッドを90秒で作る家庭用フードロボットRotimatic

コロナウイルスの影響によりレストランの閉鎖を経験した今、デリバリー、家庭用フード…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/15 12:08時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/15 21:25時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/16 00:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/15 17:59時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/15 10:46時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/15 20:58時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP