Foovo Deep

米Algae Cooking Club、微細藻類由来の食用油を発売

 

アメリカのスタートアップ企業Algae Cooking Clubは先月、微細藻類で作られた食用油を発売した。The Spoonの報道によると、同社はTerraViaに続き、微細藻類由来の食用油を発売した2社目の企業となる。

Algae Cooking Clubは自社の食用油のメリットとして、発煙点*が279.4℃(535°F)と従来の製品よりも高く、オリーブオイル、アボカドオイルの70%と比較して、健康に良いとされるオメガ9脂肪酸を93%含むこと、キャノーラ油よりも炭素排出量47%少ないことを挙げている

*発煙点とは油が焦げて、煙を出し始める温度をいう。

微細藻類由来の食用油ALGAE COOKING OIL

出典:Algae Cooking Club

Algae Cooking Clubは大型のステンレスタンクの中で微細藻類に糖を与え、発酵させる。同社によると、自社のプロセスは、ビールの醸造やワインの発酵に似ており、異なるのは酵母の代わりに微細藻類を使用していることだ。

わずか数日で、藻類の重量の約80%が油脂になる。丸くなった藻類は、オリーブオイル業界でおなじみの圧搾を経て、油脂と藻類が分離され、最終産物となる食用油が得られる

Algae Cooking Clubは藻類を使用する理由として、藻類が自然本来の油の作り手であること、農薬、化学溶剤などを必要とせず、わずかな時間、エネルギー、天然資源を使用してオメガ9脂肪酸が豊富は食用油を提供できることを挙げている。従来の植物油脂では収穫時期を待たねばならなかったが、藻類であれば数日間で同じ品質の油脂を生産することができる。

Algae Cooking Clubの食用油にはオメガ9脂肪酸は含まれるが、オメガ3脂肪酸は含まれていない。公式サイトで現在、1本25ドルで販売されている。

微細藻類による食用油開発の現状

出典:Algae Cooking Club

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Algae Cooking Club

 

関連記事

  1. 日本ハム、動物血清の代わりに食品成分で培養肉を作製
  2. 世界初!シンガポールOsomeFoodが開発したマイコプロテイン…
  3. Shiruが「見た目も挙動も動物油脂のような」植物性代替脂肪「O…
  4. 【創業者インタビュー】精密発酵でヒト母乳タンパク質を開発するPF…
  5. 精密発酵プラットフォーマーのLiberation Labsが約2…
  6. 牛を使わずに本物と同等のカゼインを開発するエストニア企業ProP…
  7. GOOD Meat、シンガポールでアジア最大の培養肉工場を着工
  8. 大手プロテインブランドMyproteinが精密発酵タンパク質を使…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

機能性成分としての培養タンパク質粉末を開発する韓国のSimple Planet、年内に北米支店を設立

韓国の培養肉企業Simple Planetは今年後半に北米に支店を設立し、商品化…

韓国の培養肉企業SeaWith、2030年までに培養ステーキ肉を1kgあたり3ドルへ

培養肉を開発する韓国企業Seawithが、新たな目標を発表した。同社はこ…

そら豆を原料に代替卵を開発するPerfeggtが約4.9億円を調達

ドイツの代替卵スタートアップ企業Perfeggtは先月、プレシードラウンドの調達…

代替肉のネクストミーツが新潟に代替肉の自社工場を建設、2022年夏の稼働を目指す

代替肉企業ネクストミーツが代替肉の製造に特化した自社工場「NEXT Factor…

パーフェクトデイ、精密発酵の「biology-as-a-service」を本格始動

食用タンパク質で精密発酵をリードする米パー​​フェクトデイ(Perfect Da…

米MeliBioが欧州進出を拡大、植物性ハチミツをスイスとオーストリアで発売

米MeliBioが開発した植物性のビーガンハチミツが、イギリスでの発売に続き、ス…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/14 12:07時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/13 21:24時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/14 00:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/14 17:58時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/14 10:45時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/14 20:57時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP