Foovo Deep

NewFishが微細藻類由来のタンパク質粉末を開発、米国スポーツ栄養市場進出を目指す

 

微細藻類を活用した代替タンパク質を開発するニュージーランドのNewFishは今月、微細藻類由来の「Marine Whey Protein」のプロトタイプを発表した

「Marine Whey Protein」はスポーツや栄養補給のためのタンパク質80%を含む濃縮粉末となり、牛由来のホエイタンパク質に近い栄養特性を備えたものとなる。

同社は2023年年末までにプロトタイプ開発を目標としていたが、予定よりも前倒しでプロトタイプ開発を実現した

NewFish、微細藻類由来の「Marine Whey Protein 80」プロトタイプを開発

出典:NewFish

2020年に設立されたNewFishは、微細藻類技術を活用し、高栄養価でタンパク質が豊富な食品原料を開発・製造している。同社はこれまでに、微細藻類株を探索し、人間の栄養に適した成長条件を最適化するため、ニュージーランド第一産業省のファンドから支援を受けている

今月にはノルウェー・オスロに拠点を置くアクセラレーターKatapult Oceanから資金提供を受けた。

NewFishは、世界62ヵ国から2500社が応募したKatapult Oceanのアクセラレータープログラムに採択された23社のうちの1社となった。このプログラムは影響力の大きい海洋・気候テック企業向けに特別に用意されたものとなる。

NewFishはKatapult Oceanから提供される資金を活用し、自社の微細藻類由来原料の第2段階の開発を進める。また、チームを強化し、今後進出を目指すアメリカのスポーツ栄養市場で自社原料を商用化させるために必要な研究開発を進める考えだ。

米国スポーツ栄養市場への進出に向けた提携

出典:Market.us

NewFishは微細藻類タンパク質でアメリカのスポーツ栄養市場に進出するため、今年5月にシカゴに拠点を置くSocius Elementsと共同開発提携を締結した。

Market.usによると、世界のスポーツ栄養市場規模は2022年の421億ドル(約6兆2000億円)から2032年には約860億ドル(約12兆8000億円)と、2倍に成長することが予測されている

プロテインサプリメントは当初、アスリートやボディビルダーに限定されていたが、現在では一般消費者へも浸透しており、健康的なライフスタイルの維持に関心を持つあらゆる階層の人々によって消費されていると同レポートは指摘している。

微細藻類でタンパク質を開発する海外企業6社

出典:Smallfood

今回取り上げたNewFishのほかにも、微細藻類を活用した食用成分の開発は昨今盛んになっている。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:NewFish

 

関連記事

  1. ヘンプシードとかぼちゃの種から生まれた植物性チーズ: Seedu…
  2. カナダのBurcon NutraScienceはヒマワリの圧搾粕…
  3. ケーキも作れる代替卵のスタートアップZero Eggが約5億2千…
  4. イスラエルのMarineXcell、独自の核初期化技術で細胞培養…
  5. ポーランドのFresh Insetが開発した鮮度保持シール「Vi…
  6. 代替肉のビヨンド・ミートがマクドナルド、ヤム・ブランズとの提携を…
  7. モサミートが培養肉の工業生産に向けて生産施設を拡大
  8. 農家に植物の「内なる声」を伝えるInnerPlantが約6.2億…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

培養肉スーパーミート、スイス小売大手のミグロスと提携

イスラエルの培養肉企業スーパーミート(SuperMeat)は26日、スイスのスー…

幅広い植物肉製品を開発するHungry Planetが約27億円を調達

植物性の代替肉を開発するHungry PlanetがシリーズAラウンドで2500…

GOOD Meatがシンガポールで培養鶏肉の販売を一時停止、再開に向けて準備中

世界で最初に培養肉を販売したイート・ジャストの培養肉部門GOOD Meatが、シ…

発酵技術で代替シーフードに挑むAqua Cultured Foodsがプレシードで約2億4000万円を調達

微生物発酵でシーフードを開発する米Aqua Cultured Foodsがプレシ…

砂糖削減テックのIncredoが約42億円を調達、商用化を加速

砂糖削減ソリューションを提供するイスラエル企業DouxMatokは今月、シリーズ…

農林水産省が培養肉、CO2タンパク質生産、泡盛粕のアップサイクル、代替卵などのフードテック企業へ補助金を交付|中小企業イノベーション創出推進事業第1回採択結果

農林水産省中小企業イノベーション創出推進事業の第1回公募の採択結果が発表された。…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/18 12:26時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/17 21:43時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/18 01:20時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/17 18:18時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/18 11:01時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/17 21:15時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP