アグテック(AgTech)

  1. 「米ぬか」をタンパク質源に:食糧と競合しない米タンパク質で収益性の高い稲作へ|FABEXセミナーレポ

    畜産に伴う環境負荷、世界人口の増加による食料需要に対応するため、代替タンパク質はすでに世界的なトレンドとなっている。代替タンパク質の中でも近年増えているのが植物タンパク質だ。植物タンパク質源としてよく知られるもの…

  2. イリノイ州が精密発酵の推進に向けて、iFAB Tech Hubに約1030億円の出資を発表

    アメリカ・イリノイ州は今月、精密発酵によるバイオものづくりを推進するiFAB T…

  3. 果物の鮮度保持シールStixFRESHを開発する米Ryp Labs、ベリー向けに商用化を発表

    果物の鮮度を2倍に伸ばす独自シールを開発する米Ryp Labsが、ベリー向けの鮮…

  4. ゲノム編集で食・農業の変革を目指す米Pairwiseが新たな戦略を発表

    ゲノム編集技術を活用して農産物を開発する米Pairwise(ペアワイズ)は先月、…

  5. ポーランドのFresh Insetが開発した鮮度保持シール「Vidre+」: 葉物野菜の鮮度を24日間に延長

    24日目のルッコラの比較。右がVidre+使用ほうれん草、ルッコラなど葉物野菜の鮮度を保持できる…

  6. バナナの追熟をAIで予測する米Strellaのソリューション

  7. Index Biosystemsが開発したバイオ由来の微細バーコード「BioTags」、包装に依存しないトレーサビリティソリューション

  8. メタン生成を阻害する飼料を精密発酵で開発するNumber 8 Bioが約1.7億円を調達

  9. 米Pairwise、アメリカ初のCRISPR編集食品を発売

  10. 家庭生ゴミを鶏の飼料に変える米Millが開発したキッチンデバイス

  11. Calystaの単細胞タンパク質FeedKind、水産養殖への使用で米国GRAS認証を取得

精密発酵レポート好評販売中

最新記事

PAGE TOP