Foovo Deep

カナダのTerra Bioindustries、使用済み穀物由来タンパク質でカナダ当局から認可を取得、今年後半に市場投入へ

使用済み穀物「Protina」を使用したバーガー試作品(出典:Terra Bioindustries)

 

カナダ、トロントに拠点を置くフードテック企業Terra Bioindustriesは今年2月、使用済み穀物を100%アップサイクルした植物タンパク質「Protina」について、カナダ保健省から「異議なし」のレターを受領したことを発表した。これにより、カナダ全域で「Protina」を食品用途に使用できるようになった。

大部分が動物飼料に活用されてきた使用済み穀物を、人間用の代替タンパク質にアップサイクルする取り組みは世界各地で進んでおり、スイスでは代替肉がスーパーマーケットに導入されるなどしている。

Terra Bioindustries、使用済み穀物でカナダ当局から認可を取得

出典:Terra Bioindustries

使用済み穀物はビール醸造後に残る残留物で、ビール生産における主要な廃棄物となっている。世界では毎年約3,640万トンの使用済み穀物が生じており、温室効果ガス排出の要因にもなっている

Terraは、使用済み穀物の可能性に着目したSteve George氏Ricardo Martinez氏により2019年に設立された。2人は穀物を粉砕し、機能性を損なうことなく貴重な成分を分離するプラットフォームを開発した。

George氏は、使用済み穀物の約70%が家畜の飼料に、約20%が埋め立てに、約9%が堆肥に、そして人間の食品用などの利用は1%未満にとどまる現状を指摘したうえで、競合他社の存在に関わらず「巨大なチャンスがあります」とAgFunderによるインタビューで述べている。

Terraは現在、使用済み穀物をアップサイクルして2つB2B原料を開発している。植物タンパク質「Protina」と代替糖「Recyclose」だ。Terraはさらに、同じプラットフォームを使用して使用済み穀物から新製品の開発も模索している

アメリカでも「Protina」の承認申請を開始

出典:Terra Bioindustries

Terraは2023年8月、カナダ保健省に最初の申請を行った。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Terra Bioindustries

 

関連記事

  1. ホールカットの植物サーモンを開発するOshi、年内にアメリカで発…
  2. 赤い微細藻類で代替肉を「血の滴る肉」に変えるイスラエル企業Yem…
  3. UMAMI UNITEDの植物性代替卵「UMAMI EGG」が都…
  4. イスラエルのEver After Foodsが「破壊的な」培養肉…
  5. イスラエルのWilk、研究室でヒトラクトフェリンの生産に成功
  6. 極限環境微生物で代替パーム油を開発するシンガポール企業Biteb…
  7. 菌糸体肉の米Meati Foodsが約155億円を調達、6000…
  8. シンガポールの代替肉企業Next Genがシードで約10億円を調…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

食品ロスに取り組むFlashfoodが約14.7億円を調達、アメリカ食料品店との連携を強化

食品ロスに取り組むアプリを提供しているカナダ企業FlashfoodがシリーズAで…

アレフ・ファームズがスイス当局に培養肉の申請を提出、欧州で初

イスラエルの培養肉企業アレフ・ファームズ(Aleph Farms)は欧州連合(E…

おいしい水分補給の実現を目指すCirkulが約32億円を調達

美味しい水分補給の実現を目指すCirkulが、シリーズBラウンドで3000万ドル…

イスラエルのImagindairy、精密発酵乳タンパク質を生産する工業規模の自社生産ラインを発表

イスラエルの精密発酵企業Imagindairyが、アメリカでのGRAS認証取得に…

空気と電気からタンパク質を作るSolar Foodsが約5億4千万円を調達、2022年までに生産工場稼働へ

このニュースのポイント●フィンランドSolar …

ジャガイモで乳タンパク質を開発|イスラエルのFinally Foodsがプレシード資金を調達

イスラエルの植物分子農業企業Finally Foodsは今月、The Kitch…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(06/21 12:46時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(06/20 22:10時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(06/21 01:48時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(06/20 18:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(06/21 11:15時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(06/20 21:34時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP