アグテック(AgTech)

【5/29】持続可能な畜産業に向けた江田畜産の挑戦|畜産セミナー開催のお知らせ

 

代替タンパク質の最新動向を発信してきたFoovoが、今回は畜産農家発スタートアップ企業をお招きします。

培養肉や植物肉、精密発酵などの代替タンパク質が開発される背景には、畜産による環境負荷、動物愛護、人口増加の問題があります。一方で、畜産業界は深刻な飼料高騰や後継者不足、DXの遅れなど、多岐にわたる課題に直面しています。

そこで、第14回Foovoセミナーでは、宮崎県高原町で4代続く畜産農家より設立された江田畜産株式会社・共同創業者兼COOの田中伶氏をお招きし、畜産業界の現状、課題解決に向けた同社の取り組みをご紹介いただきます。

畜産農家の方と代替タンパク質に関心のある方が共に、より持続可能で効率的な畜産業の未来を考える機会にしたいと考えております。畜産業界が直面する課題に対する新たな視点を得る貴重な機会です。皆様のご参加を心よりお待ちしています。

 

■セミナー概要

  •    テーマ:持続可能な畜産業に向けた江田畜産の挑戦
  •    日時:2024年5月29日(水)10:00-11:00
  •    場所:Zoomウェビナー(オンライン開催のみ)
  •    対象:Foovo会員の方

※リアルタイムで参加できない方向けの録画配信あり

 

 

■当日の流れ(予定)

10:00-10:05   開始の挨拶(Foovo佐藤)

10:05-10:45頃 田中氏ご講演(約30-40分)

10:45-11:00    ZoomQ&Aによる質疑応答(約10分)

11:00 終了

 

 

■登壇者

田中 伶氏

江田畜産株式会社 取締役COO/共同創業者

新卒でベイカレント・コンサルティングに入社し、営業/人事/採用業務をはじめ戦略/DXコンサルタントとして活動。

2023年6月に同社を退職し、和牛農家の4代目である代表の江田と共に江田畜産株式会社を設立。経営企画、ファイナンス、営業・マーケティングなどを幅広く担当。持続可能な畜産産業を作るべく、ブランディングによる業界売上向上やソフトバンク社/TTDC社とのスマート畜産による効率化、サステナブルな生産などに取り組む。

 

 

■参加方法

  • Foovo会員限定となります。
  • Foovo会員の方には5月14日(火)午後にウェビナーお申込みページを送付しました。受領されていない方はお手数ですが「主催」欄にある下記連絡先までご連絡ください。
  • 開催後、録画動画をFoovoにアップします。
  • 5月15日以降に会員登録された方には個別にお申込みページをお送りします。

これから会員登録される方は、こちらのページからお申込みください
★お手続きは2分で終わります。

 

■主催

主催:フードテック専門メディア「Foovo」(Foovo合同会社)

セミナーに関するお問い合わせは下記までお寄せください。
contact@foovo.co.jp

 

過去のFoovoセミナーこちらからご覧いただけます(会員の方のみ視聴可/アーカイブ動画があるもののみ)。

 

▼過去の開催セミナー動画(一部)

 

関連記事

  1. フードテックで注目|精密発酵セミナー開催のお知らせ
  2. 果物の鮮度保持シールStixFRESHを開発する米Ryp Lab…
  3. 【12/8】Foovoイベント開催のお知らせ|代替タンパク質スタ…
  4. 小麦胚芽由来の低コスト成長因子を開発する名大発スタートアップNU…
  5. 【8/9】培養肉動向セミナー開催延期のお知らせ
  6. 植物工場のスプレッドが40億円を調達、代替肉・いちごの新規事業を…
  7. 精密発酵セミナー動画-2022年1月開催-
  8. Apeel Sciencesが約31億円を資金調達、小規模農家の…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

Esco Asterが培養肉の製造承認をシンガポールで取得

シンガポールの医薬品受託製造開発機関(CDMO)であるEsco Asterが、シ…

イスラエル農務省が設立した培養ティラピアを開発する培養魚企業E-FISHient

イスラエルで新たに培養シーフード企業E-FISHientが設立された。イ…

黄身・白身・殻を再現した植物性代替卵を開発するNeggstが約6.9億円を調達

ドイツ、ベルリンを拠点とする代替卵スタートアップのNeggstは、シードラウンド…

サケ・マス・コイを開発する欧州初の培養魚Bluu Biosciencesが約9億円を調達

ドイツの培養魚スタートアップ企業Bluu Biosciencesが700万ユーロ…

スイスのPlanted、発酵技術を使用した植物性ステーキを欧州3カ国で発売

欧州の代表的な植物肉企業であるスイスのPlantedは先月、独自の発酵プロセスを…

植物肉企業Plantedが約100億円を調達、植物由来の鶏胸肉を発売

植物由来の代替肉を製造販売するスイス企業Plantedは1日、シリーズBラウンド…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/21 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/20 21:44時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/21 01:22時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/21 18:20時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/21 11:03時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/20 21:17時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP