Foovo Deep

塩生植物からルビスコタンパク質を抽出するThe Leaf Protein Co.が約1.3億万円を調達

2024年6月20日 情報を追記

 

食品メーカー向けにB2B原料として葉由来のタンパク質を開発するオーストラリア企業The Leaf Protein Co.は今月、85万ドル(約1億3400万円)を調達した

地球上で最も豊富なタンパク質「ルビスコ」

出典:The Leaf Protein Co.

大豆、エンドウ豆など植物由来の代替肉開発に取り組む他社と異なり、The Leaf Protein Co.は葉に存在するルビスコに着目した。

ルビスコは光合成の二酸化炭素固定における最初の反応を触媒する酵素であり、植物の葉に多量に蓄積され、地球上で最も豊富なタンパク質だといわれている

The Leaf Protein Co.によると、同社タンパク質はバランスの取れた完全な必須アミノ酸プロファイルを誇り、乳化性、ゲル化性、起泡性、飲料向けの優れた溶解性も備えているという

同社が使用する植物の1つが、乾燥した条件でも栽培でき、干ばつに強く、土壌を改善できるオーストラリア固有のソルトブッシュだ。ソルトブッシュは葉に塩分を含む多年生植物であり、商用作物の栽培が難しい場所でも栽培できる強みがある

The Leaf Protein Co.は数年前から、植物タンパク質の新たな供給源としてソルトブッシュの可能性に着目してきた

ゲル化性、乳化性などの有望な特性を備えた葉由来タンパク質は、その優れた特性から消費者が受け入れやすい天然成分になると同社は考えている

ルビスコの食品利用における課題

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:The Leaf Protein Co.

 

関連記事

  1. The Every Company、世界初の精密発酵タンパク質を…
  2. スイスの小売大手ミグロスがビーガンゆで卵を発売
  3. ドイツのPlanet A Foodsが代替チョコレートをスーパー…
  4. Apeel Sciencesが約31億円を資金調達、小規模農家の…
  5. オランダの培養肉企業Meatableが約51億円を調達、来年にシ…
  6. コーヒー豆の品質評価を自動化するDemetriaが約3億2千万円…
  7. ImpacFatが世界で初めて培養魚脂肪の試食会を実施
  8. 酵母由来の代替パーム油を開発するオランダのNoPalm Ingr…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

3Dプリンターを活用した培養肉の自動生産を目指して大阪大学・島津製作所が協業

大阪大学、島津製作所、シグマクシスは「3Dバイオプリント技術の社会実装」に向けた…

培養魚のブルーナル、粗利率75%を達成するための技術開発を発表

培養魚を開発する米ブルーナル(BlueNalu)は、大量生産に向けた運用コスト・…

ソーラーフーズ、シンガポールでソレインの販売認可を取得

二酸化炭素と微生物を活用して代替タンパク質ソレインを開発するソーラーフーズ(So…

Change FoodsがUAEへの精密発酵タンパク質の工場計画を発表

精密発酵スタートアップのChange Foodsは、アニマルフリーな乳タンパク質…

マイコプロテインの英ENOUGHが年産1万トンの工場をオランダに建設、年内上市を計画

マイコプロテインを使った代替タンパク質を製造するイギリスのENOUGH(旧称3F…

中国代替肉企業Hey MaetがプレシリーズAで数百万ドルを資金調達

コロナ後に誕生した中国発の代替肉スタートアップ企業Hey Maetが再び資金調達…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,760円(07/14 13:03時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(07/14 22:28時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/15 02:14時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/14 18:57時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(07/14 11:31時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/14 21:54時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP