Foovo Deep

「米ぬか」をタンパク質源に:食糧と競合しない米タンパク質で収益性の高い稲作へ|FABEXセミナーレポ

 

畜産に伴う環境負荷、世界人口の増加による食料需要に対応するため、代替タンパク質はすでに世界的なトレンドとなっている。

代替タンパク質の中でも近年増えているのが植物タンパク質だ。植物タンパク質源としてよく知られるものは大豆やオーツ麦だが、食糧と競合しない非可食部由来のタンパク質の必要性に着目したのが、タイ・チェンマイ大学客員教授(前山形大学農学部教授)の渡辺昌規氏だ。

渡辺氏は、食料自給率がカロリーベース、生産額ベースでも低い日本において、ほぼ100%の自給率を誇る米に由来するタンパク質は、稲作の収益性を高める新たなタンパク質供給源になると考えている。

東京ビッグサイトで開催されたファベックスFABEX2024で今月11日、「持続可能な稲作、プロテインクライシスに対応する米由来タンパク質の可能性」と題するセミナーが開催された。米ぬか由来のタンパク質にはどんな可能性があるのか。セミナーの内容を伝える。

食糧と競合しない非可食部位:脱脂米ぬか

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

アイキャッチ画像:Foovo佐藤撮影

 

関連記事

  1. 米培養肉企業New Age Eatsが閉鎖を発表「投資を呼び込め…
  2. 香港グリーンマンデーがイギリス飲食店に進出、今年中に本格展開へ
  3. 中国バーガーキングが植物肉バーガーを発売開始
  4. 菌糸体から代替肉を作るAtlast Foodが約43億円を調達
  5. クラフト・ハインツがAIを活用するフードテック企業NotCoと合…
  6. 細胞培養で母乳を開発するTurtleTreeがラクトフェリン粉末…
  7. イスラエルのImagindairyは精密発酵でアニマルフリーな乳…
  8. 代替肉ブランドTiNDLEを開発するNext Gen Foods…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

黄身・白身・殻を再現した植物性代替卵を開発するNeggstが約6.9億円を調達

ドイツ、ベルリンを拠点とする代替卵スタートアップのNeggstは、シードラウンド…

ドローンによる「空飛ぶ」果実収穫ロボットを開発したTevel Aerobotics Technologies、日本進出も計画

イスラエルのスタートアップ企業Tevel Aerobotics Technolo…

オーストラリアの培養羊肉企業Magic Valley、アニマルフリーな「骨付きラムチョップ」の開発も視野に

現在、世界には60社ほどの培養肉企業があるが、スタートアップの多くは、牛肉、豚肉…

米パーフェクトデイがシンガポールに研究開発拠点を設置、2021年4月に稼働を開始

このニュースのポイント●米パーフェクトデイがシン…

砂糖削減・代替砂糖ソリューションを開発するスタートアップ企業13社まとめ

砂糖の過剰摂取による健康上の不安から、砂糖のイノベーションに取り組むスタートアッ…

精密発酵でヘムを開発するPaleoが約17億円を調達、植物性食品に「本物の肉の味」を提供

精密発酵でヘムを開発するベルギー企業Paleoは今月、シリーズAラウンドで120…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/21 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/20 21:44時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/21 01:22時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/21 18:20時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/21 11:03時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/20 21:17時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP