フードロス

香港IXON社が肉を2年間常温保存できるASAP技術を開発

 

香港のスタートアップIXON Food Technology画期的な食品保存方法を発表した。

ASAPと呼ばれるこの手法を使うと、低温調理肉をおいしい状態で最長2年間保存できるという。しかも、冷蔵庫や保存料を使わないというから驚きだ。

缶などほかの保存方法では、食品を高温滅菌するが、滅菌によって食品の水分や風味が失われてしまう。IXONの技術を使うと、缶よりも穏やかな60度で食品を滅菌することで、食品の水分と風味を保持できるという。

保存料は一切使用していない。保存料なしで2年間常温保存できる秘密は、特許出願中のASAP技術にある。

出典:IXON

ASAP技術をひとことでいうと、部位によって滅菌アプローチを変えている

滅菌する部位を、

●肉の表面

●肉内部のコア部分

●包装パック内の液体ソース

●包装材

と異なる構成部位に分け、それぞれに対し異なる滅菌アプローチを施している。

特許(CN110024936A)によると、ASAPの手順は具体的に次のようになる。

特許明細書(CN110024936A)をもとに、運営者がIXONのASAP技術を図解したもの

 

①肉表面を高温で処理する(181℃で10秒)

 

②液体ソースを121℃で20分~60分処理する

 

③包装材を121℃で15分間滅菌する

 

④肉を包装材に入れる

 

⑤80~95℃の環境下で肉が入った包装材に液体ソースを投入する

 

⑥肉と液体ソースを含んだ包装材を密封し、60~80℃で1~24時間、熱処理する

 

 

つまり、対象部位によって滅菌温度を変えることで、おいしさ・風味を損なうことなく保存に成功している。

IXONのASAP技術には次のようなメリットがあり、商用化されたら画期的な技術になるだろう。

●フードロス削減

●冷蔵・輸送に必要なエネルギー節約

●サステイナブル

●料理の効率向上

 

冷蔵する場合と比べ80%缶による保存と比べ30%のエネルギーを節約できる。

冷蔵を必要としないため、冷蔵庫のない地域の長期保存に役立つほか、輸送に必要な冷蔵コストを削減できる。

IXONはクラウドファンディング・キックスターターで134万円の目標額を大幅に上回る394万円を調達しており、米国、欧州、中国で特許・商標登録を出願中。

IXONのほかにも、食品の保存期間延長に取り組む企業はある。野菜・果物の鮮度を保持するコーティング技術を開発したApeelは今月約31億円を調達しているが、IXONのように肉の保存期間延長に焦点をあてている企業は珍しい。

IXONが扱う肉は本物の肉で、植物をベースにしたり、細胞から培養する代替肉ではないが、IXONの技術が商用化されれば、フードロス問題に一石を投じることは間違いない。

 

 

参考記事

A Revolutionary Way to Preserve Meat: IXON Food Technology Develops Innovative Energy-Efficient Method to Safely Keep Meat Fresh For Up to Two Years

IXON特許明細書:CN110024936A(用于制备食物的方法)

IXON Food Technology Claims to Keeps Meat Fresh For Two Years

 

 

関連記事

  1. 砂糖削減に取り組むBetter Juice、ドイツにパイロット施…
  2. Evigence Sensorsが約23億円を調達、食品鮮度をリ…
  3. 豆を使わずに細胞培養コーヒーを開発するフランス企業STEM
  4. Better Juiceの砂糖削減技術を使用したフルーツジュース…
  5. Apeel Sciencesが約31億円を資金調達、小規模農家の…
  6. 精密発酵により代替タンパク質を開発する企業24社
  7. イスラエルDouxMatokの砂糖を減らしても甘さが変わらない画…
  8. 「食べられる」食品包装用フィルムをインド・ロシア研究チームが開発…

おすすめ記事

「代替タンパク質大国」を目指すイスラエルの今をクローズアップ-2022年2月-|市場動向・新規スタートアップ企業・研究者・政府の動き

イスラエルの代替タンパク質企業は100社以上に上り、うち40%がブレイクスルー技…

Redefine Meatが3Dプリント肉を2021年前半に販売、イスラエルの食肉販売会社と提携

3Dプリンターを使って植物ベースの代替肉を開発するイスラエル企業Redefine…

パーソナライズ化された次世代自販機のBolkが約5億円のシード資金を調達

次世代自販機を開発するBolkが、シードラウンドで400万ユーロ(約5億2000…

カンガルーの培養肉を開発するオーストラリア企業Vow、食の変革に挑む

培養肉といえば、牛、豚、鶏、魚を思い浮かべることが多いが、オーストラリアのフード…

【2021年10月】代替シーフードの投資動向/大手、スタートアップの参入・提携状況

本記事は、2021年1月~9月までの代替シーフードの投資状況、大手×スタートアッ…

Basil Streetがピザ自販機をアメリカの国際空港に導入、1年半で200の空港へ拡大予定

ピザ自販機を開発するアメリカのBasil Streetは、食品・ドリンクの自動販…

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(01/27 17:00時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/27 20:33時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,100円(01/27 14:14時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(01/27 06:53時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
398円(01/27 16:35時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP