フードロス

香港IXON社が肉を2年間常温保存できるASAP技術を開発

 

香港のスタートアップIXON Food Technology画期的な食品保存方法を発表した。

ASAPと呼ばれるこの手法を使うと、低温調理肉をおいしい状態で最長2年間保存できるという。しかも、冷蔵庫や保存料を使わないというから驚きだ。

缶などほかの保存方法では、食品を高温滅菌するが、滅菌によって食品の水分や風味が失われてしまう。IXONの技術を使うと、缶よりも穏やかな60度で食品を滅菌することで、食品の水分と風味を保持できるという。

保存料は一切使用していない。保存料なしで2年間常温保存できる秘密は、特許出願中のASAP技術にある。

出典:IXON

ASAP技術をひとことでいうと、部位によって滅菌アプローチを変えている

滅菌する部位を、

●肉の表面

●肉内部のコア部分

●包装パック内の液体ソース

●包装材

と異なる構成部位に分け、それぞれに対し異なる滅菌アプローチを施している。

特許(CN110024936A)によると、ASAPの手順は具体的に次のようになる。

特許明細書(CN110024936A)をもとに、運営者がIXONのASAP技術を図解したもの

 

①肉表面を高温で処理する(181℃で10秒)

 

②液体ソースを121℃で20分~60分処理する

 

③包装材を121℃で15分間滅菌する

 

④肉を包装材に入れる

 

⑤80~95℃の環境下で肉が入った包装材に液体ソースを投入する

 

⑥肉と液体ソースを含んだ包装材を密封し、60~80℃で1~24時間、熱処理する

 

 

つまり、対象部位によって滅菌温度を変えることで、おいしさ・風味を損なうことなく保存に成功している。

IXONのASAP技術には次のようなメリットがあり、商用化されたら画期的な技術になるだろう。

●フードロス削減

●冷蔵・輸送に必要なエネルギー節約

●サステイナブル

●料理の効率向上

 

冷蔵する場合と比べ80%缶による保存と比べ30%のエネルギーを節約できる。

冷蔵を必要としないため、冷蔵庫のない地域の長期保存に役立つほか、輸送に必要な冷蔵コストを削減できる。

IXONはクラウドファンディング・キックスターターで134万円の目標額を大幅に上回る394万円を調達しており、米国、欧州、中国で特許・商標登録を出願中。

IXONのほかにも、食品の保存期間延長に取り組む企業はある。野菜・果物の鮮度を保持するコーティング技術を開発したApeelは今月約31億円を調達しているが、IXONのように肉の保存期間延長に焦点をあてている企業は珍しい。

IXONが扱う肉は本物の肉で、植物をベースにしたり、細胞から培養する代替肉ではないが、IXONの技術が商用化されれば、フードロス問題に一石を投じることは間違いない。

 

 

参考記事

A Revolutionary Way to Preserve Meat: IXON Food Technology Develops Innovative Energy-Efficient Method to Safely Keep Meat Fresh For Up to Two Years

IXON特許明細書:CN110024936A(用于制备食物的方法)

IXON Food Technology Claims to Keeps Meat Fresh For Two Years

 

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。  

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。  

メールマガジンにご登録いただくと、

週に1回、フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. コーヒー副産物のアップサイクルに取り組むKaffe Bueno、…
  2. 家庭用チョコレートメーカーChocomake|自分好みのチョコ作…
  3. ミツバチを使わない「本物のハチミツ」を開発する米MeliBio
  4. まだ食べられる食品を定期宅配するImperfect Foodsが…
  5. 漁業者と消費者をダイレクトにつなげるE-Fish、48時間以内に…
  6. ゲノム編集で野菜・果物に新しい命を吹き込む米Pairwiseが約…
  7. 誰もが食べられるグルテンを開発するUkko、食品アレルギーにパラ…
  8. 主食のイノベーションに挑む日本企業ベースフード、目指すのは「健康…

おすすめ記事

誰もが食べられるグルテンを開発するUkko、食品アレルギーにパラダイムシフトを起こす

Beyond Celiacによると、1800万人のアメリカ人がグルテンアレルギー…

AIを活用するチリ企業The Live Green Coが植物性アイスクリームを発売

代替タンパク質に使われる原料は、大豆、えんどう豆、ひよこ豆から、菌糸体など菌類を…

中国の植物肉ブランドHey Maetが資金調達に成功、中国全土への展開を狙う

中国の植物肉ブランドHey MaetはShuangta Food(双塔食品)より…

米国IPOを目指すMeat-Techが3Dプリンターで10mmの牛脂肪構造の作製に成功

このニュースのポイント Meat-Tech 3…

スイス初の培養肉企業Mirai Foodsが初の資金調達、培養肉の市販化を目指す

スイスの培養肉企業Mirai Foodsが初となるシードラウンドで210万スイス…

食品ロスに取り組むToo Good To Goが約31億円を調達、米国での進出拡大へ

フードロスに取り組むデンマーク企業Too Good To Goが2570万ユーロ…

フードテックを理解するのに役立つ書籍

 

 

 

情報を論理的に読み解く方法を学べる書籍

【運営者おすすめ】

 

▼今ならKindle unlimitedで無料で読めます▼

 

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP