代替プロテイン

英Ivy Farm、欧州最大の培養肉パイロット工場をオープン

 

イギリスの培養肉スタートアップIvy Farmが、培養肉のパイロット工場を正式に開設したことを発表した

イギリス、オックスフォードに設置された18,000平方フィート(1672㎡)の施設は、年間2.8トンの培養肉を生産でき、Ivy Farmによると欧州最大規模となる。

培養肉では欧州最大の施設を開設したことで、同社はコスト削減とスケールアップの実現にさらに近づいたことになる。

欧州最大の培養肉パイロット工場がオープン

出典:Ivy Farm

オックスフォード大学のスピンオフベンチャーであるIvy Farmは、農家・肉屋出身のRuss Tuckerが2021年に設立した。Ivy Farmは培養ソーセージを開発しており、昨年12月にはイギリスで広く展開している小売業者Heck Foodsと、培養ソーセージを導入するための提携に向けた交渉をしていることが報じられた

新しいパイロット工場はオックスフォード大学近郊に位置し、生産プロセスで使用する600Lのバイオリアクターが設置されている。これにより、Ivy Farmの新規製造プロセスを微調整するプラットフォームが提供されるという。

CEOのRichard Dillion氏 出典:Ivy Farm

CEOのRichard Dillion氏は、「欧州最大のパイロット工場を建設し、研究開発施設を拡張したことで、地球、人そして動物のために罪悪感のない本物の肉を生産するという私たちの使命に向かって大きな一歩を踏み出せました」とコメントしている。

約1600㎡のこの施設にはパイロット工場、ラボ施設、オフィススペースとイノベーションキッチンが収容されている。新しいオフィスには約50名の研究チームが配属され、イノベーションキッチンでは、社内の研究者やシェフが同社の培養ひき肉を調理して実験することができるという。

イギリスの培養肉市場は8年後に最大2700億円規模に成長

出典:Oxford Economics

CE Delftのレポートは、培養肉は従来の畜産と比較して、炭素排出量を最大92%削減し、土地利用を95%削減できると試算している。

オックスフォード・エコノミクスがIvy Farmと共同で昨年発表したレポートによると、培養肉業界は2030年にはイギリスGDPに21億ポンド(約3300憶円)を超える付加価値をもたらす可能性をひめており、同年には9,200~16,500の雇用を生み出す可能性があるという

同レポートはさらに、イギリスの培養肉市場は2030年には8億5000万ポンド(約1300憶円)~17億ポンド(約2700憶円)になると予想。これは、2020年のコーヒーや卵に対するイギリス消費に近く、市場シェアの90%が小売、残りが外食産業で発生すると予想される。

Ivy Farmは2023年までに小売やレストランを通じてソーセージやミートボールなどひき肉ベースの培養肉製品の上市を目指している。同社は2025年までに培養豚肉の年12,000トン生産を目標としている

出典:Ivy Farm

イギリス、欧州では培養肉の認可を取得した企業はまだなく、予定通りに進むかは規制プロセスに左右されるところが大きい。

ドイツのBluu Seafoodのように、認可事例のあるシンガポール上市を優先する企業もあり、欧州を拠点としていても、最初に認可がおりる国が欧州になるとは限らない。

認可を取得し、スーパーに培養肉製品が陳列されるまであと数年はかかると予想されるが、Ivy Farmのほかにも、イスラエルの培養肉企業Steakholder Foods(旧称MeaTech)の子会社Peace of Meatが来年ベルギーに約2000㎡のパイロット工場の稼働計画を進めるなど、社会実装に向けた取り組みが進められている。

 

参考記事

Ivy Farm Unveils Europe’s Biggest Cultivated Meat Pilot Production Facility

Unveiling Europe’s ‘largest’ cultivated meat pilot plant

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Ivy Farms

 

関連記事

  1. 培養肉企業モサミートが約20億円を調達、三菱商事も出資に参加
  2. 動物を使わずに「牛乳」を開発するイスラエルRemilkが約11億…
  3. ビヨンドミートとペプシコがジョイントベンチャーThe PLANe…
  4. インドの代替卵企業Evo Foodsが約8900万円を調達
  5. 植物性刺身を開発するOcean Hugger Foodsが復活|…
  6. 「発酵」で免疫力のある代替母乳の開発に挑むアメリカ企業Helai…
  7. 米Meati Foodsが菌糸体由来の代替肉を製造する生産工場「…
  8. 培養肉用の安価な足場を開発するGelatexが約1.3億のシード…

おすすめ記事

酵母で油脂を開発するMelt&Marbleが約9600万円のシード資金を調達

発酵技術により油脂を開発するスウェーデン企業Melt&Marbleが、シ…

ドイツ発のAitmeはキオスク型自律調理ロボットを開発

ベルリンを拠点とするスタートアップ企業Aitmeは完全自律型のロボットレストラン…

Melt&Marble、精密発酵による油脂のプロトタイプを発表

精密発酵によりカスタマイズ可能な動物油脂開発に取り組むスウェーデン企業Melt&…

Amazonで圧倒的な高評価を誇る家庭用カクテルロボットのBartesianが約21億円を調達

家庭用カクテルロボットを開発するBartesianがシリーズAラウンドで2000…

Aleph Farmsと三菱商事が日本での培養肉導入に向けて協業

イスラエルの培養肉スタートアップAleph Farms(アレフファームズ)と三菱…

菌類由来の熱安定性に優れたビーガン着色料を開発するMichromaとは

アルゼンチンのMichroma(ミクロマ)は菌類を活用してビーガンな赤色着色料の…

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(02/07 17:04時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(02/07 20:40時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(02/07 14:18時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(02/07 07:04時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
398円(02/07 16:42時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP