包装

Impact Snacksが世界初のカーボンポジティブな植物性スナックバーを開発、包装材料も分解可能

(出典:Impack Snacks)

イギリスのスタートアップImpact Snacksは、排出する二酸化炭素量を100%相殺できるスナックバーを開発した。

世界初となるカーボンポジティブな植物性スナックバーの登場だ。

スナックバーの成分だけでなく、包装材料までヴィーガンフレンドリーになっている。

今月、キックスターターのキャンペーンが始まるとわずか1日で目標の約210万円(2万ドル)を超え、現時点で424万円に達している。

Impack Snacksの創始者:Corey Nobile(左)とNick Oliveri(右) (出典:Impack Snacks)

このスナックバーは同社初の商品となり、今月リリースされる。

100%植物由来でヴィーガン向けであるほか、包装材料は分解されて堆肥になる素材で作られているので、製造に伴う二酸化炭素排出量を上回る量の二酸化炭素を相殺できる。

(出典:Impack Snacks)

スナックバーが排出する二酸化炭素は、収穫から製造、包装、出荷まで含めたライフサイクル全体のフットプリントを追跡して算出される。排出される二酸化炭素は100%相殺される。

フットプリントとは、商品の生産から流通、廃棄・リサイクルにいたるまでのライフサイクル全体を通して排出される温室効果ガスの排出量を二酸化炭素に換算した量のことをいう。

つまり、環境への影響を「見える化」する指標だ。

Impact Snacksによると、1本のスナックバーが排出する二酸化炭素は0.38ポンド(約172g)であるのに対し、スナックバー1本あたり1ポンド(約453g)の二酸化炭素が相殺される。つまり、250%以上の相殺効果だ。

相殺方法はシンプルで、太陽光発電所または森林再生を利用する。

具体的には、スナックバーを1本購入すると、1ポンド(約453g)のカーボンクレジットが付与される。

購入者は獲得したカーボンクレジットを熱帯地域や乾燥地域における植林プロジェクトに使ってもよいし、太陽光発電所といった再生エネルギープロジェクトに使ってもよい。1カーボンクレジットは太陽エネルギー30Wに相当する。

アプリが自分の社会・環境へのプラスの影響度を計算、表示してくれる。シェアすることで見た人がやる気になる仕組み。(出典:Impack Snacks)

購入者には、自分が生み出したプラスの効果を知らせる「Impact Story」がアプリを通じて届けられる。自分の履歴は、SNSに手軽にシェア可能な状態で届く。こうした情報を他人とシェアすることが、プラスの変化を連鎖させるうえ最も影響力のある方法だと研究でわかっているという。

スナックバーの味は、ダークチョコレートとアイスキャラメルラテの2種類。

(出典:Impack Snacks)

不安や気分の落ち込み解消、脳機能改善に役立つとされるヤマブシタケ、バランスのとれた三大栄養素、善玉菌を増やすのに役立つ食品成分といった成分で作られている。

Impact Snacksによって、誰もが自分の経済状況に応じて環境改善に取り組めるようになる。変化の連鎖が世界中に広がることを期待したい。

 

参考記事:

Impact Snacks: making everyday snacking sustainable

Impact Snacks: World’s First Carbon Positive Plant-Based Superfood Bars With Compostable Packaging

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。  

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。  

メールマガジンにご登録いただくと、

週に1回、フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. チリのフードテックNotCoが約89億円の資金調達に成功、米国進…
  2. 香港IXON社が肉を2年間常温保存できるASAP技術を開発
  3. ベースフードのスタートセットをお試ししてみた感想⇒継続決定【口コ…
  4. 主食のイノベーションに挑む日本企業ベースフード、目指すのは「健康…
  5. 家庭用チョコレートメーカーChocomake|自分好みのチョコ作…
  6. ミツバチを使わない「本物のハチミツ」を開発する米MeliBio
  7. フードテックの祭典Smart Kitchen Summit 20…
  8. イスラエルDouxMatokの砂糖を減らしても甘さが変わらない画…

おすすめ記事

「細胞培養の救世主」、クラウドで培養を受託する米企業Culture Biosciencesが培養肉開発を加速する

培養肉の開発では製造プロセスの最適化が重要となるが、これには莫大な時間がかかり、…

6つの豆タンパク質から代替魚を開発する米Good Catch、カナダ・欧州へ進出

FAOの「世界漁業・養殖業白書(2018)」によると、2015年の水産資源は「漁…

インポッシブルフーズの脅威になるか?スピルリナ由来のヘムを開発したBack of the Yards Algae Sciences

Back of the Yards Algae Sciences(BYAS)とい…

米国IPOを目指すMeat-Techが3Dプリンターで10mmの牛脂肪構造の作製に成功

このニュースのポイント Meat-Tech 3…

培養ハイブリッド肉を開発する米New Age Meatsが約2億1千万円を調達

カリフォルニアを拠点とする培養肉スタートアップのNew Age Meatsがシー…

ポーランドNapiFerynがなたね油粕から代替タンパク質Rapteinを開発|大豆にかわる新しい植物性タンパク質となるか?

万能の肥料として活用されるなたね(菜種)油粕。なたね油粕とは、アブラナか…

フードテックを理解するのに役立つ書籍

 

 

 

情報を論理的に読み解く方法を学べる書籍

【運営者おすすめ】

 

▼今ならKindle unlimitedで無料で読めます▼

 

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP