アグテック(AgTech)

米InnerPlantが自らSOSを出す植物 InnerTomatoを開発、病気の早期発見に

>> <<

(▲左は通常のトマト、右が昆虫の攻撃を受けたInnerTomato。通常のトマトは発光しないが、InnerTomatoは攻撃により発光する。出典:InnerPlant

 

カリフォルニアのInnerPlantは、植物がストレスにさらされたときに可視化して伝えるバイオセンサーInnerTomatoを開発した。

InnerTomatoは、異なるストレスにさらされたとき、警告を発するための自然シグナルを増強するよう遺伝子を組み替えられている。

植物は攻撃を受けたときに、近くの植物に危険を知らせるために化学物質を分泌することが知られている。InnerPlantは、植物が警告に用いる化学物質を増強し、蛍光によって「見える化」することで植物自身がタイムリーにSOSを農家に伝えることができる。

植物が弱る前にSOSを発信

InnerTomatoの栄養が不足したり、病原体に攻撃されたりすると、葉の色が変わる。

InnerTomatoは、殺虫剤、微生物、線虫、寄生虫、昆虫、熱、栄養不足、水不足などによる病気やストレスがある環境では発光するように改変されている。色の変化はiPhone、ドローン、衛星などで確認可能だ。

出典:InnerPlant

葉の色の変化は、問題が発生する前に植物が抱える「潜在的な問題」として農家に認知される。これにより、あらかじめ大量の化学肥料や殺虫剤を撒く必要はなくなる。

効果的な防御システムには、約4000㎡の農地あたりInnerTomatoひとかたまり(数十個)でよいという。

出典:InnerPlant

タイムリーに植物の潜在的SOSをキャッチし対応することで、より健康な植物を、より多く収穫できるうえ、使用する肥料・殺虫剤が少なくてすむ。

大量の農薬を使ったとしても、病原体によって作物の2割がダメージを受けるというが、InnerTomatoによる早期検知と早期介入によってこうした被害を事前にコントロールできるわけだ。

InnerPlantは2018年に設立された。バイオテクノロジー、ビッグデータ、IoTを活用して農業に変革をもたらすことを狙う。

InnerTomatoは同社が開発した最初のバイオセンサーとなる。同社はトマトのほかに、大豆、ブドウなどにも応用することを発表しており、手間をかけずに収穫量を増やし、消費者に健康な食品を提供しながら環境保護に貢献したいと考えている。

まさに、農家、消費者、環境にとってwin-win-winな農業が実現しつつある。

 

InnerPlant共同創始者兼CEPのShely Aronovによるプレゼン▼(英語)

 

参考文献:

Proprietary tomato plant that alerts farmer via iPhone when it’s sick

InnerPlant launches InnerTomato™ a living plant sensor for early disease detection

WO2020132364-SENSOR PLANT AND METHOD FOR IDENTIFYING STRESSORS IN CROPS BASED ON CHARACTERISTICS OF SENSOR PLANTS

Food Tech News: InnerPlant Launches Sensor Plants, $3.5 Million Grant for Cultivated Meat

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 穀物の腐敗検知・予測センサーのTeleSenseが約10億円を資…
  2. 自宅を農家にする室内農業のGardynが約10億円を調達
  3. インポッシブルフーズの脅威になるか?スピルリナ由来のヘムを開発し…
  4. ポーランドNapiFerynがなたね油粕から代替タンパク質Rap…
  5. 量子ドットを活用して温室フィルムを開発するUbiQD、電気を使わ…
  6. コーヒー副産物のアップサイクルに取り組むKaffe Bueno、…
  7. アボカドの芽の凍結保存に初めて成功|オーストラリアのクイーンズラ…
  8. インドネシア企業Mycotech Labが開発した動物を犠牲にし…

おすすめ記事

微生物、空気、電気を使ってタンパク質を開発するSolar Foodsが約13億円を調達

微生物、空気、電気を使ってタンパク質を開発するソーラーフーズ(Solar Foo…

Numilkが家庭用植物ミルクメーカーを発表、クラファンの累計支援額は目標の2倍以上に

感染が拡大する新型コロナウイルスの影響を受け、トッピングやカスタマイズが自由な次…

ベースフードをお試しした感想⇒継続決定【まずいは嘘】|口コミ・評判

話題の完全栄養食ベースフード(BASE FOOD)のスタートセットを試してみまし…

安価な成長因子を開発するカナダのFuture Fieldsが約2億3千万円を調達、培養肉を「大衆品」に

培養肉開発のために安価な成長因子を開発するFuture Fieldsがシードラウ…

ピザ組み立てロボットを開発するPicnicが約17億円を調達

ピザ組み立てロボットを開発するPicnicがシリーズAラウンドで1630万ドル(…

培養ハイブリッド肉を開発する米New Age Meatsが約2億1千万円を調達

カリフォルニアを拠点とする培養肉スタートアップのNew Age Meatsがシー…

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/30 13:52時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/31 07:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(07/30 18:09時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています

Foovoによる【今月のピックアップ本】

ミドリムシ博士の超・起業思考 ユーグレナ最強の研究者が語る世界の変え方

ミドリムシ博士の超・起業思考 ユーグレナ最強の研究者が語る世界の変え方

鈴木健吾
1,650円(07/31 07:57時点)
発売日: 2021/04/16
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP