培養肉

培養肉スタートアップのモサミートが約58億円を資金調達

 

培養肉スターチアップのオランダ企業モサミート(Mosa Meat)は、シリーズBラウンドで約58億円(5500万ドル)を調達したことを発表した。

今回のラウンドはBlue Horizon Venture主導で、Bell Food Group、M Ventures、Nutrecoなどが参加した。

モサミートは世界で初めて培養肉ハンバーガーを開発した培養肉のパイオニア。2013年に世界初の3500万円のハンバーガーを開発して話題を呼んだ。

現在は研究者・エンジニア50名の規模に成長している。

2019年にはウシ胎児血清(FBS)を培養培地から除去することに成功。FBSは生まれていない子牛を使うため、動物を殺さない生産方法と言いながらも倫理的に問題となっていた。生産コスト削減に取り組む同社にとって、FBSの除去は最優先事項だった。グラフで示す通り、動物フリーな培地開発によってコストを1/88に削減した。

出典:mosa meat

今回調達した資金は、今年6月にオープンした新しい実験工場(写真)の拡大、工業生産ラインの発展、開発チームの拡充に使われるほか、消費者への牛の培養肉紹介に活用されるとあるが、詳細は示されていない。

左はCEOのMaarten (出典:mosa meat)

培養肉市場への投資は過去数ヵ月で急上昇中だ。

培養フォワグラを製造するインテグリカルチャーは今年5月に約8億円を調達、8月には約2.4億円を調達している。ラボ産の水産物を開発するBlueNaluは今年2月に約21億円を調達した。2020年だけで、培養肉領域の調達規模は300億円を超える。

 

参考記事

Mosa Meat Raises $55M for Cell-Based Burgers

Cell-Based Pioneer Mosa Meat Closes US$55 Series B Round

Milestone: Over 80x reduction in our medium cost

 

関連記事

 

アイキャッチ画像の出典:Mosa Meat

 

関連記事

  1. Orbillion Bio、欧州35ヵ国への培養牛肉販売に向けて…
  2. 米培養肉Upside Foods、培養肉用のアニマルフリーな増殖…
  3. 培養肉企業MeaTechが約100グラムの3Dプリントされた培養…
  4. Finless Foodsが約40億円を調達、培養マグロの製造と…
  5. 細胞培養によるカキを開発するアメリカ企業Pearlita Foo…
  6. 3D Bio-Tissuesが植物性足場を使用しない培養ステーキ…
  7. 培養肉のコスト削減を目指すProfuse Technologyが…
  8. イート・ジャストの培養肉部門GOOD Meatが約110億円を調…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

天然には存在しない「新しい酵素」を開発するEnzymitが約6.3億円を調達

イスラエルを拠点とする合成生物プラットフォーマーのEnzymitは先月、シードラ…

インドネシア企業Mycotech Labが開発した動物を犠牲にしないキノコ由来の皮革Myleaとは

インドネシアにはテンペという伝統食品がある。テンペは日本の納豆のように大…

米Meati Foodsが菌糸体由来の代替肉を製造する生産工場「メガランチ」を開設

菌糸体からブロックタイプの代替肉を開発する米Meati Foodsは今月、コロラ…

NotCoが約95億円を調達、食品業界向けのAIプラットフォーム構築へ

チリのフードテック・ユニコーン企業NotCoは12日、シリーズDラウンドで700…

培養肉企業MeaTechが約100グラムの3Dプリントされた培養ステーキ肉の生産に成功

イスラエルの培養肉企業MeaTechは今月、バイオ3Dプリンターを用いて104グ…

培養肉の法整備を目指す議員連盟が発足、年内に試食実現のための提言へ

自民党の有志議員による「細胞農業によるサステナブル社会推進議員連盟」が13日、発…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,760円(07/19 13:05時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(07/19 22:32時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/20 02:17時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/19 18:59時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(07/20 11:33時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/19 21:57時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP