アグテック(AgTech)

省スペースで野菜30個を栽培できるGardyn|スマートでコンパクトな屋内農場

>> <<

 

コロナウイルス感染拡大により食のサプライチェーンが影響を受け、感染防止のために自宅で料理する人が増えるなか、家庭での水耕栽培は1つのトレンドになりつつある。

自宅で野菜を作れるなら、外出する必要も、感染を心配する必要だってない。

しかし、家庭菜園のネックとなるのが、

・栽培経験がない

・栽培するスペースがない

この2つだろう。

これをあっさり解決する商品が登場した。

 

Gardynのコンパクトでスマートな屋内農場

出典:Gardyn

Gardynの屋内農場は事前知識がなくても30の植物を栽培できる画期的な水耕栽培キットだ。しかも、必要とするスペースはわずか0.05坪。

外観は縦長で、まるで観葉植物のように見える。

Gardynシステムは縦長のタワーと、KelbyというAIアプリの2つで構成される。

出典:Gardyn

ユーザーは種が入った容器を差し込むだけ。システムが自動的に水を循環させて、植物に栄養を与える。Kelbyが植物の成長をモニタリングして、給水や収穫のタイミングをユーザーに知らせる。

Gardynのシステムは、DWC(ディープウォーターカルチャー)とエアロポニックスのいいとこどりをした手法を使う(Gardynはこれを”Hybriponic”と呼んでいる)。

DWCは根が培養液に十分に浸されるため広いスペースを必要とする。エアロポニックスは外でやるにはよいが、室内の場合は光源が必要となる。

そこでGardynは両者のエッセンスを抽出して、わずか2平方フィート(約0.185㎡)で30個の植物をつくれるシステムを開発した。

ほかにハードウェアを用意する必要はない。作れる植物は、リーフ野菜のほか、果物、トマト、花など。今後はイチゴも追加予定だ。

出典:Gardyn

複数のセンサーによって水、温度、湿度などリアルタイムの情報がKelby(アプリ)に伝わる。高解像度カメラが搭載されており、成長具合をライブで確認することもできる。

出典:Gardyn

気になるGardynの価格はベーシックモデルで799ドル(約8万4千円)。栽培に必要なものはすべてついている。最も高いプランは1485ドル(約15万円)で2年間のメンバーシップ付き。毎月新しい植物が配達され、配達される植物を好みでアレンジすることもできる。

創業者のRouxelがGardynを届けたいのは一般市民であって、富裕層をターゲットにしているのではない。現在は誰にも手の届く価格帯ではないが、投資によってコストカットを実現する技術改良が可能になれば、より手の届く価格になるだろう。

Rouxelが目指すのは「食へのアクセスに変革を起こすこと」。Gardynは、食を消費者により身近なものにする有効なソリューションとなる。

 

家庭用屋内農場に進出する競合他社

家庭向けの屋内農場には他社も進出している。

レストランなどに屋内農場を提供しているFarmshelfは今年、初となる家庭用の水耕栽培棚をリリースした。Rise Gardensはインテリアや収納棚にもなる屋内農場を提供している。

出典:Rise Gardens

国内では場所を取らない横型の水耕栽培キットfoopが入荷待ち状態になっている。

Gardynの購入は公式サイトから。購入は残念ながらアメリカ国内のみとなっている。

参考記事

Gardyn Aims to Make At-Home Vertical Farming Small, Simple, and Stylish

Farmshelf Unveils Its First Consumer-facing Vertical Farming Unit

This Indoor Garden System Is the Perfect Solution for Gardeners of All Levels

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. ドバイが次のフードテックハブになる?UAEがドバイにフードテック…
  2. コーヒー豆の品質評価を自動化するDemetriaが約3億2千万円…
  3. 二酸化炭素から動物飼料用のタンパク質を作るDeep Branch…
  4. 農業スタートアップRevol Greensが約71億円を資金調達…
  5. マイクロ流体チップによる農業用栄養分析デバイスを開発したNord…
  6. 二酸化炭素からタンパク質を作るDeepBranchが約2億900…
  7. インドネシア企業Mycotech Labが開発した動物を犠牲にし…
  8. フードロス削減のために米Surge Alertが開発した気候モニ…

おすすめ記事

スペイン政府がBioTech Foodsの主導する培養肉プロジェクトに約6億5千万円を出資

スペインの培養肉スタートアップBioTech Foodsはスペイン政府から520…

シンガポールのSophie’s Bionutrientsは微細藻類を原料にした代替パテ肉を発表

シンガポールのSophie's Bionutrientsは微細藻類を使った植物性…

食肉生産者を培養肉生産者に変えるドイツ企業Innocent Meatの「Clean meat as a service」

培養肉はクリーンミート、細胞培養肉とも言われ、動物を殺さずに食肉を生産する新たな…

オーストラリアの培養羊肉企業Magic Valley、アニマルフリーな「骨付きラムチョップ」の開発も視野に

現在、世界には60社ほどの培養肉企業があるが、スタートアップの多くは、牛肉、豚肉…

タイソンフーズが出資するFuture Meatが培養鶏肉のコストダウンに成功、2022年に市販化へ

イスラエルの代替肉企業Future Meatは、自社の培養鶏肉の生産コストを1/…

微生物発酵でサステイナブルな着色料を開発するデンマーク企業Chromologics

植物ベースまたは細胞農業によって肉、魚、乳製品に取り組むフードテック企業は増えて…

フードテックを理解するのに役立つ書籍

 

 

 

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP