アグテック(AgTech)

アボカドの芽の凍結保存に初めて成功|オーストラリアのクイーンズランド大学

オーストラリアのクイーンズランド大学研究チームは、アボカドの芽の凍結保存に成功したことを発表した。

アボカドの芽の凍結保存に成功した初の事例となる。

研究チームは、アボカドの芽をクライオチューブ(凍結保存で使用するチューブ)に入れ、液体窒素で保存した。

出典:クイーンズランド大学

解凍にかかる時間はわずか20分だ。凍結保存した芽をスクロースなどを含むシャーレに置いて解凍する。2ヵ月後には、アボカドは新しい葉をつける。

研究チームが取り組んでいる2種の品種のうち、Reedアボカドの成功率は80%、Velvickアボカドの成功率は60%だという。こうして「復活した」80本のアボカドが、同大学のビニールハウスで栽培中だ。

出典:クイーンズランド大学

研究の目的は、山火事やペスト、病気などの脅威から、アボカドの品種と重要な遺伝形質を保護するためだ。将来、火星へ移住するための「宇宙世代のアボカド」を作るためよりも、地球にあるアボカドを保護したい気持ちが強いという。

研究初期は試行錯誤の連続だった。はじめの頃は、アボカドの芽を解凍してもドロドロしたものができるだけだった。ビタミンCやスクロースなどの栄養成分を注入したり、最適な温度を模索したりと試行錯誤が続いた。

トウモロコシや小麦と違い、アボカドをはじめとする多くの植物の種は保存に向いていない。脱水に耐えられず、保存中に腐ってしまう。液体窒素で芽を保存するのが、アボカドを無期限に保存する理想の方法だという。

 

 

参考記事:

Putting a future avocado apocalypse on ice

Avocado apocalypse averted: Researchers use cryogenics to protect the fruit for future generations

Avocadoes of the future look secure thanks to Queensland student Chris O’Brien’s cryogenics work

関連記事

  1. DouxMatokが砂糖の使用量を半分に減らしたIncredo …
  2. 規格外・余剰農産物のB2B販売プラットフォームを提供するFull…
  3. ドローンによる「空飛ぶ」果実収穫ロボットを開発したTevel A…
  4. 微生物発酵で赤色着色料を開発するChromologicsが約8億…
  5. Apeel Sciences、鮮度を保てるプラスチックフリーなキ…
  6. ミツバチを使わない「本物のハチミツ」を開発する米MeliBio
  7. ゲノム編集で熱帯作物の栽培効率を高めるTropic Biosci…
  8. インドNymbleの料理ロボットJulia(ジュリア)がSKS2…

おすすめ記事

鶏を使わずに卵白タンパク質を開発するフィンランド企業Onego Bioが約12億円のシード資金を調達

精密発酵により卵白タンパク質を開発するフィンランド企業Onego Bioはシード…

安価な成長因子を開発するカナダのFuture Fieldsが約2億3千万円を調達、培養肉を「大衆品」に

培養肉開発のために安価な成長因子を開発するFuture Fieldsがシードラウ…

タイソンの植物肉ブランドRaised & Rootedが100%植物ベースの新商品を発売

タイソンフーズが植物肉への取り組みを強化する。自社の植物性ブランドRai…

マクドナルドがアメリカでマックプラントの試験販売を終了

マクドナルドは先月、アメリカで植物性バーガー・マックプラントの試験販売を終了した…

アフリカ発の培養肉企業Mzansi Meat、2022年後半の市販化を目指す

アフリカに2社目の培養肉企業が登場した。2020年に設立された南アフリカ…

GOOD MeatとADMが戦略的パートナーシップを締結、培養肉生産を加速

世界で最初に培養肉販売を実現したイート・ジャスト傘下のGOOD Meatは17日…

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(01/28 17:00時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/27 20:33時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,100円(01/28 14:15時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(01/28 06:54時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
398円(01/28 16:36時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP