アグテック(AgTech)

アボカドの芽の凍結保存に初めて成功|オーストラリアのクイーンズランド大学

スポンサーリンク

オーストラリアのクイーンズランド大学研究チームは、アボカドの芽の凍結保存に成功したことを発表した。

アボカドの芽の凍結保存に成功した初の事例となる。

研究チームは、アボカドの芽をクライオチューブ(凍結保存で使用するチューブ)に入れ、液体窒素で保存した。

出典:クイーンズランド大学

解凍にかかる時間はわずか20分だ。凍結保存した芽をスクロースなどを含むシャーレに置いて解凍する。2ヵ月後には、アボカドは新しい葉をつける。

研究チームが取り組んでいる2種の品種のうち、Reedアボカドの成功率は80%、Velvickアボカドの成功率は60%だという。こうして「復活した」80本のアボカドが、同大学のビニールハウスで栽培中だ。

出典:クイーンズランド大学

研究の目的は、山火事やペスト、病気などの脅威から、アボカドの品種と重要な遺伝形質を保護するためだ。将来、火星へ移住するための「宇宙世代のアボカド」を作るためよりも、地球にあるアボカドを保護したい気持ちが強いという。

研究初期は試行錯誤の連続だった。はじめの頃は、アボカドの芽を解凍してもドロドロしたものができるだけだった。ビタミンCやスクロースなどの栄養成分を注入したり、最適な温度を模索したりと試行錯誤が続いた。

トウモロコシや小麦と違い、アボカドをはじめとする多くの植物の種は保存に向いていない。脱水に耐えられず、保存中に腐ってしまう。液体窒素で芽を保存するのが、アボカドを無期限に保存する理想の方法だという。

 

 

参考記事:

Putting a future avocado apocalypse on ice

Avocado apocalypse averted: Researchers use cryogenics to protect the fruit for future generations

Avocadoes of the future look secure thanks to Queensland student Chris O’Brien’s cryogenics work

スポンサーリンク

関連記事

  1. 二酸化炭素からタンパク質を作るDeepBranchが約2億900…
  2. ポーランドNapiFerynがなたね油粕から代替タンパク質Rap…
  3. コーヒー副産物のアップサイクルに取り組むKaffe Bueno、…
  4. チリのフードテックNotCoが約89億円の資金調達に成功、米国進…
  5. ミツバチを使わない「本物のハチミツ」を開発する米MeliBio
  6. 香港IXON社が肉を2年間常温保存できるASAP技術を開発
  7. 穀物の腐敗検知・予測センサーのTeleSenseが約10億円を資…
  8. インドNymbleの料理ロボットJulia(ジュリア)がSKS2…

おすすめ記事

ポーランドNapiFerynがなたね油粕から代替タンパク質Rapteinを開発|大豆にかわる新しい植物性タンパク質となるか?

万能の肥料として活用されるなたね(菜種)油粕。なたね油粕とは、アブラナか…

イート・ジャストがシンガポールにアジア初の生産拠点を建設、培養肉の協業も

植物性代替卵のイート・ジャストがアジア進出拡大に乗り出した。投資機関Proterraから1億…

中国の植物肉ブランドHey Maetが資金調達に成功、中国全土への展開を狙う

中国の植物肉ブランドHey MaetはShuangta Food(双塔食品)より資金調達に成功したと…

キッチンOSのサイドシェフ|買出しレシピサービスでウォルマートと連携

キッチンOSの主力スタートアップサイドシェフ(SideChef)とウォルマートとのコラボが始まった。…

Apeel Sciencesが約31億円を資金調達、小規模農家の市場アクセス改善を本格支援

このニュースのポイントApeel Science…

植物性着色料を開発中のイスラエルフードテックPhytolonが約5億円の資金調達に成功

植物由来(プラントベース)の着色料を開発するイスラエルのフードテックスタートアップのPhytolon…

米InnerPlantが自らSOSを出す植物 InnerTomatoを開発、病気の早期発見に

(▲左は通常のトマト、右が昆虫の攻撃を受けたInnerTomato。通常のトマトは発光しないが、In…

インポッシブルフーズが香港・シンガポールの食料品店で販売を開始、アジア進出を加速

インポッシブルフーズの植物性代替肉がアジアのスーパーに登場した。19日、香港とシンガポールの…

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP