アグテック(AgTech)

アボカドの芽の凍結保存に初めて成功|オーストラリアのクイーンズランド大学

オーストラリアのクイーンズランド大学研究チームは、アボカドの芽の凍結保存に成功したことを発表した。

アボカドの芽の凍結保存に成功した初の事例となる。

研究チームは、アボカドの芽をクライオチューブ(凍結保存で使用するチューブ)に入れ、液体窒素で保存した。

出典:クイーンズランド大学

解凍にかかる時間はわずか20分だ。凍結保存した芽をスクロースなどを含むシャーレに置いて解凍する。2ヵ月後には、アボカドは新しい葉をつける。

研究チームが取り組んでいる2種の品種のうち、Reedアボカドの成功率は80%、Velvickアボカドの成功率は60%だという。こうして「復活した」80本のアボカドが、同大学のビニールハウスで栽培中だ。

出典:クイーンズランド大学

研究の目的は、山火事やペスト、病気などの脅威から、アボカドの品種と重要な遺伝形質を保護するためだ。将来、火星へ移住するための「宇宙世代のアボカド」を作るためよりも、地球にあるアボカドを保護したい気持ちが強いという。

研究初期は試行錯誤の連続だった。はじめの頃は、アボカドの芽を解凍してもドロドロしたものができるだけだった。ビタミンCやスクロースなどの栄養成分を注入したり、最適な温度を模索したりと試行錯誤が続いた。

トウモロコシや小麦と違い、アボカドをはじめとする多くの植物の種は保存に向いていない。脱水に耐えられず、保存中に腐ってしまう。液体窒素で芽を保存するのが、アボカドを無期限に保存する理想の方法だという。

 

 

参考記事:

Putting a future avocado apocalypse on ice

Avocado apocalypse averted: Researchers use cryogenics to protect the fruit for future generations

Avocadoes of the future look secure thanks to Queensland student Chris O’Brien’s cryogenics work

関連記事

  1. 精密発酵でカカオを使わずにチョコレートを開発する独QOAとは
  2. コロラド州の植物肉バーガー企業が米MeliBioの代替ハチミツを…
  3. 農業に塩水を活用するRed Sea Farmsが約17億円を調達…
  4. 世界初|MeliBioがミツバチを使わない「本物のハチミツ」を試…
  5. DouxMatokが砂糖の使用量を半分に減らしたIncredo …
  6. 二酸化炭素からタンパク質を作る英ディープ・ブランチ、アイスランド…
  7. Calystaの単細胞タンパク質FeedKind、水産養殖への使…
  8. 家庭生ゴミを鶏の飼料に変える米Millが開発したキッチンデバイス…

おすすめ記事

植物性チーズを開発するスウェーデン企業Stockeld Dreamery、今年前半に初商品の発売へ

植物性チーズのシェアは大きくないが、代替チーズに取り組む企業は増えつつある。…

米イート・ジャスト、新しい培養鶏肉製品で再びシンガポール当局の販売許可を取得

アメリカのフードテック企業イート・ジャストが培養肉で再び快挙を成し遂げた。…

イスラエルの培養肉Future Meatが世界初の培養肉生産施設をイスラエルに開設

イスラエルの培養肉企業Future Meatが世界初の産業用培養肉生産施設を開設…

トッピングから焼き上げまで3分で完成するピザ自販機Piestro

新型コロナウイルスの影響により、人との接触を減らせる「次世代自販機」が海外では注…

植物を活用してアニマルフリーな乳製品を開発するMirukuが約3.2億円を調達

植物を使って乳タンパクを開発するニュージーランドのMirukuは、シードラウンド…

MycorenaとRevo Foodsが3Dプリント用マイコプロテインの開発で約2.1億円の欧州助成金を獲得

マイコプロテインで代替肉や代替バターを開発するスウェーデン企業Mycorenaは…

精密発酵レポート予約注文受付中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(06/09 18:06時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(06/09 21:46時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(06/09 15:17時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(06/09 08:26時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(06/09 17:47時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP