リテール

スーパー・薬局が自宅までやってくる!Robomartの移動型スーパーがカリフォルニアに登場

>> <<

 

カリフォルニア、ウェスト・ハリウッドに新しい移動型スーパー「Robomart(ロボマート)」が登場した。

スタートアップ企業Robomartが開発した移動型スーパーは、買いたい時にアプリで呼ぶことのできる販売車

専用アプリを開くと、付近にいるロボマートが表示され、ロボマートにある商品をアプリで確認できる。

出典:Robomart

アプリをタップして、ロボマートを呼ぶと、10分以内にロボマートが自宅に到着する。到着したら、顧客は買いたい商品を選ぶ。

アプリでスワイプするだけで車両のドアが開くので、顧客自ら開ける必要はない。

REIDにより、商品を選ぶだけで合計金額が計算され、クレジットカードに自動で請求される。購入したレシートはアプリに表示される仕組みとなっている。

つまり、買い物かごも、会計も、手間も一切ない新しいショッピングテクノロジーとなる。

出典:Robomart

動画ではロボマートをアプリで呼び、到着後に車両前で商品をピックアップし、買い物完了するまでの流れを確認できる。

1回の手数料は2ドルで、車両に並ぶ商品の価格は、実店舗にあるものと同等だという。

ロボマートは当初、完全に自律化された移動型スーパーを想定していたが、現在のバージョンは人間が運転するタイプとなる。

自動運転車による運営が実現するのはまだ先となるが、現バージョンでも、ドライバーは顧客と対話しないため、コロナ社会にマッチした形態といえる。

ロボマートはこのほど、「ドラッグストアロボマート(Pharmacy Robomart)」と「スナックロボマート(Snacks Robomart)」の2つのバージョンの発売を発表した。

出典:Robomart

ドラッグストアロボマート」では、シャンプー、スキンケア、医薬品、バッテリーなどの薬を含む日用品が販売される。

スナックロボマート」では、ポテトチップなどの菓子類や、ドリンクが取り扱われており、果物、野菜、冷蔵食品も販売する「食料品ロボマート(Grocery Robomart)」バージョンも開発中だという。

今後数ヵ月以内で、食堂車、デリ、カフェなどのバージョンにもラインナップを拡大したいと考えている。

ロボマートがもたらすメリットにはさまざまなものがある。

まず、セブンイレブン、ローソンなどコンビニ店舗が「待っている形態」から、顧客のいるところへ行けるようになること。

コンビニ各社がロボマートと提携することで、実店舗を減らしても、収益を維持できるかもしれない。これは飲食店にとって、コスト削減に寄与しないだろうか。

出典:Robomart

もう1つ考えられるのが、体が弱り、自分で買い物へ行けない高齢者にとって、日用品・食料品の調達が楽になること。

自宅前までやってきてくれるロボマートであれば、買い物代行に頼る必要はなくなる

ロボマートの創業者でありCEOのAli Ahmed氏は、完全に自律化された移動型スーパーの構想を持っており、プロトタイプをすでに開発したことを海外メディアThe Spoon誌に語っている。

「未来のビジョンを示すために無人ロボマートを開発しています。

規制が追い付くにつれて、今後数年には無人車両をさらに増やしていく予定です。」(創業者兼CEOのAli Ahmed氏)

クランチベースによると、ロボマートは2017年に設立されたカリフォルニア、サンタモニカを拠点とするスタートアップ企業。

直近のラウンドは2021年4月のシードラウンドとなる(調達総額は非公開)。

 

参考記事

‘Store-Hailing’ Startup Robomart Launches Fleet of Mobile Mini-marts in West Hollywood

アイキャッチ画像の出典:Robomart

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. Apeel Sciencesが約31億円を資金調達、小規模農家の…
  2. アイルランド企業Evoccoは食料品レシートから気候変動への影響…
  3. デリバリー専門のスウェーデンVemblaが約7300万円を資金調…
  4. 食品ECスタートアップFarmsteadが小売業にGrocery…
  5. Starshipの宅配ロボット、米スーパーSaveMartに初登…
  6. xRoboticsのピザロボットがピザ店での試験運用を完了、80…
  7. ピザ自販機のカナダ企業PizzaFornoがアメリカへ進出
  8. 夕飯の準備は出社前の2分で完了!冷蔵機能のあるスマート調理器具S…

おすすめ記事

培養脂肪を開発するMission Barnsが約26億円を調達、パイロット工場の建設へ

シリコンバレーを拠点とする細胞農業スタートアップのMission Barnsがシ…

TurtleTree Scientificが商用規模での細胞培養培地の開発でJSBiosciencesと提携

細胞農業に取り組むTurtleTree Scientificが、商用規模での細胞…

イスラエルの培養肉企業MeaTechが世界で初めてNasdaq市場に上場

イスラエルの培養肉企業MeaTech(Nasdaq:MITC)がNasdaq市場…

個人から企業まで|貼るだけで果物の鮮度を保持するシールを開発したRyp Labsとは

アメリカ、ワシントン州を拠点とするRyp Labsは、果物の保存期間を最大14日…

菌糸体ステーキ肉の開発に挑むスペイン企業Libre Foods

日本では大豆ミート、ソイミートという言葉が浸透しているが、海外では代替肉の原料=…

世界初!アレフ・ファームズが3Dプリンターで培養リブロース肉を開発

イスラエルのアレフ・ファームズ(Aleph Farms)が培養リブロース肉の3D…

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(08/03 13:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(08/04 07:41時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(08/03 18:11時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています

Foovoによる【今月のピックアップ本】

ミドリムシ博士の超・起業思考 ユーグレナ最強の研究者が語る世界の変え方

ミドリムシ博士の超・起業思考 ユーグレナ最強の研究者が語る世界の変え方

鈴木健吾
1,650円(08/04 08:01時点)
発売日: 2021/04/16
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP