Foovo Deep

代替油脂のパイオニアCUBIQ Foodsが約7.8億円を調達、カーギルと戦略的パートナーシップを締結

写真はイメージ

 

植物肉の需要増加に伴い、サステイナブルで本物に近い代替油脂の開発が加速している。

Melt&Marbleの資金調達に続き、代替油脂を開発するスペインのCUBIQ Foodsが575万ユーロ(約7億8000万円)を調達した今回の資金調達にはカーギルMoira Capital PartnersSGEICNewtree Impactが参加した。

カーギルの出資は今回が初。カーギルの出資は、商品開発計画やCUBIQ Foodsの製品販売を支援する商業契約など戦略的パートナーシップの第一段階となる。この調達資金を使い、CUBIQ Foodsは北米、欧州で販売・生産を拡大し、新製品をローンチする。

代替油脂のパイオニアCUBIQ Foodsが新たに資金調達

出典:CUBIQ Foods

2018年に設立されたCUBIQ Foodsは代替油脂のパイオニア企業とされ、2020年までにBlue Horizon VenturesなどからシリーズAラウンドで1000万ユーロ(約13億円)を調達し、スタッフを50名まで増やした。これまでに3つの商品を開発し、スペイン、イギリス、アイルランド、アメリカで一部の代替油脂を市販化している。

創業者のRaquel Revilla氏Andrés Montefeltro氏は、食物連鎖をより健康で、持続可能なものにするうえで代替油脂が重要な鍵になると考えている。

CUBIQ Foodsは植物由来・細胞由来という異なる技術で複数の代替油脂を開発している。

出典:CUBIQ Foods

2021年に同社は植物性油脂「Go!Drop」を発売した。「Go!Drop」は植物油と水を乳化させたエマルジョンであり、植物、藻類、微生物などのビーガンな原料で安定化され、加工食品の脂肪成分を置き換えるために使用される。エマルジョン配合にすることで油の使用量を20%に抑えている。融点は60~80度に調整可能だという。

今年後半には、オメガ3を多く含む藻類オイルをマイクロカプセル化した「Go!Mega3」の発売を計画している。オメガ3はサバやイワシなどの魚に多く含まれるが、不足しがちな栄養素とされる。「Go!Mega3」では、多層マイクロカプセル構造が高濃度なオメガ3を保護し、特性を保持している。

2023年初頭に北米で培養油脂市販化へ

イメージ画像

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像はイメージ

 

関連記事

  1. 微生物でタンパク質を作るNature’s Fyndが約46億円を…
  2. 精密発酵でカゼインを開発するタイのMuu、来年の商用生産を目指す…
  3. 黄エンドウ豆から代替チーズを開発する英スタートアップ、英政府系機…
  4. 培養羊肉のMagic Valleyがパイロット施設へ拡張、年産1…
  5. 米Aqua Cultured Foodsがギンコバイオワークスと…
  6. ネスレが精密発酵ホエイを使用したプロテインパウダー製品を発売|2…
  7. 微生物・空気・電気からタンパク質を生産するソーラーフーズ、年内に…
  8. Those Vegan Cowboysが精密発酵で作成されたチー…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

韓国企業Zikooinは廃棄される穀物を使って代替肉Unlimeatを開発

韓国のスタートアップ企業Zikooinは、ユニークな方法で代替牛肉Unlimea…

米Bond Pet Foods、精密発酵由来の動物タンパク質2トンをペットフード会社に納品

精密発酵によりペットフードを開発する米Bond Pet Foodsが、精密発酵で…

食品廃棄物を活用してマイコプロテイン由来の代替肉を開発するMycorenaとは

スウェーデンの代替肉企業Mycorenaは、廃棄される植物をアップサイクルして、…

培養肉生産用のアニマルフリーな血清を開発するMultus Mediaが約2.4億円のシード資金を調達

培養肉開発に使用するアニマルフリーな血清を開発するMultus Mediaが16…

精密発酵の米パーフェクトデイ、約130億円の資金調達とともに創業者が退任、暫定CEOが就任

精密発酵による食品開発を牽引してきたパーフェクトデイ創業者のRyan Pandya氏(左)とPeru…

オランダのEatch、1日最大5000食を調理できるロボットキッチンを開発

ロボットキッチンを開発するオランダ企業Eatchは、1日に最大5,000食を調理…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/23 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/22 21:46時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/23 01:24時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/23 18:21時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/23 11:04時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/23 21:18時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP