Foovo Deep

代替油脂のパイオニアCUBIQ Foodsが約7.8億円を調達、カーギルと戦略的パートナーシップを締結

写真はイメージ

 

植物肉の需要増加に伴い、サステイナブルで本物に近い代替油脂の開発が加速している。

Melt&Marbleの資金調達に続き、代替油脂を開発するスペインのCUBIQ Foodsが575万ユーロ(約7億8000万円)を調達した今回の資金調達にはカーギルMoira Capital PartnersSGEICNewtree Impactが参加した。

カーギルの出資は今回が初。カーギルの出資は、商品開発計画やCUBIQ Foodsの製品販売を支援する商業契約など戦略的パートナーシップの第一段階となる。この調達資金を使い、CUBIQ Foodsは北米、欧州で販売・生産を拡大し、新製品をローンチする。

代替油脂のパイオニアCUBIQ Foodsが新たに資金調達

出典:CUBIQ Foods

2018年に設立されたCUBIQ Foodsは代替油脂のパイオニア企業とされ、2020年までにBlue Horizon VenturesなどからシリーズAラウンドで1000万ユーロ(約13億円)を調達し、スタッフを50名まで増やした。これまでに3つの商品を開発し、スペイン、イギリス、アイルランド、アメリカで一部の代替油脂を市販化している。

創業者のRaquel Revilla氏Andrés Montefeltro氏は、食物連鎖をより健康で、持続可能なものにするうえで代替油脂が重要な鍵になると考えている。

CUBIQ Foodsは植物由来・細胞由来という異なる技術で複数の代替油脂を開発している。

出典:CUBIQ Foods

2021年に同社は植物性油脂「Go!Drop」を発売した。「Go!Drop」は植物油と水を乳化させたエマルジョンであり、植物、藻類、微生物などのビーガンな原料で安定化され、加工食品の脂肪成分を置き換えるために使用される。エマルジョン配合にすることで油の使用量を20%に抑えている。融点は60~80度に調整可能だという。

今年後半には、オメガ3を多く含む藻類オイルをマイクロカプセル化した「Go!Mega3」の発売を計画している。オメガ3はサバやイワシなどの魚に多く含まれるが、不足しがちな栄養素とされる。「Go!Mega3」では、多層マイクロカプセル構造が高濃度なオメガ3を保護し、特性を保持している。

2023年初頭に北米で培養油脂市販化へ

イメージ画像

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像はイメージ

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. 精密発酵で天然着色料を開発するPhytolonがギンコ・バイオワ…
  2. 米NovoNutrients、牛タンパク質と同品質のCO2由来タ…
  3. The Every Company、アニマルフリーな卵白タンパク…
  4. 米コストコがビヨンドミートボールの取り扱いを一部店舗で開始
  5. 細胞培養で母乳を開発するTurtleTreeがラクトフェリン粉末…
  6. 精密発酵企業Formoがバイオテック企業Brain Biotec…
  7. 牛を使わずにモッツアレラチーズを開発する米New Culture…
  8. 香港グリーンマンデーがマクドナルドと提携、全店舗で植物肉メニュー…

おすすめ記事

菌糸体ステーキ肉の開発に挑むスペイン企業Libre Foods

日本では大豆ミート、ソイミートという言葉が浸透しているが、海外では代替肉の原料=…

Evo Foodsとギンコ・バイオワークス、アニマルフリーな卵タンパク質の開発で提携

海外では動物に頼らずに食品成分を作る手法として、精密発酵が人気の手法になりつつあ…

牛を使わずにモッツアレラチーズを開発する米New Cultureが約28億円を調達

アニマルフリーなモッツアレラチーズを開発する米New CultureはシリーズA…

コオロギタンパク質を生産するエントモファームズが約3億円を調達

コオロギタンパク質粉末を開発するEntomo Farms(エントモファームズ)が…

スイスの食品大手ジボダン、ビューラー、ミグロスが共同で培養肉の実証プラント建設を発表

スイスの大手食品企業が培養肉市場に参入する。ジボダン、ビューラー、ミグロスは共同…

香港グリーンマンデーの代替豚肉オムニポークが米国上陸

グリーンマンデーが今年後半にもアメリカ市場へ本格参入する。具体的には、グ…

ニュースメルマガ登録で無料レポートをプレゼント

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/22 18:01時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/23 11:51時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(05/22 23:08時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP