代替プロテイン

3Dプリンター肉のSavorEatが代替卵に特化したスタートアップEgg’n’upを設立

 

3Dプリンター肉を開発するイスラエル企業SavorEatが、代替卵に特化した新しいスタートアップEgg’n’up立ち上げを発表した。

SavorEatは3Dプリンターを使って調理済みのバーガーパテを開発している。

同社は昨年12月にテルアビブ証券取引所で上場しており、この夏には、イスラエルの人気バーガーチェーン店で試験運用が開始される予定となっている。

Egg’n’upはSavorEatの独自技術であるセルロース繊維を原料に代替卵を開発しており、年内に最初の商品を販売する予定。

SavorEatと同様、まずB2Bで市場に投入してから、消費者や小売向けに販売するとしている。

出典:SavorEat

SavorEatの共同創業者・CEOであるRachel Vizman 氏は次のように述べ、同社独自のセルロース繊維を代替肉に限定せず、新たな商品開発につなげていく考えを示している。

「当社独自のセルロース繊維には多くの可能性を見出しました。これをさらなる製品開発につなげていきます」Rachel Vizman 氏

Egg’n’upは、イスラエルでフードテックに特化したベンチャーキャピタルMillennium Food-Techからこれまでに250万ドルの出資を受けている。

Egg’n’upはSavorEatから独立した組織となるが、現在はSavorEat共同創業者Oded Shoseyov氏が開発の指揮にあたっている。

公式サイトには、CEO研究開発部長のポストの求人が掲載されている。

植物性代替卵の市場は、代替ミルクと比べるとシェアはまだ小さいものの、アメリカのプラントベース市場においては2019年から2020年にかけて約2.7倍に成長している。

出典:GFI

アメリカでは動物性食品から代替食品への切り替えが急速に起きており、代替卵市場には発展の余地が十分にある

こうした市場の成長性を見込み、さまざまなスタートアップが登場している。

なかでも最も有名なフードテック企業はアメリカのイート・ジャストで、これまでに1億個分の卵に相当する代替卵を販売している。

このほか、レンズ豆を原料とするインド発のEvo Foods、マイコプロテインを使って世界初のゆで卵を開発したシンガポールのOsomeFood、卵黄と卵白を再現した目玉焼きを開発したシンガポールのFloat Foodsなどがいる。

 

参考記事

Israeli Food Tech SavorEat Launches Subsidiary Plant-Based Egg Startup

SavorEat Creates Plant-Based Egg Venture Called Egg’n’up

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. 植物性チーズのStockeld Dreameryが約21億円を調…
  2. GOOD Meat、シンガポールでアジア最大の培養肉工場を着工
  3. 独自ヘムを開発する豪代替肉v2foodが約58億円を調達、中国・…
  4. 幅広い植物肉製品を開発するHungry Planetが約27億円…
  5. 米イート・ジャストがシンガポール最大の植物性タンパク質工場の建設…
  6. 米イート・ジャスト、年内または2022年に30億ドルのIPOを目…
  7. 微生物とAIで新素材を発見するKingdom Supercult…
  8. イスラエルのChickPがひよこ豆由来のビーガンマヨネーズを開発…

おすすめ記事

3分でサクサクのピザを焼くBasil Streetのピザ自販機

 このニュースのポイント●ピザを3分で焼…

マクドナルドが植物肉バーガー「マックプラント」の試験販売をスウェーデン・デンマークで開始

マクドナルドはデンマークとスウェーデンで植物肉バーガー「マックプラント」の販売を…

食品ロスに取り組むFlashfoodが約14.7億円を調達、アメリカ食料品店との連携を強化

食品ロスに取り組むアプリを提供しているカナダ企業FlashfoodがシリーズAで…

韓国の代替肉企業Zikooinが約26億円を調達、植物肉工場を来年稼働

韓国の代替肉スタートアップZikooinは先月、2300万ドル(約26億円)を調…

Haofoodはピーナツを使用した代替チキンで約4.5億円を調達

上海のHaofoodはピーナツタンパクを用いたビーガンチキンで、350万ドル(約…

個人から企業まで|貼るだけで果物の鮮度を保持するシールを開発したRyp Labsとは

アメリカ、ワシントン州を拠点とするRyp Labsは、果物の保存期間を最大14日…

精密発酵レポート販売のお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/03 18:34時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/03 12:14時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(07/03 23:46時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/03 14:35時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP