キッチンOS

キッチンOSのイニットがGoogleクラウドと提携、食料品購入のパーソナライズ化を強化

2022年1月セミナーはこちらから▼

 

パーソナライズ化された食品購入ソフトを提供する米イニット(Innit)がGoogleクラウドとの提携を発表した。

2社の提携は、「食料品小売業者が、オンライン、店内、自宅にまたがる食事の旅全体にわたって、パーソナライズ化されたサービスを提供することを可能」とするもので、小売業者が食料品購入をパーソナライズ化できるよう支援する。

イニットは、従来の買い物・レシピ・調理に「パーソナライズ化」を付与し、一連の流れをデータを通じてシームレスにつなぐサービスを提供している。イニットのように、これまでであればバラバラだった料理にまつわる作業を、データを通じて連携する概念をキッチンOSという。

出典:イニット

イニットのユーザーは、アプリをダウンロードし、好みやアレルギー、自宅で使用する家電、ベジタリアンなどの情報を入力する。イニットのアプリは入力された情報をもとにレシピをユーザーに提案。

ユーザーがレシピを選ぶと、そのレシピに必要な食材が表示され、必要であればアプリ内で購入して取り寄せることができる。レシピには動画がついており、動画が次に何をするべきかを教えてくれる。

レシピに必要な材料をアプリで購入できる 出典:イニット

イニットは家電メーカーとの提携も進めており、これまでにLGエレクトロニクスフィリップスボッシュシャープGEアプライアンスなどと提携している。たとえば、シャープのイニット対応オーブンLove2Cookは、レシピに応じて理想的な温度、調理モード、オーブン時間を自動的に設定する。

イニットがGoogleと提携するのはこれが初めてではない。今回の提携は、食料品の購入体験をデジタル化するためのコラボの拡大となる。

出典:イニット

Googleクラウドはイニットの食品と買い物客のデータを活用して、食料品店がレシピや食事の好みに応じて作成されたショッピングリストなど、よりパーソナライズ化された体験を提供できるようサポートする。

「カートに入れる度に食事制限、好みのブランドか、サステイナブルかどうかを考える消費者にとっては、食料品の買い物は面倒なものになり得ます。

次世代の食料品は、各消費者が使用する店舗をパーソナライズ化し、消費者が自信をもって簡単に、商品や買い物可能なレシピを購入できるようにします。

カスタマーエクスペリエンスから無駄をなくし、小売業者やブランド(メーカー)がデジタルシェルフを収益化する巨大な機会が開かれるでしょう」

(イニット共同創業者・CEOのケビン・ブラウン氏)

これまでにもイニットは小売との連携を広げてきた。イニットは、ユーザーの好みに応じてレシピを提案するShopwellを買収し、2020年10月にはフランスの小売大手カルフールと提携した。

提携により、カルフールで販売される4万を超える製品について、パーソナライズ化された栄養情報を買い物客に提供できるようになった。

一方、Googleクラウドは先月、次世代スマート家電の構築でGEアプライアンスとの提携を発表しており、クラウド大手もキッチンのデジタル化への取り組みを拡大している。

参考記事

Innit Teams Up With Google Cloud To Power Personalized Shopping

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:イニット

 

2022年1月セミナーはこちらから▼

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 多才な料理ロボットのカナダYPCテクノロジーズが約1億4千万円を…
  2. ロティ、ピザなどのフラットブレッドを90秒で作る家庭用フードロボ…
  3. ラーメン自販機のYo-Kai Expressが家庭用調理機『Ta…
  4. 米Bowlton Kitchensの1時間に300の調理が可能な…
  5. 夕飯の準備は出社前の2分で完了!冷蔵機能のあるスマート調理器具S…
  6. キッチンOSのサイドシェフ|買出しレシピサービスでウォルマートと…
  7. 家庭用チョコレートメーカーChocomake|自分好みのチョコ作…
  8. サムスンがIoTアプリに買い物機能を備えた「SmartThing…

おすすめ記事

培養肉生産用のアニマルフリーな血清を開発するMultus Mediaが約2.4億円のシード資金を調達

培養肉開発に使用するアニマルフリーな血清を開発するMultus Mediaが16…

培養肉開発用の成長因子を低コストで量産するCore Biogenesisが約3.2億円を調達

フランスのCore Biogenesisが2020年11月にシードラウンドで26…

3Dプリンターを活用する上海企業CellXが培養豚肉のサンプルを発表

3Dプリンターを活用して培養肉を開発する中国の培養肉企業CellXが培養豚肉のサ…

中国代替肉企業Hey MaetがプレシリーズAで数百万ドルを資金調達

コロナ後に誕生した中国発の代替肉スタートアップ企業Hey Maetが再び資金調達…

食料品ドローン配送を展開するMannaが約27億円を調達、今年第2四半期にアメリカ進出へ

ドローンデリバリースタートアップのMannaがシリーズAで2500万ドル(約27…

Redefine Meatが3Dプリントされた植物ステーキ肉を欧州で発売

3Dプリンターで代替肉を開発するイスラエル企業Redefine Meatが、欧州…

Foovoセミナーのお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/16 16:27時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(01/16 10:13時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(01/15 21:23時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP