Foovo Deep

米Newlightの生分解性プラスチックAirCarbon、プラスチック汚染と温室効果ガスの同時解決へ

 

カリフォルニアのNewlightは、温室効果ガス排出と海洋プラスチック問題を同時に解決する商品AirCarbonを開発した。

使うのは、海にいる微生物。

微生物を使って温室効果ガスを分解されるプラスチックPHBに変えるのだ。

「大気中に放出される二酸化炭素を役に立つものに変えられないか?」という問いを抱いた同社CEOのMark Herremaは、自然界では温室効果ガスを日常的に物質に変換していることに着想を得た。

NewlightCEO・共同創業者のMark Herrema 出典:World Economic Forum

海の中では日常的に、微生物がメタンや二酸化炭素を餌として摂取して、PHBというプラスチックに変換している。

PHBは微生物が飢餓に備えて菌体内に生産・蓄積するもので、環境の中で自然に分解される。

出典:NEWLIGHT TECHNOLOGIES

Mark Herremaはこのプロセスを「陸」で再現できないか考えた。

研究を続けて10年。

Newlightは微生物が行うプロセスを陸で再現することに成功した。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

  1. 植物性刺身を開発するOcean Hugger Foodsが復活|…
  2. 魚の培養脂肪を開発するインパクファット|日本人研究者がシンガポー…
  3. オランダの培養肉企業Meatableが培地の共同開発でDSMと提…
  4. 菌類由来の熱安定性に優れたビーガン着色料を開発するMichrom…
  5. 「食べられる」食品包装用フィルムをインド・ロシア研究チームが開発…
  6. 微生物とAIで新素材を発見するKingdom Supercult…
  7. 牛を使わずに乳製品を開発するDe Novo Dairy|南アフリ…
  8. 培養肉用の安価な足場を開発するGelatexが約1.3億のシード…

おすすめ記事

CellMeatは自社開発したウシ胎児血清フリーの培地を用いて細胞培養による独島エビのプロトタイプを開発

韓国のCellMeatは細胞培養用のウシ胎児血清(FBS)フリー培地を開発し、こ…

Nature’s Fyndが菌類由来の代替肉を米ホールフーズで発売、来年には大規模工場を稼働

微生物発酵により代替肉や代替乳製品を開発するアメリカ企業Nature's Fyn…

【参加レポート】第1回フードテックジャパン展示会

日本初となる第1回フードテックジャパン展示会が開催された(2020年11月25-…

ナイジェリア初の植物肉企業VeggieVictoryに世界の投資家が注目

ナイジェリア初の植物ベース代替肉企業VeggieVictoryが投資家の注目を集…

米国IPOを目指すMeat-Techが3Dプリンターで10mmの牛脂肪構造の作製に成功

このニュースのポイント Meat-Tech 3…

米イート・ジャスト、新しい培養鶏肉製品で再びシンガポール当局の販売許可を取得

アメリカのフードテック企業イート・ジャストが培養肉で再び快挙を成し遂げた。…

培養魚レポート・予約販売開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(11/30 20:07時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(11/30 13:43時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(12/01 06:11時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(11/30 16:04時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP