Foovo Deep

培養肉用の安価な食用足場を開発するエストニア企業Gelatex|事業開発部長Athanasios Garoufas氏にインタビュー

 

培養肉の生産では、生体内環境に似た状態を再現するために、細胞外マトリックス(ECM)に相当する足場が必要となる。

足場はスキャフォールドともいわれ、細胞の接着、増殖、分化を促して、立体構造を保持するための「土台」「骨組み」の役割を持つ。つまり、肉に構造、食感を与える材料となる。

エストニアを拠点とするGelatexは、培養肉をこれまで以上に安くするという野心のもと、独自技術により、用途が広く、安価な三次元ナノファイバー足場を開発している。Gelatexが提供する食用のナノファイバー足場を使用すると、培養肉の生産コストを最大90%削減できるという

同社で事業開発部長を務めるAthanasios Garoufas氏に話を聞いた。

共同創業者兼CEOのMärt-Erik Martens氏(左)と事業開発部長のAthanasios Garoufas氏(右) Foovo(佐藤あゆみ)撮影 シンガポールにて

 

-他の足場と比べて、Gelatexの足場にはどのような強みがありますか?

Garoufas氏Gelatexの足場は、独自のHaloSpin技術によって製造されています。この方法により、主要な植物タンパク質を活用した高性能な足場を提供しています。ナノファイバーの足場は一般的に、足場全体に強い異方性を持たせながら、筋繊維の配向を誘導するのに適していますが、GelatexのHaloSpin技術による足場は、エレクトロスピニングやハイドロゲルの代替品よりもはるかに費用対効果が高く、スケーラブルな方法で製造される点に強みがあります。

また、三次元構造の多孔性により、細胞接着を強化し、酸素と栄養素の拡散速度を向上する独自の形態特性を備えています。

 

-Gelatexの足場にはどのような植物を使用していますか?

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Gelatex

 

関連記事

  1. スウェーデンHookedが約6200万円を調達、2021年春にス…
  2. 植物の葉から食用タンパク質を開発するLeaft Foodsが約1…
  3. 精密発酵で脂肪を開発するNourish Ingredientsが…
  4. Big Idea Venturesの第3コホートに参加する15社…
  5. 代替卵のイート・ジャストがアフリカ市場へ進出
  6. ネスレはコルビオンと提携して植物由来食品用の素材を微細藻類から探…
  7. 国内初|グリーンカルチャーが植物性ゆで卵の開発に成功
  8. ゲイツ氏、ベゾス氏が支援するNature’s Fyn…

おすすめ記事

オランダ政府が細胞農業に約82億円の出資を発表、国の成長計画として培養肉産業を支援

オランダ政府は、国家成長基金(National Growth Fund)の一環と…

マイコプロテインの英ENOUGHが年産1万トンの工場をオランダに建設、年内上市を計画

マイコプロテインを使った代替タンパク質を製造するイギリスのENOUGH(旧称3F…

幅広い植物肉製品を開発するHungry Planetが約27億円を調達

植物性の代替肉を開発するHungry PlanetがシリーズAラウンドで2500…

米パーフェクトデイがシンガポールに研究開発拠点を設置、2021年4月に稼働を開始

このニュースのポイント●米パーフェクトデイがシン…

植物性刺身を開発するOcean Hugger Foodsが復活|タイ企業Nove Foodsと提携して今年後半に海外展開へ

コロナウイルスにより一時は操業停止に追い込まれた植物性代替魚企業Ocean Hu…

代替卵のイート・ジャストがアフリカ市場へ進出

植物ベースの代替卵を開発するイート・ジャストがアフリカ市場へ進出した。南…

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(01/29 17:00時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/29 20:35時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,100円(01/30 14:15時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(01/30 06:55時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
398円(01/29 16:38時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP