Foovo Deep

イスラエルのMarineXcell、独自の核初期化技術で細胞培養によるエビ、ロブスター、カニ開発に挑む【創業者インタビュー】

左からYosef Buganim教授Leonardo Berezowsky氏Gadi Lipiner博士(出典:MarineXcell)

 

培養肉の販売が認められていたシンガポール、アメリカに続き、今年1月にはイスラエルで培養牛肉の販売が認められた。

魚や甲殻類を含めた培養シーフードで販売を認められた国はまだないものの、スタートアップ数は増加の一途をたどる。Foovoの調査では、過去1年で培養シーフード企業は10社以上増え、39社が確認されている。

その1社が、独自技術で培養エビ、ロブスター、カニの開発に取り組むイスラエル企業MarineXcellだ。

海洋生物、特に甲殻類は畜産肉と比べ、幹細胞に関する情報・知見がないといわれるが、MarineXcellは非山中因子を使用する独自の核初期化技術で、培養シーフードを取り巻く種々の課題を克服できると考えている。

MarineXcellの共同創業者であるGadi Lipiner博士(最高経営責任者)、Yosef Buganim教授(最高科学責任者/ヘブライ大学教授)に話を聞いた。

甲殻類生産の課題

出典:MarineXcell

MarineXcellは培養甲殻類に取り組む理由として、甲殻類資源の90%が乱獲されていること、ロブスターなどの甲殻類は養殖が難しいこと、そして甲殻類細胞の培養を試みている企業がほとんどいないことを挙げた。

甲殻類は漁獲されるシーフード全体の6%にも関わらず、漁業による二酸化炭素排出量の22%を甲殻類が占めており、大量の燃料消費が指摘されている

細胞培養で甲殻類に取り組む企業は世界で3社確認されている。代表格のShiok Meatsは昨年、赤身肉を優先させることを発表していたが、先日、Umami Bioworksとの合併計画が発表された。米Upside Foodsは2年前に培養シーフード企業Cultured Decadenceを買収したが、その後の動きは確認できていない。3社目は、培養独島エビを開発する韓国のCellmeatだ。

2023年設立のMarineXcellは、これらの企業と比較して後発だが、他にも類を見ないBuganim教授の核初期化技術で培養エビ、ロブスター、カニの開発に挑戦している。

培養甲殻類を開発するMarineXcellの独自技術

Yosef Buganim教授 出典:MarineXcell

Marinexcellは、幹細胞と初期化分野で世界的に有名な研究者であるBuganim教授が研究開発をリードしている。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

インタビュー実施時期:2024年2月末

 

関連記事

 

関連記事

  1. Formoが精密発酵で作られたアニマルフリーなクリームチーズを発…
  2. 香港培養肉スタートアップAvant Meatsが約3億2千万円を…
  3. 全自動のパン製造ロボットBreadBot、昨年より米スーパーに本…
  4. 精密発酵でカカオバターを開発する米Seminal Bioscie…
  5. イート・ジャストの代替卵JUST Eggが欧州の安全性承認を取得…
  6. 培養羊肉のMagic Valleyがパイロット施設へ拡張、年産1…
  7. マクドナルド、ビヨンドミートと開発した植物性マックナゲットをドイ…
  8. 誰もが食べられるグルテンを開発するUkko、食品アレルギーにパラ…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

微生物でタンパク質を作るNature’s Fyndが約46億円を資金調達、2021年に製品化へ

このニュースのポイント●Nature’s Fyn…

米ビール大手のモルソン・クアーズが植物性ミルク市場へ進出

アメリカ大手のビール会社であるモルソン・クアーズ(Molson Coors)は、…

米Bowlton Kitchensの1時間に300の調理が可能な料理ロボット、在庫管理も自動化

このニュースのポイント●Bowlton Kitc…

Mycorenaが菌類由来の代替脂肪「Mycolein」の発売を発表

スウェーデン企業Mycorenaが菌類由来の代替脂肪「Mycolein(マイコレ…

培養肉企業Meatableがオランダに新しいパイロット工場を開設

オランダの培養肉企業Meatableは今月、オランダ、ライデンにあるバイオサイエ…

オーストラリアのCauldronが約9.3億円を調達、「より小さく、よりスマートな」アジア最大の精密発酵施設ネットワーク構築へ

オーストラリアに新たに設立された精密発酵スタートアップのCauldronは先月、…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/14 12:07時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/13 21:24時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/14 00:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/14 17:58時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/14 10:45時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/13 20:57時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP