Foovo Deep

VowとORF Genetics、アイスランドで欧州初の培養肉試食会を開催

 

オーストラリアの培養肉企業Vowと、大麦由来の成長因子を開発するアイスランドのORF Geneticsは今月12日、欧州初となる培養肉の試食会をアイスランドで開催した。試食会にはアイスランドのカトリーン・ヤコブスドッティル首相も参加し、Vowが開発した培養ウズラを試食した。

ヤコブスドッティル首相は、気候変動に対処するためにはイノベーションとテクノロジーの活用が必要であり、培養肉は気候変動の解決策の1つになると言及。

「アイスランド当局は、アイスランドで新たな解決策を導入する道を開く決意を固めており、私たちは、EUの培養肉規制の枠組みが構築されることを切望しています」と述べ、国として培養肉という新しい食料生産を歓迎する姿勢を示している。

欧州における培養肉試食会の現状と今後

出典:Vow/ORF Genetics

現時点で培養肉の販売が認められているのは米・シンガポールイスラエルに限定され、欧州では認められていない。しかし、アイスランドのほかにも欧州ですでに試食会が実施されている国や、試食会開催が予定されている国など、試食会を巡る状況は今年に入り、進展している。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Vow/ORF Genetics

 

関連記事

  1. チーズ大手のベル、精密発酵企業Standing Ovationと…
  2. 米パーフェクトデイがシンガポールに研究開発拠点を設置、2021年…
  3. 個人から企業まで|貼るだけで果物の鮮度を保持するシールを開発した…
  4. ポーランドNapiFerynがなたね油粕から代替タンパク質Rap…
  5. 3D Bio-Tissuesが植物性足場を使用しない培養ステーキ…
  6. ゲノム編集で熱帯作物の栽培効率を高めるTropic Biosci…
  7. イスラエルの培養肉・代替肉企業6社まとめ
  8. Mogale Meatがアフリカで初の培養鶏胸肉を発表

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

イート・ジャストの代替卵JUST Eggが欧州の安全性承認を取得

米イート・ジャストの代替卵JUST Egg(ジャスト・エッグ)の主要成分が、欧州…

培養脂肪を開発するMission Barnsが約26億円を調達、パイロット工場の建設へ

シリコンバレーを拠点とする細胞農業スタートアップのMission Barnsがシ…

Betterland foodsがパーフェクトデイのアニマルフリーなホエイタンパク質を使ったチョコレートバーを発売

持続可能性を重視した食品を開発するスタートアップ企業のbetterland fo…

イート・ジャストの代替卵JUST EggがEU当局の認可を取得

植物由来の代替卵を開発するアメリカのスタートアップ企業イート・ジャストは、主力製…

香港IXON社が肉を2年間常温保存できるASAP技術を開発

香港のスタートアップIXON Food Technologyは画期的な食品保存方…

Mirai Foodsが厚さ1.5cm以上の培養テンダーロインステーキ肉の作製を発表

スイスの培養肉企業Mirai Foodsは今月、厚さ1.5cm以上の培養テンダー…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/14 12:07時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/13 21:24時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/14 00:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/14 17:58時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/14 10:45時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/13 20:57時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP