Foovo Deep

ジャガイモで卵白タンパク質を開発するPoLoPo、2026年の上市に向けて米国農務省(USDA)に申請

 

イスラエルの植物分子農業スタートアップPoLoPoは先月、遺伝子組み換えジャガイモを使用して卵白タンパク質を開発する自社プラットフォームについて、米国農務省(USDA)に承認申請を行った。

同社は2026年を目標に、CPGメーカーや外食サービスにB2Bで卵白タンパク質を供給することを目指している

ジャガイモで卵白タンパク質を開発するPoLoPo、USDAに申請

出典:PoLoPo

植物を生産工場とする分子農業で作られたタンパク質をアメリカで商用化する場合、まず第1ステップとしてUSDA-APHIS(動植物検疫課)に対し規制ステータス評価Regulatory Status ReviewRSR)を申請し、使用植物が規制の対象になるかの評価を行ってもらう。第2ステップとして米国食品医薬品局(FDA)から原料の承認を得る必要がある

RSRで従来の植物と比較して害虫リスクの可能性が低いと結論づけられると、栽培、輸入、州を超えた移動などに許可が不要になる

PoLoPoはこのための第1ステップの申請を行ったことになり、Green queenの報道によると6ヵ月以内に承認される見込みだという。Foovoの認識では、第1ステップをクリアしている企業はMoolec Scienceのみとなる。

独自のSuperAAプラットフォーム

出典:PoLoPo

PoLoPoは今年3月、遺伝子組み換えジャガイモを使用して動物タンパク質を生産するためのSuperAAプラットフォームを発表した

同社は卵白に含まれるオボアルブミとジャガイモに含まれるパタチンの2種類のタンパク質を開発している。ジャガイモの塊茎で標的アミノ酸を生成し、塊茎が十分に成長したら収穫して、タンパク質を抽出・乾燥させて粉末製品にする仕組みだ。

PoLoPoはSuperAAプラットフォームについてUSDAの承認を求めている。USDAから同プラットフォームについて承認を得られると、オボアルブミンだけでなく他のタンパク質を発現するさまざまな品種について比較的迅速な承認につながるとPoLoPoはGreen queenに述べている。

世界の植物分子農業は21社|イスラエル企業は6社

PoLoPoはイスラエルの分子農業企業の中で、最初にアメリカでの承認プロセスを開始した企業だと述べている。

この領域で最も先行しているのは前述の通り、ルクセンブルクに拠点を置くMoolec Scienceだ。Moolecは今年4月、遺伝子組み換え大豆「Piggy Sooy」についてUSDAの承認を得たことを発表した。現在はFDAとの協議を続けている。

世界の分子農業は2021年の4社から昨年4月には17社に増え、現時点では21社が確認されている。まとめると次のようになる。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:PoLoPo

 

関連記事

  1. ネスレがヴィーガンキットカットの販売を欧州で開始!
  2. オーストラリアのNourish Ingredients、植物肉用…
  3. 【2023年度版】精密発酵レポート販売開始のお知らせ
  4. Nature’s Fyndが菌類由来のヨーグルトを開発、来月から…
  5. 精密発酵の米パーフェクトデイ、約130億円の資金調達とともに創業…
  6. スウェーデン企業Mycorenaが世界初となる菌類由来の代替油脂…
  7. CellMEATが約10.3億円を調達、培養エビや培養甲殻類製品…
  8. スイスの研究チームが研究室で細胞培養によるチョコレートを開発

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

Mirai Foodsが厚さ1.5cm以上の培養テンダーロインステーキ肉の作製を発表

スイスの培養肉企業Mirai Foodsは今月、厚さ1.5cm以上の培養テンダー…

DICがスピルリナ由来ヘムを開発する米BYASに出資を発表

DICは、藻類由来製品の事業拡大のために米Back of the Yards A…

ネスレが精密発酵ホエイを使用したプロテインパウダー製品を発売|2回目の製品販売

大手食品メーカーのネスレが、精密発酵ホエイを使用したプロテインパウダー製品を発売…

スウェーデンHookedが約6200万円を調達、2021年春にスウェーデンで市販化予定

このニュースのポイント●スウェーデンHooked…

細胞農業によるキャビア製造でGeneus Biotechがヴァーヘニンゲン大学と研究提携

細胞農業企業の多くが牛肉や鶏肉、チーズなどの製造に力を注ぐ中、高級食材であるキャ…

ビーガンチーズを開発するMiyoko’s Creameryが約57億円を調達

植物ベースのビーガンチーズを開発するMiyoko’s Creameryがシリーズ…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(06/21 12:46時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(06/20 22:10時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(06/21 01:48時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(06/20 18:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(06/21 11:15時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(06/20 21:34時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP