AI

米January AI:血糖値モニターを使用せずに血糖値を予測する世界初のアプリを発表

 

毎回の食事で血糖値への影響が気になる人に、事前に食品が血糖値に与える影響を予測分析できるアプリが登場した。

カリフォルニアを拠点とするスタートアップ企業January AIは今月開催されたCESで、3製品目となる最新アプリ「January app」を発表した。

「January app」は同社が臨床検証した独自のモデル、トレーニングデータ、人口統計情報を活用しており、ユーザーは食事をスキャンするだけで、血糖値に関する洞察、主要栄養素、代わりの食事などフィードバックを得ることができる。

January AIはこのアプリについて、「持続血糖モニター(CGM)を一度も装着したことがない人々に血糖値に関する革新的な洞察を提供する」ものだと述べている。

糖尿病スクリーニングにひそむギャップ

出典:January AI

高血糖は、糖尿病だけでなく、心疾患、慢性腎疾患、精神疾患の増加に関連しているため、食品の血糖値への影響を管理することはますます重要になっている。

米国疾病予防管理センター(CDC)によると、アメリカでは糖尿病患者は全人口の11.6%となる3,840万人おり、その22.8%は診断を受けていないと推定されている。糖尿病と確定されていないものの、罹患する可能性のある糖尿病予備軍は9,760万人と、アメリカ成人の38%を占めている。

糖尿病予備軍は健康診断では発見が難しく、発見するには、健診時の空腹時血糖ではなく、食後の血糖値上昇を確認しなければならない。しかし、血糖測定ツールは確定診断を受けなければ保険対象とはならないのが現状だ。

血糖値を測定するツールには、持続血糖モニター(CGM)と呼ばれるデバイスが使用されるが、糖尿病と診断されていない限り自己負担となる。例えば、国内でも販売されているアボットの血糖値モニター「フリースタイルリブレ」は自己負担の場合、2週間で7000円を超える費用を払わねばならない。

つまり、糖尿病のリスクがあるかを早期に発見するには、安いとは言い難い医療機器に頼らねばならないのが現状だ。January AIは、こうしたスクリーニングに存在するギャップに着目した。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:January AI

 

関連記事

  1. Remilkがイスラエル食品大手CBCグループと提携、1年以内の…
  2. チョコレート大手のマース、精密発酵由来の乳タンパク質を使ったチョ…
  3. 分子農業で代替タンパク質と成長因子を開発するスタートアップ企業4…
  4. Farmless、二酸化炭素によるタンパク質生産に向けて約1.8…
  5. 培養肉企業21社の生産工場・稼働状況まとめ-2022年11月時点…
  6. ホームメイド料理をデリバリーするShefが約22億円を調達
  7. フューチャーミートが世界で初めて培養羊肉を生産、年内に米生産施設…
  8. 植物の葉から食用タンパク質を開発するLeaft Foodsが約1…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

Shiok Meatsが細胞由来の培養ロブスター試作品を発表、2022年までの商品化を目指す

このニュースのポイント ●シンガポールのShiok Meatsが培養…

高級培養肉を開発するOrbillion Bioが約5億4000万円を調達

培養肉を開発するスタートアップ企業Orbillion Bioが、シードラウンドで…

Joes Future Foodが中国初の培養豚バラ肉を発表、中国政府も細胞農業を重視

中国の培養肉企業Joes Future Foodは先日、南京国立農業ハイテク産業…

Revo Foodsが3Dプリンターで作製した代替サーモンを初発売、スーパーでも販売開始

オーストリア企業Revo Foodsが3Dプリンターで作製した代替サーモンを発売…

UPSIDE Foodsが培養シーフード企業Cultured Decadenceを買収

アメリカの培養肉企業Upside Foods(アップサイドフーズ)が、培養シーフ…

米イート・ジャスト、年内または2022年に30億ドルのIPOを目指す

植物卵・培養肉を開発するアメリカのイート・ジャストが、今年第4四半期から2022…

Foovoの記事作成方針に関しまして

培養魚企業レポート・予約注文開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(02/28 11:46時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(02/27 20:51時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(02/28 00:18時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(02/27 17:39時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(02/28 10:26時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(02/27 20:23時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP