培養肉

テキサスのBioBQ、世界初となる培養肉ブリスケット開発に挑戦

>> <<

 

テキサスを拠点とするBioBQはこれまでと違う培養肉に挑戦している。

培養肉といえば、ハンバーガー用バーガーのモサミート、ミートボールやチキンのメンフィス・ミーツ、ベーコンのMission Barnsなどがあるが、BioBQが提供したい「肉」は他社にはまだない。

ブリスケットとジャーキーだ。

2018年に設立されたBioBQは、2023年までの試作品開発を目指している。

同社の培養肉は他社と同じく、足場を用いて細胞を脂肪、筋肉、コラーゲンに成長させる。他社にはない難しさは、ブリスケットの「サシ」を再現することだという。BioBQは特許技術を使って細胞シートを積層させ、サシとなる層を作り出している。

もう1つの課題は、FBS(ウシ胎児血清)を含有しない安価な培地を見つけることだ。

FBSは出生前の子牛を使うため、高価なのはもちろん、倫理的に問題がある。自身がヴィーガンでもあるKatie Kamは、FBSは使わず、ほかの代替手段を見つけたいと考えている。

共同創業者のKatie KamとJanet Zoldan 出典:BioBQ

培地コストの高さは培養肉開発の課題の1つで、他社のなかには独自の手法でコスト削減に成功している事例がある。

モサミートは9月に約58億円を調達したばかり。すでに培地からFBSを除去し、大幅なコスト削減に成功している。

日本発の培養肉スタートアップとして注目されるインテグリカルチャーは、高コストな血清成分と成長因子を外部からもってくるのではなく、内部で生産するバイオリアクタ「CulNet System」を開発することで、コストダウンを図っている。

アイスランドのORF Geneticsはネックとなる高額な成長因子を大麦から安価に開発することに成功。大量生産を視野に、2021年に試験を開始予定だ。

BioBQの最優先課題は、開発を加速させるために資金を調達することだ。

すでにアメリカ国立科学財団(NSF)のプログラムに申請しており、年末までに結果がわかる。NSFから資金調達できれば2021年に研究施設を持つ予定。それより早く資金を調達できれば、今年中に研究施設開設に踏み切るという。

 

参考記事

In Texas, BioBQ is Betting on Brisket as the Next Big Thing for Cell-Based Meat

Lab-grown Texas BBQ? Austin startup BioBQ is working on it

アイキャッチ画像はイメージ

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 香港培養肉スタートアップAvant Meatsが約3億2千万円を…
  2. 【完全保存版】培養肉ベンチャー企業20社まとめ【2020年】
  3. 代替肉はなぜ必要なのか?代替肉の必要性、分類、現状をわかりやすく…
  4. TurtleTree Scientificが商用規模での細胞培養…
  5. スペイン政府がBioTech Foodsの主導する培養肉プロジェ…
  6. 「細胞培養の救世主」、クラウドで培養を受託する米企業Cultur…
  7. 米国IPOを目指すMeat-Techが3Dプリンターで10mmの…
  8. 培養肉企業モサミートが約20億円を調達、三菱商事も出資に参加

おすすめ記事

植物性チーズを開発するスウェーデン企業Stockeld Dreamery、今年前半に初商品の発売へ

植物性チーズのシェアは大きくないが、代替チーズに取り組む企業は増えつつある。…

安価な成長因子を開発するカナダのFuture Fieldsが約2億3千万円を調達、培養肉を「大衆品」に

培養肉開発のために安価な成長因子を開発するFuture Fieldsがシードラウ…

シンガポールのSophie’s Bionutrientsは微細藻類を原料にした代替パテ肉を発表

シンガポールのSophie's Bionutrientsは微細藻類を使った植物性…

3Dプリンター製サーモンを開発するRevo Foodsが約1億9000万円を調達

3Dプリンターで植物性サーモンを開発するRevo Foodsが150万ユーロ(約…

Moleyが自動調理ロボット「モーレイ・ロボット・キッチン」の販売を開始

調理ロボットを製造するイギリスのモーレイロボティックス(Moley Roboti…

培養肉はどんな産業を生み出すのか?|SKSJ2020参加レポート

培養肉が社会・環境にもたらすインパクトは大きい。動物を殺さずに肉を作れる…

フードテックを理解するのに役立つ書籍

 

 

 

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP