培養肉

テキサスのBioBQ、世界初となる培養肉ブリスケット開発に挑戦

2022年1月セミナーはこちらから▼

 

テキサスを拠点とするBioBQはこれまでと違う培養肉に挑戦している。

培養肉といえば、ハンバーガー用バーガーのモサミート、ミートボールやチキンのメンフィス・ミーツ、ベーコンのMission Barnsなどがあるが、BioBQが提供したい「肉」は他社にはまだない。

ブリスケットとジャーキーだ。

2018年に設立されたBioBQは、2023年までの試作品開発を目指している。

同社の培養肉は他社と同じく、足場を用いて細胞を脂肪、筋肉、コラーゲンに成長させる。他社にはない難しさは、ブリスケットの「サシ」を再現することだという。BioBQは特許技術を使って細胞シートを積層させ、サシとなる層を作り出している。

もう1つの課題は、FBS(ウシ胎児血清)を含有しない安価な培地を見つけることだ。

FBSは出生前の子牛を使うため、高価なのはもちろん、倫理的に問題がある。自身がヴィーガンでもあるKatie Kamは、FBSは使わず、ほかの代替手段を見つけたいと考えている。

共同創業者のKatie KamとJanet Zoldan 出典:BioBQ

培地コストの高さは培養肉開発の課題の1つで、他社のなかには独自の手法でコスト削減に成功している事例がある。

モサミートは9月に約58億円を調達したばかり。すでに培地からFBSを除去し、大幅なコスト削減に成功している。

日本発の培養肉スタートアップとして注目されるインテグリカルチャーは、高コストな血清成分と成長因子を外部からもってくるのではなく、内部で生産するバイオリアクタ「CulNet System」を開発することで、コストダウンを図っている。

アイスランドのORF Geneticsはネックとなる高額な成長因子を大麦から安価に開発することに成功。大量生産を視野に、2021年に試験を開始予定だ。

BioBQの最優先課題は、開発を加速させるために資金を調達することだ。

すでにアメリカ国立科学財団(NSF)のプログラムに申請しており、年末までに結果がわかる。NSFから資金調達できれば2021年に研究施設を持つ予定。それより早く資金を調達できれば、今年中に研究施設開設に踏み切るという。

 

参考記事

In Texas, BioBQ is Betting on Brisket as the Next Big Thing for Cell-Based Meat

Lab-grown Texas BBQ? Austin startup BioBQ is working on it

アイキャッチ画像はイメージ

 

2022年1月セミナーはこちらから▼

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 培養肉企業メンフィス・ミーツが社名をUPSIDE Foodsに変…
  2. 培養魚のBlueNalu(ブルーナル)がヨーロッパ進出へ向け冷凍…
  3. カンガルーの培養肉を開発するオーストラリア企業Vow、食の変革に…
  4. 培養肉企業インテグリカルチャーによる 「CulNetコンソーシア…
  5. スイスの研究チームが研究室で細胞培養によるチョコレートを開発
  6. 培養フォアグラを開発する仏Gourmeyが約11億円のシード資金…
  7. 培養油脂のMission Barnsが食肉加工企業と提携、培養ソ…
  8. 中国の培養肉業界の今をクローズアップ-2021年11月-【政策/…

おすすめ記事

米イート・ジャスト、年内または2022年に30億ドルのIPOを目指す

植物卵・培養肉を開発するアメリカのイート・ジャストが、今年第4四半期から2022…

ミシュラン星付きシェフと再生医療研究者が立ち上げた培養肉企業ダイバースファームが目指すもの

ミシュラン星付きシェフと再生医療の研究者が立ち上げた異色の培養肉企業ダイバースフ…

菌糸体からステーキ肉を開発するMeati Foodsが約55億円を調達、2022年に商品の販売へ

菌糸体からブロック肉を開発する米Meati Foodsが、シリーズBで5000万…

代替母乳のTurtleTree、カリフォルニアに研究施設開設を発表

細胞農業により代替母乳を開発するシンガポール企業TurtleTreeは、カリフォ…

食肉生産者を培養肉生産者に変えるドイツ企業Innocent Meatの「Clean meat as a service」

培養肉はクリーンミート、細胞培養肉とも言われ、動物を殺さずに食肉を生産する新たな…

iPS細胞で培養肉を開発するオランダ企業MeatableがシリーズAで約50億円を調達

オランダの培養肉企業MeatableはシリーズAラウンドで4700万ドル(約50…

Foovoセミナーのお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/16 16:27時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(01/16 10:13時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(01/15 21:23時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP