Foovo Deep

ソーラーフーズ、微生物タンパク質を使用したアイスクリームをシンガポールで発売

 

フィンランド企業ソーラーフーズは今月、二酸化炭素と微生物を活用して開発した代替タンパク質ソレイン(Solein)を使用したアイスクリームをシンガポールで発売することを発表した

ソレインを使用したさまざまな料理が先月25日、シンガポールのレストラン「Fico」で開催された限定試食会で公開された。「Fico」は今月15日より、ソレインを使用したアイスクリームSolein Chocolate Gelatoの一般提供を開始した。

微生物タンパク質ソレインを使用したアイスクリーム

出典:Solar Foods

ソレインは、二酸化炭素、水素、酸素を微生物に供給するバイオプロセスにより生成される微生物タンパク質で、単細胞タンパク質(SCP)エア・プロテイン空気タンパク質とも呼ばれる。通常、微生物がタンパク質を生成するために発酵する時、栄養源として糖類などを使うが、ソレインの生成では二酸化炭素を使用する。

ソレインは天然資源に依存せず、天候や土地の有無に左右されず、再生可能エネルギーを使用するため、持続可能で環境負荷の低いタンパク質だと注目されている。

ソレインを使用したアイスクリーム 出典:Solar Foods

ソレインはすべての必須アミノ酸を含むタンパク質が豊富な粉末であり、代替乳製品、代替肉、スナック、ドリンク、麺、パスタ、パンやスプレッドなど、さまざまな食品に代替タンパク質として使用できる。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Solar Foods

 

関連記事

  1. 培養シーフードを開発するShiok Meatsが資金調達、シンガ…
  2. スピルリナ由来の代替肉、スナックバーを開発するインド企業Naka…
  3. アレフ・ファームズがアジアへの培養肉導入加速に向けてタイ・ユニオ…
  4. セイバーイートが植物肉用3Dプリンターをアメリカの大学へ初導入
  5. エンドウ豆由来の代替ミルクを展開する米Ripple Foodsが…
  6. アレフ・ファームズ、タイ初の培養肉工場建設でBBGI、Fermb…
  7. Joes Future Foodが中国初の培養豚バラ肉を発表、中…
  8. Oshiのホールカットの植物サーモン、ニューヨークで発売

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

EUから出資を受けるドイツの微細藻類スタートアップQuazy Foodsが約1.3億円を調達

ドイツ、ベルリンを拠点とする微細藻類スタートアップのQuazy Foods(旧称…

自宅を農家にする室内農業のGardynが約10億円を調達

水耕栽培キットを開発するGardynがシリーズAで1000万ドル(約10億円)を…

料理の失敗から解放!レシピアプリと調理器をシームレスに連動するスマート調理家電Hestan Cue

ステーキ肉を買ってきたけれど、焼き加減や時間がわからず失敗してしまったことはない…

酵母由来の代替パーム油で2023年上市を目指す英Clean Food Group

イギリスを拠点とするClean Food Groupは、パーム油に代わる酵母由来…

トッピングが選べるソフトクリーム自販機iCream、今後はアニマルフリー対応マシンも

アイスクリームを手軽に購入できる自動販売機といえば、セブンティーンアイスがおなじ…

ベルギーの精密発酵企業Paleoが約2.5億円のシード資金を調達

ベルギーのフードテック企業Paleoはシードラウンドで200万ユーロ(約2億57…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/19 12:11時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/19 21:26時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/19 00:56時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/19 18:01時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/19 10:46時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/19 21:00時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP