アップサイクル

果物の廃棄物を活用して精密発酵脂肪を開発するZayt Bioscience

 

精密発酵で持続可能な脂肪を開発する企業が増えている。精密発酵により食品、脂肪、他のタンパク質を開発する企業は世界で80社以上確認されている。そのなかで近年、企業数が増加しているのが脂肪のカテゴリだ。

ドイツのスタートアップ企業Zayt Bioscienceは、果物の廃棄物を活用した精密発酵により環境に優しい脂肪、油脂を開発している。Green Queenの報道によると、同社は2024年末までに精密発酵バター「Zayt Butter」の提供を目指している。

Zayt Butter」は室温で固体で、食品と化粧品に使用できる。スキンケア・ヘルスケア分野だけでなく、すでに代替タンパク質の分野でも「初期のクライアントと試験を実施」しているという

果物の廃棄物を活用して精密発酵脂肪を開発

出典:Zayt Bioscience/FoodLabs

牛肉、大豆、パーム油は熱帯森林破壊の原因の約60%を占めており、大豆・パーム油による割合は18%といわれている

赤道付近でしか生育しないパーム油の使用が拡大した場合、世界で絶滅の危機に瀕している哺乳類の半分以上、絶滅の危機に瀕している鳥類の3分の2が影響を受ける可能性があると指摘されている

微生物を生産工場として特定成分を生成する精密発酵は、パーム油など植物油脂の生産で指摘される環境負荷を軽減できる技術として期待されている。

持続可能な油脂開発を目指し、これまでにClean Food GroupZero Acre FarmsC16 biosciencesÄIOCultivated BiosciencesNourish Ingredientsなどが確認されている。土地利用・水使用を低減し、施設を設置すれば理論的に場所を選ばずに生産を可能にする精密発酵だが、インフラ面で供給と需要のギャップがあるのが現状だ。

Zayt Bioscienceはインフラの課題を解決するため、プラグアンドプレイ(すぐに使用できるという意味)のバイオリアクターを提供するドイツ企業Kyndaと提携した

Kyndaは「当社のプラグアンドプレイのバイオリアクターは、資本コストと運営コストを大幅に削減します。これは、Zayt(と当社と協業する他の企業)が拡張しやすいシステムを活用し、代替タンパク質を社内生産できることを意味します」と述べている

Kyndaの公式サイトでは菌糸体を使用するバイオマス発酵向けのソリューションと記載があるが、精密発酵にも対応していると思われる。

二社は当面は生産のスケール化と最適化に取り組むが、Zayt独自のバイオプロセスに向けたカスタムメイドなソリューション開発に向けても取り組んでいるという。Zaytの共同創業者兼CEO(最高経営責任者)Amr Aswad氏はこのソリューションについて、既存のCMOでは対応できないものだとGreen Queenに述べている。

Zayt BioscienceはこれまでにFoodLabsからプレシード資金を調達している。来年までに「Zayt Butter」の生産を拡大して注文に対応するために現在、シード資金を調達している。FoodLabsKyndaにも出資している

出典:ÄIO

Zayt Bioscienceが使用する「果物の廃棄物」が具体的に何を指すかは不明だが、廃棄物を活用したバター開発の事例として、エストニア企業ÄIOもあげられる。同社は農業や木材産業で生じるおがくずを活用して代替油脂、バターを開発しており、今年2月に約1億4000万円を調達した。

精密発酵以外では、スウェーデンのMycorenaが昨年7月、マイコプロテイン由来バターのプロトタイプを発表した。

 

参考記事

Zayt Bioscience: Turning Fruit Waste into Precision Fermentation Butter

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Zayt Bioscience

 

関連記事

  1. タイ食品大手のCPフーズがイスラエルの培養肉企業フューチャーミー…
  2. 米Atlantic Fish Co、世界初の培養ブラックシーバス…
  3. 香港グリーンマンデーのヴィーガンカフェGreen Commonが…
  4. レタスを活用して乳タンパク質を開発するイスラエル企業Pigmen…
  5. パーフェクトデイの精密発酵由来の乳タンパク質を使った牛乳が今夏、…
  6. 代替脂肪(油脂)セミナー開催のお知らせ
  7. 精密発酵で代替パーム油を開発するC16 Biosciencesが…
  8. 代替卵のイート・ジャストがアフリカ市場へ進出

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

培養ロブスターを開発する米Cultured Decadenceが約1億7000万円を調達、州政府による細胞農業企業への初出資

細胞農業スタートアップのCultured Decadenceがプレシードで160…

マメ科植物の種子から植物性ホイップクリームを開発するANDFOODSが約4億円を調達

ニュージーランドのフードテック企業ANDFOODSは、マメ科植物の種子からアニマ…

イスラエルの培養肉・代替肉企業6社まとめ

 2021年になってから、イスラエル発の培養肉企業・植物肉企業のニュースが続ている。…

スイス初の培養肉企業Mirai Foodsが初の資金調達、培養肉の市販化を目指す

スイスの培養肉企業Mirai Foodsが初となるシードラウンドで210万スイス…

ニュージーランド企業Daisy Labが精密発酵ホエイのスケールアップ生産に成功

ニュージーランドの精密発酵企業Daisy Labは、10Lのバイオリアクターを使…

イスラエルのPlantishが3Dプリントされた植物性サーモンを発表、2024年に本格販売へ

イスラエルのフードテック企業Plantishは、植物原料を使った代替サーモンの切…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/18 12:26時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/17 21:43時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/18 01:20時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/17 18:18時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/18 11:01時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/17 21:15時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP