3Dプリンター

アレフ・ファームズが培養肉のパイロット生産施設を今夏にオープン、宇宙プロジェクトも始動

 

イスラエルの培養肉企業アレフ・ファームズは、イスラエル、レホボトに本社を移転したことを発表した

レホボトに位置する65,000平方フィートの施設には、パイロット生産施設と研究開発センターが含まれる。同社は培養肉の年内販売に先立ち、パイロット施設を今年夏までに本格稼働する。

さらに、イスラエル宇宙局が主導する宇宙プロジェクトの始動も発表した

アレフ・ファームズ、年内に培養肉販売へ

出典:Aleph Farms

アレフ・ファームズはバイオ3Dプリンターを活用して培養ステーキ肉を開発するイスラエル企業。

初期からステーキ肉の開発に焦点をあててきた同社は、2019年にロシア企業と協力して宇宙で培養肉を生産、昨年2月にはバイオ3Dプリンターによる培養リブロース肉を開発した。

新しい施設は、イスラエルのバイオテックハブとされるレホボト市内に位置する。65,000フィート(約6000㎡)はサッカー場に相当するサイズとなる。レホボト市には昨年、同国の培養肉企業Future Meatが生産施設をオープンしている。

プレスリリースによると、アレフ・ファームズのイスラエル国内のスタッフは昨年2倍になった。100名以上のチームメンバーが新しい施設に配属され、事業規模は6倍になる。パイロット生産施設、研究開発センターに加え、コミュニティセンターも含まれるという。

出典:Aleph Farms

2022年はアレフ・ファームズにとって忙しい1年となりそうだ。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Aleph Farms

 

関連記事

  1. ビヨンドミートの新商品ソーセージ、10月から全米の食料品店で販売…
  2. イート・ジャストの培養肉部門GOOD Meatが約184億円を調…
  3. 微生物発酵で赤色着色料を開発するChromologicsが約8億…
  4. 米イート・ジャスト、新しい培養鶏肉製品で再びシンガポール当局の販…
  5. 菌糸体ステーキ肉の開発に挑むスペイン企業Libre Foods
  6. 培養魚レポート・販売開始のお知らせ
  7. スペインNovameatが3Dプリンター製培養肉の試作品を発表
  8. インポッシブルフーズが植物性ソーセージを小売で販売開始

おすすめ記事

米イート・ジャストがシンガポール最大の植物性タンパク質工場の建設を開始

アメリカ、カリフォルニアを拠点とするイート・ジャストは、シンガポールで新しい生産…

Yコンビネーターが支援する米培養肉企業Orbillion Bioは高級肉開発で差別化を図る

培養肉スタートアップ企業Orbillion BioがYコンビネーターのWinte…

米MycoTechnologyが約105億円を調達、菌糸体発酵プラットフォームの海外展開を加速

菌糸体で食品業界の課題解決に挑むアメリカ、コロラドを拠点とするMycoTechn…

培養油脂のMission Barnsが食肉加工企業と提携、培養ソーセージのスケールアップ生産を完了

植物性原料を使った代替肉が普及するなか、代替肉をより本物に近づける試みとして、細…

微生物でタンパク質を作るNature’s Fyndが約46億円を資金調達、2021年に製品化へ

このニュースのポイント●Nature’s Fyn…

DouxMatokが砂糖の使用量を半分に減らしたIncredo Spreadsの販売を開始

イスラエルのスタートアップDouxMatokが開発した、少ない量でも甘さの変わら…

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(01/29 17:00時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/29 20:35時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,100円(01/29 14:15時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(01/30 06:55時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
398円(01/29 16:38時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP