3Dプリンター

アレフ・ファームズが培養肉のパイロット生産施設を今夏にオープン、宇宙プロジェクトも始動

 

イスラエルの培養肉企業アレフ・ファームズは、イスラエル、レホボトに本社を移転したことを発表した

レホボトに位置する65,000平方フィートの施設には、パイロット生産施設と研究開発センターが含まれる。同社は培養肉の年内販売に先立ち、パイロット施設を今年夏までに本格稼働する。

さらに、イスラエル宇宙局が主導する宇宙プロジェクトの始動も発表した

アレフ・ファームズ、年内に培養肉販売へ

出典:Aleph Farms

アレフ・ファームズはバイオ3Dプリンターを活用して培養ステーキ肉を開発するイスラエル企業。

初期からステーキ肉の開発に焦点をあててきた同社は、2019年にロシア企業と協力して宇宙で培養肉を生産、昨年2月にはバイオ3Dプリンターによる培養リブロース肉を開発した。

新しい施設は、イスラエルのバイオテックハブとされるレホボト市内に位置する。65,000フィート(約6000㎡)はサッカー場に相当するサイズとなる。レホボト市には昨年、同国の培養肉企業Future Meatが生産施設をオープンしている。

プレスリリースによると、アレフ・ファームズのイスラエル国内のスタッフは昨年2倍になった。100名以上のチームメンバーが新しい施設に配属され、事業規模は6倍になる。パイロット生産施設、研究開発センターに加え、コミュニティセンターも含まれるという。

出典:Aleph Farms

2022年はアレフ・ファームズにとって忙しい1年となりそうだ。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Aleph Farms

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. 二酸化炭素、水素、微生物からタンパク質を作る米NovoNutri…
  2. スイスの研究チームが研究室で細胞培養によるチョコレートを開発
  3. 世界初!アレフ・ファームズが3Dプリンターで培養リブロース肉を開…
  4. 微生物・空気・電気からタンパク質を生産するソーラーフーズ、年内に…
  5. ひよこ豆由来のタンパク質を開発するInnovoProが約3億円を…
  6. イスラエルの培養肉Future Meatが世界初の培養肉生産施設…
  7. イスラエルAleph Farmsが宇宙で培養ステーキ肉を作る「A…
  8. インポッシブルフーズが香港・シンガポールの食料品店で販売を開始、…

おすすめ記事

パーフェクトデイの精密発酵由来の乳タンパク質を使った牛乳が今夏、ついに市販化

今夏、精密発酵で作られたアニマルフリーな牛乳がアメリカで発売される。世界…

植物性3Dプリント肉を開発するRedefine Meatが約155億円を調達

3Dプリンターによる代替肉を開発するイスラエル企業Redefine Meatが1…

Novameatがスペイン政府から約3100万円を調達、世界トップ10のレストランと提携

3Dプリンターを活用してステーキ肉を作るスペイン企業Novameat(ノバミート…

3Dプリンター肉のSavorEatが代替卵に特化したスタートアップEgg’n’upを設立

3Dプリンター肉を開発するイスラエル企業SavorEatが、代替卵に特化した新し…

Picnicがピザ組み立てロボットの予約注文受付をスタート

ピザ組み立てロボットを開発するPicnicが、予約注文の受付を開始したことを発表…

動物を使わないチーズを作るChange Foodsが約9100万円を資金調達、生乳市場の破壊へ乗り出す

このニュースのポイント ●Change Foodsがプレシードで約9…

ニュースメルマガ登録で無料レポートをプレゼント

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/22 18:01時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/23 11:51時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(05/22 23:08時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP