代替プロテイン

培養肉企業のパイオニア、モサミートがオランダに培養肉工場を開設

 

オランダを拠点とする培養肉企業モサミートは今月、オランダ、マーストリヒトに2,760㎡(29,708平方フィート)の培養肉工場を開設したことを発表した。これは同社4番目の施設となる

この工場の開設により、モサミートの生産施設は7,340㎡(79,007平方フィート)となった。AgFunderの報道によると、当面は、1,000リットルのバイオリアクターを使用して年間数万個の培養肉ハンバーガーを製造する生産能力となる。需要増加に伴い、長期的には年間数十万個の生産能力まで拡大するよう設計されているという。

モサミートは現在、シンガポール・欧州での認可取得に向けて取り組んでいる。シンガポールは現在も培養肉の販売を認めた唯一の国であり、これまでにGOOD Meatのみが販売を実現している。

モサミートはシンガポール進出を視野に昨年、シンガポールで培養肉の製造認可を持つEsco Asterと提携した

出典:Mosa Meat

2013年に世界に先駆けて培養肉バーガーを発表したモサミートは、持続可能な食料システムの構築に向けて、培養肉の研究開発を加速させると同時に、培養肉を正しく理解してもらうため、情報発信にも力をいれてきた。

昨年には倫理的な問題が指摘されるウシ胎児血清(FBS)を使わずに筋細胞を分化させる方法について論文を発表した。今年1月には、FBSを使用せずに脂肪を培養する無血清培地について論文を発表し、同社の無血清培地がFBS含有培地よりも分化能が優れていることを示した

同社はこれまでに、Blue Horizon三菱商事Nutreco、スイスの食肉加工会社Bell Food Group、俳優のレオナルド・ディカプリオ氏などから総額9600万ドル(約130億円)の出資を受けている。今年3月には培地サプライチェーンの構築でNutrecoとの提携を発表している

出典:Mosa Meat

培養肉企業の中には大量生産に向けて、大型バイオリアクターの構築に取り組む事例もみられるが、モサミートはAgFunderのインタビューに対し、培養牛肉で収益を出すにあたり、25万リットルのバイオリアクターは必要ないと回答している。

モサミートのほかにも昨今、マレーシアのCell AgriTech、中国のCellXが工場建設を発表したり、イスラエルのBELIEVER Meatsがアメリカで工場の建設を開始するなど、培養肉業界全体で商用化・大量生産に向けて工場の建設が増加している。

 

参考記事

Mosa Meat opens new facility in Maastricht, sees ‘a clear path towards price parity’ for cultivated meat

Dutch Pioneer Mosa Meat Opens World’s Largest Cultivated Meat Facility

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:モサミート

 

関連記事

  1. オランダのFarmless、約7.5億円を調達し農地不要のタンパ…
  2. EUが出資するFEASTSが発足:欧州における培養肉・培養シーフ…
  3. スイス初の培養肉企業Mirai Foodsが初の資金調達、培養肉…
  4. イリノイ州が精密発酵の推進に向けて、iFAB Tech Hubに…
  5. オイシックス・ラ・大地、サステナブル・シーフード発表会・試食会を…
  6. モサミートが培養肉の工業生産に向けて生産施設を拡大
  7. Yali Bioが植物由来の培養脂肪生産のためにシードラウンドで…
  8. 培養肉モサミートが培養脂肪用培地の大幅コストダウンに成功

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

インポッシブルフーズの脅威になるか?スピルリナ由来のヘムを開発したBack of the Yards Algae Sciences

Back of the Yards Algae Sciences(BYAS)とい…

Aqua Cultured Foodsが微生物発酵による代替イカを今年後半に発売

シカゴを拠点とするフードテック企業Aqua Cultured Foods(アクア…

代替肉はなぜ必要なのか?代替肉の必要性、分類、現状をわかりやすく解説

ベジタリアン、ヴィーガンでないなら代替肉は必要ないのでは? 日本は…

Colloが開発した、電磁場を利用して牛乳工場の損失を防ぐ「液体指紋」技術

インフレによるコストの高騰と二酸化炭素排出量削減への関心の高まりを受けて、乳製品…

食品廃棄物を活用してマイコプロテイン由来の代替肉を開発するMycorenaとは

スウェーデンの代替肉企業Mycorenaは、廃棄される植物をアップサイクルして、…

微生物発酵で赤色着色料を開発するChromologicsが約8億円を調達

微生物発酵により着色料を開発するChromologicsが、シードラウンドを60…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/23 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/22 21:46時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/23 01:24時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/23 18:21時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/23 11:04時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/23 21:18時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP