Foovo Deep

リング型カクテルメーカーBarsys 360|自宅のミクソロジーを新たな高みに

 

家庭用カクテルメーカーを開発する米スタートアップ企業Barsysがユニークな新しい製品を発表した

最新製品「Barsys 360」は、リング状で一目見ただけでは何の製品かわからない。実はこれ、リングの中にグラスを置くと、リングの頭上から材料が注がれ、カクテルになるというもの。

多くの家庭用カクテルメーカーを見てきた著名な米フードテックメディアThe Spoonの創始者Michael Wolf氏は「Barsys 360」について、「これまで見てきた家庭用カクテルメーカーとは大きく異なる」と述べている

出典:Barsys

Barsys 360」は、完璧さへの絶え間ない探求、つまり、自宅のミクソロジーを新たな高みに引き上げるというビジョンから生まれた。ミクソロジーとは、リキュールやフレーバーシロップを使うのではなく、果物、野菜など自然素材とアルコールを組み合わせて、素材の美味しさを楽しむ新しいカクテルスタイルをいう

Barsys 360」開発の旅は、ミクソロジーの芸術と演劇を、1台の畏敬の念を抱かせるマシンにもたらすという決意に突き動かされた、エンジニア、デザイナーから構成されるチームにより始まった

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Barsys

 

関連記事

  1. 古細菌の力で二酸化炭素をタンパク質に変換|オーストリア企業Ark…
  2. 微生物発酵で赤色着色料を開発するChromologicsが約8億…
  3. 培養うなぎセミナー動画(北里大学・池田大介先生)|2023年9月…
  4. アイスランドORF Geneticsが大麦由来の低コスト成長因子…
  5. 材料毎に投入タイミングを制御するスマート調理ロボットOliver…
  6. 牛を使わずに乳製品を開発するDe Novo Dairy|南アフリ…
  7. 豆を使わずに細胞培養コーヒーを開発するフランス企業STEM
  8. 多才な料理ロボットのカナダYPCテクノロジーズが約1億4千万円を…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

代替肉の「テスラ」を目指す上海の代替肉企業YouKuaiが約7.9億円を調達

「10年前にテスラが登場したとき、テスラは車を持つ人すべてをターゲットにはしていませ…

GOOD MeatとADMが戦略的パートナーシップを締結、培養肉生産を加速

世界で最初に培養肉販売を実現したイート・ジャスト傘下のGOOD Meatは17日…

食料品配達のパーソナライズ化を実現するHungryrootが約44億円を調達|AIで買い物を予測

AIを活用してパーソナライズ化された食料品デリバリーを提供するHungryroo…

細胞培養ソーセージを開発するNew Age Meatsが約28億円を調達、実証プラント建設へ

培養ソーセージを開発するNew Age Meatsが9月にシリーズAで2500万…

ドイツのBluu Seafoodが欧州で初めて培養魚製品を発表、2023年にアジア上市を目指す

ドイツの培養魚企業Bluu Seafood(旧称Bluu Biosciences…

二酸化炭素を使用して代替脂肪を開発するスウェーデンのGreen-On|食料生産から農業と耕作地を取り除くPower-to-food技術

今年1月に発表された「Fat Revolution is coming(脂肪革命…

Foovoの記事作成方針に関しまして

培養魚企業レポート・予約注文開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(02/20 11:39時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(02/20 20:45時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(02/21 00:11時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(02/20 17:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(02/21 10:22時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(02/20 20:17時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP