代替プロテイン

動物を使わないチーズを作るChange Foodsが約9100万円を資金調達、生乳市場の破壊へ乗り出す

 

このニュースのポイント 

●Change Foodsがプレシードで約9100万円を調達

●同社は微生物発酵技術でアニマルフリーなチーズを作る代替タンパク質企業

●2023年までにBtoBで市場投入へ

●投資動向が示す微生物発酵市場の高まり

 

 

代替タンパク質のスタートアップChange Foodsがプレシードラウンドで87万5千ドル(約9100万円)の資金調達に成功した。今回のラウンドは申し込みが超過し、当初の目標60万ドルを大幅に上回る規模となった。

Change Foodsは今回調達した資金を、発酵技術のスケールアップ、中核チームの拡充、第1のチーズ試作品開発にあてるとしている。

Change Foodsは2019年にDavid Buccaが設立したスタートアップ。米国とオーストラリアを拠点とする。

出典:Change Foods

同社が作るチーズは、動物を一切使わないのが特徴だ。

微生物を使うprecision fermentation(精密発酵、プレシジョン発酵とも訳せるが、本記事では精密発酵とする)という技法によって、動物はもちろんのこと、抗生物質やホルモン剤を使わずに本物そっくりのチーズを作り出している。

精密発酵を活用すると、微生物を「工場」として、実質的にあらゆる成分を量産できる

つまり、あらゆる分子を生成するよう微生物をプログラム化し、望みのタンパク質を生成させる。発酵技術はもともとあったものだが、遺伝子組み替え技術によって、望みのタンパク質を自由に生成できるようになった。

歴史をさかのぼると、1978年に米ジェネンテック社は大腸菌に外来遺伝子を人工的に導入し、大腸菌からヒト型インスリンを生産させることに成功している。これが精密発酵の最初のブレイクスルーと言われている。

コスト・環境負荷・水使用の劇的な改善につながる発酵技術

Change Foodsによると、精密発酵技術を活用することで、牛から最終製品を作るよりも10倍効率が良くなる。使う飼料、土地、水も大幅に減らせる

水の消費量を98%節減、二酸化炭素排出量は84%削減できるほか、牛から牛乳を生産するのに2、3年かかるのに比べて、わずか数週間で生産できる「時短」というメリットもある。

出典:Change Foods

このように「アニマルフリー」で「時短」による生産を可能とする精密発酵は近年、注目を集めており、代替タンパク質分野において植物肉、培養肉に次ぐ「第3の波」と言われている。

独立系シンクタンクのRethinkXの報告書によると、2035年までに精密発酵は100万もの仕事を創出すると言われている。

実際に、下記グラフが示すように、発酵技術の投資動向は2019年に引き続き、2020年も急激な高まりを見せている。

精密発酵にかかるコストの急激な減少も、この技術の普及を後押ししている。

出典:RethinkX

2000年に1㎏あたり100万ドルかかっていたコストは、現在では1kgあたり100ドルにまで下がっている。20年で1/10000になっている。

GFIも、発酵によるタンパク質の生産コストは、動物性タンパク質と同等あるいは低コストになるだろうと予測している。

コスト、時間、土地、環境への負荷のほかに、もう1つこれまでの乳製品にない利点がある。コールドチェーンのインフラ整備を必要としないことだ。これにより、効率よく遠隔地への移送が可能となる。

動物愛護、気候変動への負荷、水と土地の使用のいずれにおいても、従来の畜産にはないメリットを有する精密発酵について、Buccaは「節減効果は劇的だ」と言う。

2023年までの商用化が目標

Change Foodsは最初の商品として、動物を使わない本物そっくりなチーズを開発している。

現在取り組んでいるのはモッツアレラチェダーチーズだ。今後は、調達した資金を活用して発酵技術のスケールアップ、中核チームの拡充、チーズ試作品の開発を予定している。

2023年までにBtoBで市販化を目指しており、長期的には、ほかの乳製品をターゲットにし、乳製品産業を破壊していく考えだ。

実のところ、生乳産業を完全に破壊するには、牛乳瓶のわずか3.3%に相当するタンパク質を置き換えるだけでよいと言われている。

出典:RethinkX

Change Foodsのように精密発酵を活用する企業はほかにもある。

Perfect Day(パーフェクトデー)は微生物を利用して牛乳と同じ成分となるタンパク質を作っている。同社の微生物由来の乳タンパク質を使ったアイスクリームは100%ヴィーガンなアイスクリームとして有名だ。

New CultureもChange Foodsと同じように牛を使わないチーズの開発に取り組んでいる。

Change Foodsは今年5月に12万5千ドルを調達しており、投資家の中には、Khailee Ng、Elisa Khong、Michal Klar、Simon Newsteadらがいる。

同社は2021年のシードラウンドで400万ドルの調達を目指している

今回のプレシードラウンドには、Twitterアジア太平洋代表のMaya Hari、abillionvegCEOのVikas Gargなどが参加した。同社はGoogle関係者(非公開)からの支援についても明かしている。

 

参考記事

Change Foods Closes Oversubscribed US$875K Pre-Seed Round For Animal-Free Cheese Made By Precision Fermentation

Rethinking Food and Agriculture 2020-2030

GFI:Fermentation: An Introduction to a Pillar of the Alternative Protein Industry

アイキャッチ画像の出典:Change Foods

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 二酸化炭素からタンパク質を作るDeepBranchが約2億900…
  2. 菌類から代替肉を作るMeati Foodsが約29億円を資金調達…
  3. 中国発の植物代替肉スタートアップHero Proteinが登場!…
  4. 中国の植物肉ブランドHey Maetが資金調達に成功、中国全土へ…
  5. インポッシブルフーズが開発中の代替ミルク・Impossible …
  6. 細胞を培養して人工母乳を開発するTurtleTreeが約6億3千…
  7. 代替エビを開発するNew Wave Foodsが約18億円を調達…
  8. ビル・ゲイツが出資する人工母乳を開発するBiomilq、細胞を培…

おすすめ記事

フードデリバリーの「Google」、デリバリー各社を比較・検索できる統合アプリMealMeとは

フードデリバリーを頼むとき、多くの人がさまざまなプラットフォームを使って、何を注…

アレフファームズがブラジル食肉大手BRFと培養肉の開発・ブラジル導入で提携

イスラエルのアレフファームズとブラジル大手の食肉メーカーBRFは、培養肉の開発と…

エリンギ由来のジャーキーを作るハワイ発のMoku Foods

ハワイを拠点とするスタートアップ企業Moku Foodsは植物性ジャーキーを発売…

Yコンビネーターが支援する米培養肉企業Orbillion Bioは高級肉開発で差別化を図る

培養肉スタートアップ企業Orbillion BioがYコンビネーターのWinte…

未来のバーテンダーはロボット?Rotenderはドリンクを大量に作る自販機ロボットを開発

海外の自動販売機の中には、これまでの決まったものだけ注文する仕組みではなく、ドリ…

Apeel Sciencesが約31億円を資金調達、小規模農家の市場アクセス改善を本格支援

このニュースのポイントApeel Science…

フードテックを理解するのに役立つ書籍

 

 

 

情報を論理的に読み解く方法を学べる書籍

【運営者おすすめ】

 

▼今ならKindle unlimitedで無料で読めます▼

 

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP